【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

XMは両建てOK!有効なテクニック&禁止事項を解説

XMで両建てはしても大丈夫?

A子さん


XMでの両建てについて疑問を持っている人向けの記事です。

結論から言うと、
XMで両建ては許可されています。

しかし、中には禁止されている両建てのやり方もあるので注意が必要です。

里奈

違反行為を行うと、口座凍結になってしまうこともあります

この記事では、XMの両建てのやり方から有効的なテクニック禁止行為まで詳しく解説していきます。

この記事を書いている私は、5年以上XMをメインで使っているヘビーユーザーです。
安定志向ゆえかもしれませんが、直近3年はXMで年間プラス収支を実現しています。

そもそも両建てってなに?

FXではよく「両建てをする」という言葉が使われます。

両建てとは、
同じ通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に持っている状態を表しています。

真逆のポジションを持つので、例えば同じロット数の両建てポジションを持った場合は損益が固定されます。
損益が固定されれば、為替変動の影響を受けなくなり、実質ポジションを持っていない状態と同じになります。

一見意味のないことのように思えますが、
使い方によってはトレードを有利に進めることができます。

一方で、両建てはプロのトレーダーでも肯定派と否定派に分かれるくらい使いどころの難しいテクニックです。

あくまでも両建ては、

安定的に利益を出している上級者トレーダーが、取引の効率を上げるために取り入れるべきトレードテクニックです。

自身の取引ルールを確立していないトレーダーが場当たり的に両建てを行っても、かえって損失を拡大させてしまうことが多いです。

XMで両建てをする方法

XMでは両建てに特別な手続きは必要ありません。

1つの口座で「買いポジション」と「売りポジション」を同時に持つことが可能なので、
両建てしたいタイミングで現在所持しているものとは反対方向のポジションを持つことで両建てが完成します。

里奈

FX業者によっては、両建てをしようとすると反対方向のポジションが決済されてしまう仕様の場合があります。

XMでは「許可されている両建て」と「禁止されている両建て」がある

前提として、両建て行為はXMで許可されています。

「XM会員ページ」「よくある質問」の中に両建てに関する記載があります。

両建て取引を認めていますか?

はい、認めています。1つの取引口座でポジションを両建ていただけます。両建ては、同じ銘柄で「買い」と「売り」両方のポジションを同時に開いた場合に 成立します。「買い」と「売り」のポジションを同じ銘柄かつ同じロットサイズで保有する場合の、必要証拠金は0となります。

ただし、CFD商品で同じ銘柄かつ同じロット数で「買い」と「売り」のポジションを開く場合、 証拠金は一度のみ必要となり、その金額は こちらにてご確認いただけます。

CFD商品を両建てする場合の証拠金は常に 50%です。<XM公式サイトより引用>

ただ、上の文章中にもあるようにXMで許可されている両建ては、

同一口座内での両建てのみです。

XMで開設した別の口座との両建てや、他のFX業者で作った口座との間の両建ては許可されていません。

利用規約に違反してしまうと、レバレッジを強制的に引き下げられたり、口座凍結のペナルティが課せられてしまう場合があります。

XMで禁止されている両建てのパターンを詳しく見ていきましょう。

XMの複数口座間で両建てをする

XMで開設した別の口座との間で両建てを行うことは禁止されています。

XMでは最大8つの口座を同時に持つことができます。

例えば、「XM口座A」「XM口座B」「XM口座C」の3種類の口座を開設した場合、
「XM口座A」の中で両建てを行うことは何の問題もありません。

しかし「XM口座A」と「XM口座B」の間で両建てを行うなどの行為は利用規約で禁止されています。

里奈

口座タイプを問わず、一つの通貨ペアの逆方向のポジションは別口座で持ってはいけないということです!

  • スタンダード口座AでUSDJPY買い―スタンダード口座BでUSDJPY売り
  • スタンダード口座でEURJPY売り―Zero口座でEURJPY買い
  • マイクロ口座でEURUSD買い―Zero口座でEURUSD売り


以上のようなパターンはすべてNGです。

EAで無意識に両建てしてしまうケースに注意!

