【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

XMは詐欺業者という噂や口コミは本当?悪評を徹底検証してみた

「XMは詐欺業者!」っていう口コミもあるけど、本当に安全!?

A子さん


XMは日本で最も人気のある海外FX業者ですが、たまに悪い口コミや噂も流れてきます。

この記事では、

  • 「XMを使ってみたい!と考えている方」
  • 「既にXMを利用しているけど、詐欺業者という噂を聞いて不安に思っている方」

を対象に、ネット上のXMの悪評を一つ一つ検証することで、安全性や信頼性のチェックをしていきます!

XMの危ないという噂を検証

5ch、ヤフー知恵袋、Twitterなどに書かれているXMの悪評や「危ない」という噂を調査しました。
代表的な事例を確認していきます。

事例1:楽天銀行に出金すると口座凍結される!?

184名無しさん@お金いっぱい。2020/03/31(火) 20:46:31.69ID:Nxv48N+70>>185>>186>>187>>189>>194>>201
>>183
「XM 楽天銀行」でググると「凍結」という文字が出てきたので調べた。
XMの出金先が楽天銀行だと、送金後に楽天銀行口座が凍結される危険があるとか。
しかも凍結解除不可能・お金も返してくれないという極悪仕様らしい。
どうやら海外送金の受取がヤバイらしい。会社の運転資金だと即倒産もあるw

189名無しさん@お金いっぱい。2020/03/31(火) 23:07:15.48ID:xuEjJjbr0
>>184
楽天銀行で出金してるけど何の問題もないぞ
デマだろ
引用元:5ch「XM (XMTrading) Part 92」より

XMの利益を楽天銀行に出金したら、口座凍結された!という報告がありました。

口座凍結されると、折角XMで出した利益が手に入らなくなる恐れもあり、心配になりますよね。

楽天銀行の規約から事実を確認してみます。

サービス名:海外送金・外貨送金受取(個人)
海外の金融機関からの送金(国内の金融機関からの外貨での送金を含みます)を受け取り、お客さまの外貨普通預金口座または円普通預金に入金するサービスです。
当行にて送金内容及び受取手続き内容の確認が完了した後、送金された通貨と同一の通貨で外貨普通預金口座へ、または、円貨に交換される場合には円普通預金口座へ入金いたします。なお、事業性資金の受け取りにはご利用いただけません。
引用元:「楽天銀行商品概要説明書」より

ホーム > お知らせ >2014年> お知らせ詳細
【海外送金】無登録の金融商品取引業者等への送金の取扱について
2014年6月13日
無登録の金融商品取引業者等への送金と判断しました場合、資金を返却する、あるいは、没収する場合があります。
引用元:「楽天銀行公式HPお知らせ」より

楽天銀行では、個人口座で海外FX業者との取引を繰り返したり、高額な入出金の取引をすることにより、

ビジネス利用=規約違反とみなされてしまい、利用停止状態にされることがあるようです。

この現象はXMに限った話ではなく、海外送金全般で起こりうることです。

里奈

資金を没収される可能性があるので、出金の際は注意したいですね!

事例2:XMは手数料無料!のはずなのに手数料がとられた…

431名無しさん@お金いっぱい。2020/04/05(日) 18:42:24.82ID:PL/OxIxW0>>433>>434
銀行出金手数料は無料で良いんですよね?上の方で誰かが2,500円取られると言っていたから確認したいんですけど。既出の質問だと思うので再三で申し訳ないです。
引用元:5ch「XM (XMTrading) Part 92」より

XMから出金する場合の手数料は無料ですが、

銀行が海外送金の手続きを行うときにリフティングチャージが徴収されます。

海外銀行送金の出金の流れを見ると仕組みが分かります。

  1. XMが銀行へ出金する
    手数料:出金額2万円以上で無料となっています
  2. 1つ以上の中継銀行を経由
    リフティングチャージ/円為替取引手数料:最低2500円(送金額の0.05%)~
  3. 最後の中継銀行から国内銀行へ出金
    被仕向け送金手数料:無料~約1500円

リフティングチャージ(円為替取引手数料)は、海外送金手数料の一種で、実際の送金作業を行う銀行に対して支払う必要があります。

つまりXMに限らず、日本から円で送金し海外の相手が円のまま受け取る場合(円建て送金)、また外貨で送金し同一外貨のまま受け取る場合(外貨建て送金)に、リフティングチャージが発生します。

