BigBossで過去最大のボーナスキャンペーン、開催中です。 >>

XMは許容スリッページ幅の設定ができない!驚愕の真実とは…

XMで取引するとき、スリッページが心配だけど、あらかじめ許容範囲を設定することはできる?

A子さん

結論から言うと、XM(エックスエム)では、

取引時にスリッページの許容範囲を設定することはできません

他のサイトでは、XMのMT4の「ツール」→「オプション」→「取引」→「価格誤差のデフォルト」から、
「許容スリッページ幅を設定することができる!」と解説している記事もあります。

しかし、この情報は誤りです。

その理由について、この記事で詳しく解説していきます!

FX基礎知識:そもそもスリッページとは?

注文した価格と約定した価格が違う!

A子さん

FXで取引をしていて、「注文した時の価格と約定したときの価格が微妙に違う!」という経験はありませんか?

FXにおけるスリッページとは、

注文時のレートと約定時のレートの価格差のことを表します。

里奈

スリッページ(Slippage)は英語で「滑ること」を意味しています!
取引ソフト上から、スリッページの許容範囲をあらかじめ設定することができる業者も存在します。

例えば、YJFX!の取引画面だと、以下の画像のように「スリッページ」の設定ができます。


スリッページを「1.0」に設定すると、1pips以上注文時の価格とずれるようであれば、自動的に約定が拒否されます。

里奈

相場が荒れているときは、数pipsずれた状態で約定してしまうこともあるので、スリッページの許容範囲をあらかじめ設定できると安心ですよね!

XMは許容スリッページ幅を設定できない

XMのMT4/MT5上では、

残念ながら「スリッページの許容範囲」をあらかじめ設定することはできません。

他の情報サイトでは、MetaTraderの

「ツール」→「オプション」→「取引」→「価格誤差のデフォルト」から

「許容スリッページ幅を設定できます!」と解説している場合もあります。

しかし、この情報は間違いです。

実際にXMサポートに問い合わせてみました。


XMのMT4/MT5では、オプションからデフォルトのスリッページを設定したとしても、

実際の取引には反映されない仕様になっています。

じゃあ、MetaTraderのスリッページ設定はなぜ存在するの?

A子さん

と思う方が多いと思います。

この理由はFX業者によって、「許容スリッページ幅を設定オプション」を設置している場合としていない場合があるためです。

FX業者によってはMetaTraderの「スリッページ」のオプションが無効の場合がある

同じMetaTraderを採用している業者でも、取引時のスリッページ幅の設定オプションを「有効にしている業者」と「無効にしている業者」があります。

これは、MetaTraderのオーダー発注画面を見ると一発でわかります。

MetaTraderで許容スリッページ幅を設定できる場合

注文画面に、

「提示価格との価格誤差を有効にする」

と表示されている場合は、トレーダーが事前に許容スリッページ幅を設定することができます。

里奈

この場合は「ツール」→「オプション」→「取引」→「価格誤差のデフォルト」から許容スリッページのデフォルト値を設定しておくことで、オーダー発注画面を開くたびにデフォルト値が自動で入力されます。

MetaTraderで許容スリッページ幅を設定できない場合

注文画面に、

「成行注文は、市場状況によって約定価格が決まりますので、必ずしも提示価格で約定するとは限りません。」

と表示されている場合は、トレーダーが事前に許容スリッページ幅を設定することはできません。

「ツール」から設定できるのは「スリッページのデフォルト値」

MT4/MT5の「ツール」→「オプション」→「取引」→「価格誤差のデフォルト」から設定できるのは、

注文画面にデフォルトで入力されるスリッページの値です。


もともとMT4の注文画面に「スリッページ幅の入力オプション」が設置されていないFX業者の場合は、

「ツール」→「オプション」→「取引」→「価格誤差のデフォルト」からスリッページの値を設定していても無意味です。

「約定率ほぼ100%」には罠がある

海外FX業者では「スプレッド」と「約定力」が大切というのは事実ですが、

いくらスプレッドが狭くて、約定率が100%に近くても、

注文価格と約定価格がずれる「スリッページ」が広ければ意味がありません。

XMは「安全性」「人気」の面で優れているのは間違いないですが、

「低スプレッド」×「約定率ほぼ100%」を鵜のみにしてしまうのは危険です。

例えば、

  • 約定率99%
  • ドル円平均スプレッドが0.1pips

という、一見取引環境がよさそうな業者が存在したとします。

しかし、実際に取引をしたとき、毎回スリッページが1.0pips発生してしまう業者では、

実質スプレッドは1.1pipsになります。

里奈

これでも表向きは「約定率99%」「スプレッドは0.1pips」になります!
これは極端な例ですが、約定率とスプレッドだけでFX業者を選ぶのがいかに危険かがわかりますよね!

海外FXで許容スリッページ幅を設定して取引できる業者は?

取引時のスリッページが気になるな…

A子さん

と感じる人は、許容スリッページ幅がしっかり設定できるFX業者を使いましょう。

海外FXで主流の取引プラットフォームは2種類あります。

  • MetaTrader(MT4/MT5)
  • cTrader

このうち、cTraderが利用可能な口座であれば、

取引時にスリッページの許容範囲をあらかじめ設定することができます。

cTraderにはデフォルトで、

「トレーダーがスリッページの許容範囲を設定できるオプション」が設置されています。

里奈

cTraderはFX業者が取引ソフトのシステムに手を加えることができないので、
間違いなく許容スリッページ幅の設定が機能します!
逆にMetaTraderは、FX業者が取引ソフトの内部をいじれるので、
FX業者に有利な取引システムにカスタマイズできてしまうという問題点があります。
これは、MetaTraderが採用されているのに詐欺業者だった!という場合が存在する一因でもあります。
cTraderを採用している業者は、以下の通りです。
このうち、AXIORYはなんと、

スリッページ発生率のデータをトレーダーに公開しています。


里奈

ここまで情報公開に積極的なFX業者は珍しいです!
Tradeview、FXProも老舗の安全なFXブローカーなので、当サイトでは自信をもって紹介しています。

≫「AXIORY」の公式サイトへ

≫「Tradeview」の公式サイトへ

≫「FXPro」の公式サイトへ

それぞれの業者の特徴は、以下の記事でまとめています。 AXIORYの評判はどう?良い点・悪い点を徹底検証 Tradeviewの評判|FX上級者がメイン口座に選ぶ理由 FxProの評判はどう?良い点・悪い点を詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です