XMではすべての口座タイプでEAの利用が許可されているので、
裁量トレード用口座と、EAによる自動売買用口座を作成して使い分けるトレーダーは多いかと思います。

しかし、裁量用口座でドル円のロング、自動売買用の口座でドル円のショートを持ってしまうだけでも、
「複数口座間での両建て」に該当するのでペナルティの対象になります。

裁量トレード用口座と自動売買口座を並行利用する場合は、EAの売買する通貨ペアやロジックを理解して、
別の口座のポジションと両建ての関係にならないように気を付けて運用しましょう。

他のFX業者の口座間で両建てをする

XMの口座と、他のFX業者の口座間で両建てをすることも禁止されています。

これはスワップアービトラージといって、各業者の通貨ペアの金利差を狙う手法で行われることが多いです。

全く別の業者なのにどうして両建てがバレちゃうの?

A子さん


と思う方が多いと思います。海外FX業者の多くはMetaTraderを取引ツールとして採用している業者が多いため、
別の業者を使っていたとしても両建てがバレてしまうことがあるようです。

  • 同じブリッジプロバイダを経由する注文はFX業者がIPアドレスから利用者を照合ができてしまう
  • MetaTrader上で異業者間の両建てを認識する機能があり、各業者に通達される

などなど、非公開情報なのでバレてしまう原因には諸説ありますが、発覚した場合は両方の業者から口座凍結や出金拒否など重いペナルティが課せられる危険性があります。

里奈

実際に出金拒否などのペナルティを受けている人もいるので、しないに越したことはありません!

家族や友人の口座との間で両建てをする

家族や友人の口座と自分の口座の間で両建てをすることも禁止されています。
家族や友人と協力して両建てを行うことは一見バレなそうですが、これも発覚するパターンが多いようです。

家族の場合は、「同一IPからのトレード」という理由で発覚してしまうケースが多いです。

友人と協力する場合も、同じタイミングで反対売買を繰り返すアカウント同士はXMによって監視されているようです。

同一の通貨を軸とした通貨ペアの両建て

同一の通貨を軸に持つ通貨ペアの両建ても禁止されています。

里奈

「XMの口座Aで豪ドル円を買い」「XMの口座BでNZドル円を売る」などが該当します

これはアービトラージ(裁定取引)の一種で、「サヤどり」や「ペアトレード」とも呼ばれる手法です。

値動きの相関性が高い通貨を両建てをすることで、価格差の伸縮を利益に変える手法ですが、
XMではアービトラージ行為が全面的に禁止されています。

窓埋めトレードでの両建て

両建てに限らず、XMでは月曜朝の窓開けを狙った「窓埋めトレード」が禁止されています。

窓埋めを利用したトレードそのものがXMでは正当な行為とみなされないため、
両建てを使っても使わなくてもペナルティの対象になります。

XMP目的の両建て

XMにはロイヤルティ・プログラムという制度があり、取引をするたびにポイントがたまります。

しかし、
XMPを稼ぐことを目的とした両建ては禁止されています。

XMでは10分以上ポジションを保持した場合、売買の方向は関係なくロット数に応じてXMPがもらえます。

大きなロットの両建てを頻繁に繰り返すことで、為替変動のリスクを抑えながらXMPがためられてしまうのですが、
禁止行為なので十分に注意しましょう。

里奈

スプレッドによる損失も大きくなるので、あまり意味のある行為とは思えません。

XMの別口座や他の業者の口座間で両建てをするのはなぜダメなの?

一つの口座の中で行う両建ては許されているのに、別のXMの口座や他業者の口座との間で両建てを行うのはどうして禁止されているんだろう…

A子さん


と思う方が多いと思います。

理由は、

「ゼロカットの盲点を突いた取引が可能になってしまうから」です。

XMでは口座残高がマイナスになると、口座ごとにゼロカットが発動します。

もし口座をまたいだ両建てが可能になってしまうと、相場が大きく変動する経済指標発表時を狙って両建てポジションを持ち、
わざと片方の口座をゼロカットさせてリスクヘッジをする手法が許されてしまいます。

ゼロカットの悪用を防ぐために、一つの口座内での両建て以外は許可されていないのです。

ゼロカットを悪用した取引の例を見てみよう

ゼロカットの盲点を突いた取引の具体例を見ていきましょう。

海外FXを利用しているAさんは、今日の21時30分にアメリカの雇用統計が発表されることを知りました。

Aさん

雇用統計があるから相場が大きく動くかも…!