リフティングチャージは最低で2,500円、それを超える場合は送金金額の0.05%と定められています。

被仕向け送金手数料は、銀行等の口座で、国内外の銀行等からの外貨建て送金、および海外からの円建て送金を受け取る場合に支払う手数料のことです。

被仕向け送金にかかる手数料は各銀行によって違うので、安い銀行を探してみると良いでしょう。

445名無しさん@お金いっぱい。2020/04/05(日) 20:29:28.06ID:2ZWgAWRb0
ちょっと前までは委託業者は使ってなく、XMから直に指定の銀行に送金されてた

着金すると銀行から電話がかかってきて、なんのお金なのか確認されて、それから口座に入金された
一週間くらい時間が掛かったし、リフティングチャージも5000円くらい取られた

今は委託業者が国内銀行から送金するから、銀行から確認電話ないし、朝5時に出金依頼してお昼くらいには口座に入金されてるので、2500円取られても満足してる。
引用元:5ch「XM (XMTrading) Part 92」より

手数料についてわからず困っている方を散見しますが、以前より改善されている様子です。

調べた限り、現状に満足する声も多いです。

リフティングチャージ、被仕向け送金手数料は海外FXを利用する場合どうしてもかかってしまう手数料なので、こちらは仕方がなさそうです。

手数料を少しでも節約したい方は、ソニー銀行などの「被仕向け送金手数料」が無料~安い銀行口座を利用するのがおすすめです。

事例3:XMは折角利益が出ても出金拒否をする?

751名無しさん@お金いっぱい。2020/04/11(土) 19:16:20.32ID:dUaU43kY0
ぎゃあぎゃあ、昨日出金承認されたんだが、今日も入金なし。なんか出金遅くなったな
引用元:5ch「XM (XMTrading) Part 92」より

時折、「入金したけど、反映されていない」などの入出金に関する心配な口コミを散見します。

ですが、その後に時間をおいて入金の報告があることが多く、大きなトラブルは確認できませんでした。

5chは匿名なので、Twitterなら躊躇して言えない不安・不満も呟かれている傾向がありますが、入出金に関しては問題なく機能しているようです。

XMに出金拒否はありません。
出金できない方は、

ルールを確認出来ていないか、海外送金で銀行口座にトラブルがあるか、海外送金するときの手続きで躓いている場合がほとんどのようです。

XMで出金できず困っている方は、次の記事をチェックしてみてください。
XMで出金拒否が起こる原因と対処法を解説します

事例4:XMは国内金融庁に無登録の業者なので怪しい!

無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。
引用元:金融庁HP「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」より

XMには、日本の金融庁から無登録で営業しているとして警告が出ています。

この背景には、海外FX業者に対し、日本の行政が規制を強めようとしている動きがあります。

たとえ評判の良い海外FX業者であっても、金融庁から警告を受けている状況です。

XMを運営している業者Trading Point (Seychelles) Limited(現Tradexfin Limited)も、平成28年5月に、日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として以下のように警告を受けています。

無登録で金融商品取引業等を行う者について(Trading Point (Seychelles) Limited)
平成28年5月11日

関東財務局

無登録で金融商品取引業等を行う者について、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針II-1-1(7)に基づき、本日、警告を行いましたので、下記のとおり公表いたします。
業者名等 Trading Point (Seychelles) Limited
所在地又は住所 Mont Fleuri, Mahe, Seychelles
内容等 インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの
備考 代表者等の氏名は「不明」。
当該業者が提供するサービスの名称は「XM.COM(XM)」であり、平成24年6月14日付で警告を行った「Trading Point of Financial Instruments Ltd.」が提供していたサービスの名称と同一である。
※上記は、勧誘資料等に基づいて記載しており、「業者名等」「所在地又は住所」は虚偽の可能性があります。
引用元:関東財務局「無登録で金融商品取引業等を行う者について(Trading Point (Seychelles) Limited)」より

ですが、XMが違法な営業を行っているわけではありません。

下記の金融庁の規制に、無登録業者であっても、国内のトレーダーに勧誘行為を行わず、国内のトレーダーが自ら進んで取引するのであれば違法ではないと明記されています。

登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。
引用元:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」より

そしてXMTradingは、公式HPに勧誘活動は行っていない旨を以下のように明示しています。

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。
引用元:「XMTrading公式HP」より

日本の金融庁から認可をもらうには、日本の投資家にとってのXMならびに海外FX業者の魅力である高レバレッジ、ゼロカットは規制対象です。

今のXMのサービスを維持できなくなると顧客離れにつながるので、日本の金融庁の認可をもらうのは難しいでしょう。

日本の金融庁は海外FX業者ではなく管理下にある国内FX業者でトレードすることを推奨しています。

海外FXで海外へお金が流れると、収益は税務署が把握しにくいので、税金の徴収漏れが起こる可能性が高まるなどの理由があります。

現状、日本の金融庁に登録していないだけで、海外の信頼のおける金融ライセンスを取得している業者も「無登録業者」の扱いです。

でも、海外で信頼された金融ライセンスを取得している優良業者は世界に多数顧客を持ち、歴史もあります。

日本の金融庁のライセンスを持っていないというだけで、詐欺業者ではないという点に注意です。

里奈

XMグループは10年以上の運営実績があり、世界で最も厳しい金融審査機関であるFCAのライセンスも取得しています。
国内では無登録業者扱いでも、他国の厳しい金融ライセンスを取得していれば安全性は高いと言えます。

要注意!過去の事例から海外FX業者のトラブルをご紹介

海外FX業者の中には詐欺事例やトラブルも確かにあります。

信頼のおけるFX業者だと思っていたのに…

A子さん


というように、泣き寝入りするハメになったという例もあります。

危険な海外FX業者が起こしたトラブルを2例ご紹介します。

事例1:IronFX(アイアンエフエックス)

IronFXは、海外FXの世界中のクチコミが見られるサイト「Forex Peace Army」で検索をすると

【SCAM】詐欺業者として認定されています。

IronFX は、2013年頃までボーナスなどが魅力で、国内にも多数顧客を持つ人気の海外FX業者でした。

IronFXは2014年1月に日本の金融ライセンスをとって国内FX業者として活動するため、日本人向けサービスからの撤退を発表しました。

その撤退にあたって、

顧客へ事前通告もなしに保有ポジションを勝手に決済、口座の停止をするなどの問題を起こし、多くの人が泣き寝入りすることになりました。

肝心の目的である金融庁からの認可も、その対応の酷さへのクレームの多さゆえ受けられず、日本から一度撤退しています。

現在、IronFXは、再び日本人向けのサービスを再開していますが、実績を考えると信頼性に欠けており、全くおすすめできません。

皆様には注意していただきたいブローカーで、詐欺業者と思われていても仕方がありません。

事例2:FXDD(エフエックスディーディー)

海外FXの世界中のクチコミが見られるサイト「Forex Peace Army」でFXDDを検索をすると、警告が表示されます。

過去にトラブルが多いFX業者には警告表示や、SPAM認定が表示されます。

FXDDは過去に

「ゼロカットシステムを導入していたにも関わらず追証を請求した」というトラブルがありました。

FXDDは、当時、ゼロカットシステムが導入されている海外FX業者として国内でも人気がありました。

しかし、2015年1月15日にスイスフランショック(スイスフランの大暴騰による外国為替市場の混乱)が起こった際、

ゼロカットを謳っていたにもかかわらず、顧客にいきなり追証を請求し、顧客に多額の借金を背負わせてしまったのです。

スイスフランショック時にも、XMやAXIORYなど他業者はしっかりと顧客の損失を補填する対応を行っていました。

ゼロカットシステムを採用していながら、顧客に損失を負わせたFXDDの対応は、信頼性や安全性に問題があると言えますね。

里奈

ちなみに、海外のFX業者なので、実際に資産が差し押さえられるような借金を負わせる対応はありませんでした。しかし、次回入金した際に、追証額を徴収するという対応がとられたため、実際にスイスフランショックで強制ロスカットになったユーザーが二度と利用できない業者になってしまいました。

国内FXは本当に安全なのか?国内FXにまつわる疑念

海外FX業者のトラブルをご紹介しました。

それでは、国内FX業者ではトラブルは起きないのでしょうか?