そして最近海外FXのゼロカットシステムについて知ったAさんは、ある取引方法を思いつきました。

Aさん

雇用統計が発表される直前に、別々のFX業者で維持率ギリギリの両建てをしてみよう!


図のように21時25分ごろに、XMのスタンダード口座Aとスタンダード口座Bで、それぞれドル円のロングショートのポジションを同じ量持つことにしました。

この時、
どちらの口座も10pipsでロスカットになるように調整したポジション数を持ちました。

そして雇用統計の結果、相場は50pips下落しました。

  • ロングポジションを持っていたスタンダード口座Aは10pips下落したところでロスカット
  • ショートポジションを持っていたスタンダード口座Bは50pips下落したところで利益確定

なんとAさんは、10pips分の損だけで大勝ちをしてしまいました。


Aさん

この方法だったら、相場が雇用統計で上がっても下がっても儲かる!!

しかし、両建てをしていたなら本来スタンダード口座Aで発生する損失は-50pipsで、スタンダード口座Bで持っていたショートポジションの+50pipsと相殺されて損益は0になるはずです。

Aさんが失ったのは10pipsだけなので、ゼロカットにより損失補填される残りの40pips分はすべてXMの損失になってしまいます。

この手法が許されてしまうと、あっという間にFX業者が倒産してしまうので、ほぼすべての海外FX業者で口座をまたいだ両建ては禁止されているのです。

里奈

ゼロカットの悪用が発覚すると、業者が負担した損益が残高から引かれるケースもあります


XM基礎知識:ゼロカットってなに?
XMをはじめとする多くの海外FX業者は「ゼロカットシステム」という制度を採用しています。
ゼロカットシステムとは、入金額以上の損失をFX業者が肩代わりしてくれるシステムです。為替相場が急変動した場合、ロスカットが追い付かず、口座残高がマイナスになってしまうことがあります。
こうした時、ゼロカットシステムが採用されている業者であればマイナス分が自動的にリセットされて0に戻ります。一方で国内FX業者はゼロカットシステムの導入が法律で禁止されているので、口座がマイナスになった場合はFX業者への損失補填義務が生じます。簡単に言うと、
「ゼロカットシステムがあれば借金を負うリスクが0になる」ということです。

XMの両建ての特徴

XMで両建てをする場合、他社とは違う以下の特徴があります。

XMでは両建てをすると必要証拠金が0円になる

XMでは同一通貨ペアで「買いポジション」と「売りポジション」を持った場合、
重複しているロット分の必要証拠金は0円になります。

例えば、スタンダード口座でドル円を1ロット持つとすると、11,260円(※)の証拠金が必要になります。

しかし、1ロットのドル円ロング・ドル円ショートを同時に持っている間は、必要証拠金が0円になります。
(※1ドル100円の場合の計算結果です)

また、ドル円ロングを2lot、ドル円ショートを1lot持っている場合は、重複している1lot分の必要証拠金が0円になるので、
重複していないドル円ロング1lot分、つまり11,260円が必要証拠金になります。

両建て中に片方のポジションを決済するときは証拠金維持率に注意しよう

同じ通貨ペアを両建てしている間は、重複するロット分の必要証拠金が0になるので証拠金維持率が高い状態になっています。
この状態で片方のポジションを決済した場合、必要なかったもう片方のポジションの証拠金までかかってくるので注意が必要です。

維持率ギリギリの両建てポジションを決済する場合は、片側を決済したタイミングでロスカットになることも考えられるので、
下で紹介する「両建て解除」という方法を使うようにしましょう。

CFD商品の両建てはそれぞれ50%ずつ証拠金が必要になる

FX商品と異なり、CFD商品の両建てを行う場合は、
買いポジションと売りポジションそれぞれに50%ずつの証拠金が必要になります。

「両建て解除」を使うと決済時に片道分のスプレッドが浮く

MT4では「両建て解除」という標準機能があります。

この機能は、両建てのポジションを一括で決済する機能です。

XMで両建て解除を行うと、
決済時に片道分のスプレッドしか必要になりません。

一つずつポジションを注文して両建てを行うと、
「新規注文時(買い)」「新規注文時(売り)」「決済注文時(買い)」「決済注文時(売り)」
合計4回のスプレッドが掛かります。