やはり海外FXより、国内FX業者での取引を選ぶ方が安全なのでしょうか。

こちらも検証していきます。

国内FX業者の疑念1:ストップ狩りの横行

ストップ狩りとは、

ストップ注文を意図的に約定させる(狩る)ことによってFX業者が利益を得る行為のことです。

国内FX業者でストップ狩りが横行し、顧客に損を負わせているのではないかと疑われています。

ストップ注文とは、ストップロス注文・ロスカット注文・損切注文・逆指値注文とも呼ばれています。

里奈

損切注文が一番わかりやすい呼び名だと思います。

例えば、あなたが、100円で1ドルだけ買ったとします。
110円ぐらいまで上がったら売りたい、と考えますね。

しかし、万が一90円まで落ちるようなことがあったら困ります。

そこで、99円まで下がったら損切りしてしまおう、と前もって注文を入れることができます。

これが損切注文=ストップロス注文です。

顧客にしてみると、損をするのがわかっており、できれば約定されて欲しくない不本意な取引になってしまいますね。

ところが、みんなが同じように「損をしないように」と考えると、99円に売り注文が多く入ってきます。

そこでFX業者が、

意図的に99円を振り切るようにレートを動かしたり、スプレッドを急激に拡大させたりする

これがストップ狩りです。

過去にこのような価格の操作があったと言われている例がいくつもありますが、注文方式がブラックボックスであるために証明する術がありません。

里奈

他の業者のチャートと比較すると、明らかに値動きがおかしいという報告はTwitterや5chで絶えません

国内FX業者の疑念2:DD方式=ブラックボックス

国内FXは、海外FXと取引方式が違います。

  • 国内FX業者:DD方式が多い
  • 海外FX業者:NDD方式が多い

DD方式(Dealing Deskの略)は、国内FXの主流の取引方式です。

顧客とインターバンク(金融機関)との間にFX会社がいて、

「投資家(顧客)とFX会社の取引」-「FX会社とインターバンクの取引」

と2段階に分けて取引をする方式です。

対してNDD方式(No dealing deskの略)は、顧客の注文をカバー先となる金融機関に直接流します。

NDD方式の方が、レートの透明性、信憑性が担保されていると言えるでしょう。

国内のDD方式のFX業者は、常に顧客の損をFX業者の利益にしているのではと疑念が持たれています。

その点、NDD方式のFX業者であればレートの透明性、信憑性がありますから安心できますね。

「国内のFX業者=安全」というのは安直な考えと言えます。

XMと海外FXの詐欺業者の違い!XMが安全である証拠

海外FXのトラブル事例を見てきました。

もし自分が被害に遭ったら…。

A子さん


少し怖くなってきますよね。

それでは、XMは大丈夫なのか?

XMと海外FXの詐欺業者との違いを、優良な業者の見分け方に基づいて解説していきます。

詐欺業者を見抜くための重要な視点1:資金管理方式

「万が一のことが起こったとき、顧客資金の補償はあるか?」

FX業者の資金管理方法を調べると見えてきます。

FX業者の資金管理方法は、大きく分けると「信託保全」と「分別管理」の2種類です。

「信託保全」は多くの国内FX会社で採用されている制度のことを言います。

顧客の資金(証拠金)を信託銀行へ預けて、FX会社に破産、倒産などの万が一の事があっても、信託保全された資産の範囲内で、信託管理人を通じて顧客へ返還します。

運営資金と顧客資金を完全に切り離して管理しています。

「分別管理」は、顧客の資金と、証券会社の運営資金を含めた資産を、業者内で分けて管理します。

分別管理の場合、信託保全と異なる点は、業者内で口座を別々に分けているだけという点で、信頼性は業者それぞれの経営状況によります。

XMが安心な理由1:XMの資産管理

XMは本社XM.comと各国の支社によって構成されており、XMグループ全体で分別管理をしています。

XMの資金とは別に、顧客の預託金は分別保管しており、全額保証されています。

XMは「顧客資金が運営資金へ流れることは無い」と約束しています。

詐欺業者を見抜くための重要な視点2:金融ライセンスの登録の有無

海外FX業者の安全性を量る上で、金融ライセンス登録の有無を確認することは大切です。

各国の金融監督機関の認可を受けることは、様々な規制があるため難しいものですが、信頼度は上がります。

詐欺業者の場合、安定した営業を見据えていないため、わざわざ労力をかけてライセンスを取得しない可能性が高いです。

どこの国の金融庁にも無登録である業者は、信頼性が低いと言えます。

また、金融ライセンスは「どこの国の金融庁に登録しているか」によって、規制の強さ、厳しさは異なりますので、どこの国のライセンスを持っているかを調べることも重要です。

XMが安心な理由2:XMはセーシェルの金融ライセンス

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。
引用元:「XMTrading公式HP」より

XMTradingは日本の金融庁には登録していませんが、XMTradingを運営しているTradexfin Limitedは、上記の通りセーシェル金融庁に登録されています。

また、グループ会社であるXM.comは難関ライセンスとして知られるイギリスの金融監督庁のライセンス(FCA)、キプロスライセンス(CySEC)などを取得しています。

これらの難関ライセンスは、資本金、資産管理状況からサポート体制などあらゆる項目を徹底的にチェックされるため、なかなか認可が下りないといわれています。

里奈

特にFCAは世界最難関の金融ライセンスで、ライセンス更新のため、運営状況に毎年厳しいチェックが入ります。

また、XMのグループ会社は、オーストラリア、ドバイなど世界の名だたる金融監督機関)でライセンス登録をしています。

ライセンスの面から見ても、XMは信頼できると言えます。

XMグループの会社 取得ライセンス
Financial Instruments LimitedのTrading Point キプロス証券取引委員会
XM Global Limited 国際金融サービス委員会(IFSC)
Financial Instruments UK Limited Financial Conduct Authority(FRN:705428)
Financial Instruments Pty Ltd オーストラリア証券投資委員会(AFSL 443670)
Trading Point MENA Limited ドバイ金融サービス庁(DFSA)

詐欺業者を見抜くための重要な視点3:注文方式(DD方式とNDD方式)

3つ目の視点は注文方式です。

国内FX業者への疑惑として、DD方式はブラックボックスなのでレートの操作が疑われています。

NDD方式は顧客の注文をカバー先となる金融機関に直接流すので、レートの透明性、信憑性が担保されています。

XMが安心な理由3:XMの注文方式はNDD方式

XMの注文方式はNDD方式です。

すべての注文がインターバンク市場にながれるため、公平に取引できるため安心できます。

詐欺業者を見抜くための重要な視点4:営業年数・過去の実績

詐欺業者は、顧客が定着しませんので、長く営業していくことは難しくなります。

営業年数と過去の実績も優良業者を見分ける判断基準だと言えます。

営業年数が長い方が、その分信頼を培っているので安心できますね。

XMが安心な理由5:営業年数・過去の実績

XMは、Trading Pointが始めたFXブランドです。

Trading Pointは2009年に創業されていますから、歴史がありますね。

ちなみに現在は「Trading Point」から「TradeXfin Limited」に名前が変わっています。

2017年から現在のXMTradingと名前が変わっています。

その2017年、XMTradingは、2017年のベストFXサービス提供者としてCity of London Wealth Management Awardsより表彰されています。

XMTrading> 企業ニュース> XMTradingが「2017年のベストFXサービス提供者」を受賞しました

XMTradingが「2017年のベストFXサービス提供者」を受賞しました
投稿日: 2017年4月5日午前8時36分
引用元:XM公式HP「XMTradingが「2017年のベストFXサービス提供者」を受賞しました」より

City of London Wealth Management Awardsは、金融サービス部門において高品質のサービスを提供する会社および個人を表彰、奨励することを目的としており、XMは高品質だと認められている証と言えますね。

また、XMは、過去の実績として適切にゼロカットを実施していることも評価されています。

スイスフランショック時、他業者が追証を請求しトラブルになったときも、XMはすぐにトレーダーにゼロカット実施の告知を出し、顧客を守っています。

XMは、営業年数や過去の実績を考えても、信頼できる業者であるとおすすめできます。

詐欺業者を見抜くための重要な視点5:クチコミ

5ch、ヤフー知恵袋、Twitterのキーワードに、気になるFX業者の名前を入れて確認してみるのも手です。

悪評があれば、すぐにわかります。

特に、匿名掲示板である5chには些細な不安も安心して呟けるようなので、そういったマイナスな声も拾いやすそう。

また、Forex Peace Armyという世界の投資家のクチコミを見られるサイトがあります。

ブラウザで翻訳すれば簡単に見られますので、利用してみるのもおすすめです。

XMが安心な理由5:クチコミサイトに多くの支持者がいる

上記に挙げた5ch、ヤフー知恵袋、Twitter、Forex Peace Armyで検索したところ、XMに関して詐欺を働いたという情報はありませんでした。

それどころか、ゼロカットシステムに対する信頼も厚く人気があります。

「xm fxは絶対追証はないですか?
例えば5万入れて寝ている間にマイナス10万になっても払わなくていいのですか?」

「口座がマイナスになったら,ほうっておけば,次営業日にはリセットされて残高ゼロになってます。資金を追加する必要性は発生しません。
口座残高がマイナスでも,ボーナス(クレジット)が残っている場合は,マイナスのままでも,新たに発注などができます。(ボーナス分は有効証拠金に組み入れられるので)」
引用元:yahoo知恵袋「xm fxは絶対追証はないですか?」より

このようにユーザーが多いゆえに掲示板で相談をすれば、誰かが親切に答えてくれている印象です。

XMは、クチコミを見ても安心できると言えます。

最後に

XMは詐欺業者とどう違うのか、検証してみました。

XMは世界中に展開していて、各国の名だたる金融ライセンスも所有しています。

一部悪い口コミは存在しますが、海外FX業者の中では抜群に信用のある優良な業者だと再確認できました。