しかし「両建て解除」を利用すると
「新規注文時(買い)」「新規注文時(売り)」「決済注文時(両建て解除)」
3回分のスプレッドで済みます。

「両建て解除」のやり方

スマホ版MT4
STEP.1
ポジションを選択

スマホのMT4アプリでトレード画面を開き、両建てをしているどちらかのポジションを長押しタップします。

STEP.2
「両建て解除」をタップする


メニューの中から「両建て解除」をタップします。

STEP.3
決済画面で「両建て解除」をタップ


決済画面が開いたら、「両建て解除」をタップすることで決済が実行されます。

MT5では「両建て解除」ができない

残念ながら、「両建て解除」機能は現在MT5では利用できません。

XMで使える両建てテクニック

XMで使うと効果的な両建てテクニックを紹介していきます。

テクニック1:両建てをすることでロスカットを回避する

経済指標の発表時など、相場が大きく動くことが予想される場合に行う両建てテクニックです。

同じ量の買いポジションと売りポジションを持つことで損益が固定されるので、為替変動の影響を受けずに経済指標をやり過ごすことができます。

「順調にトレードできているけど、経済指標でロスカットになるリスクを減らすために両建てにする」

という使い方は非常に有効です。しかし、乱高下を伴うような大きな経済指標の場合、その後のトレンドにも影響を与える場合が多いです。
特別な理由がない限り、指標発表前にポジションを整理しておくのがセオリーです。

テクニック2:中長期トレンドと短期トレンドの両方を狙う

一つの口座で別の時間軸のトレードを行うというテクニックもあります。

例えば、中長期的上昇しているトレンド相場においても、実際は短期トレンドの上昇と下落を繰り返しながらトレンドが形成されます。

このような場面において、中長期トレードの位置付けとしてロングを保有しつつ、戻り売りポイントでショートを行い、短期の下落トレンドを細かく狙っていくことができます。

トレンド相場は全体の2~3割程度と言われているので、
短期間でより多くの利益を狙いたい場合に使えるテクニックです。

里奈

ボラティリティの少ない相場においても、うまく活用できれば多くの利益を取ることが可能になります

しかし、トレンドの転換点や損切ポイントを見極められないトレーダーにとっては、かえって損失を出しかねない高度なテクニックでもあります。

テクニック3:両建てで利益の発生を次年度に持ち越す

トレードテクニックではありませんが、
両建てを活用することで税金の発生時期を次年度に持ち越すことができます。

FXの取引で一定以上の年間利益が発生すると税金を納めなければいけませんが、
確定申告の対象になるのは1月1日から12月31日までに生じた利益に対してです。

例えば、12月31日にすでに年間利益が300万円あり、現在所持しているポジションの含み損が50万円を超えている場合を考えます。

国内FXとは異なり、海外FXでの収益は雑所得に分類されるため、収益額により税率が変動します。

12月31日に利益確定をしてしまうと、年間利益が350万円になりますが、
年間利益額が330万円を超える場合、税率が20%から30%にあがってしまいます。

来年度に今のポジションの利益を持ち越せたら、税率を20%に抑えられるのに…

A子さん


こんな時、両建てが大活躍します。

利益確定をしない「含み益」の状態であれば課税の対象にはならないので、現在持っているポジションと同じ量の反対ポジションを持てば、
含み益を固定したまま来年度にポジションを持ち越すことができます。

1月1日以降の好きなタイミングで両建てを解除すれば、年間利益額を次の年に持ち越すことができるので、節税対策になります。

両建て時のスワップによる損失に注意

両建てをするときは、スワップによる損失にも気を付けなければいけません。

ロングとショートの両方のポジションを持つことになるので、
スワップポイントは合算されます。

XMではプラススワップよりマイナススワップの方が付加される量が多いので、
ロングがプラススワップ、ショートがマイナススワップの両建てをした場合においても、トータルのスワップ収益はすべての通貨ペアでマイナスになります。

里奈

全ての通貨ペアに「プラススワップの量<マイナススワップの量」が成り立ってしまいます。

例えば同一口座内でサヤ取りをしようとすると、長期的なトレードになりがちですが、
長期間両建てをしすぎると、スワップによる損失も膨らんでしまうので注意が必要です。

経済指標発表時の両建てはおすすめしない

経済指標発表前にポジションを持っておき、大幅の為替変動の戻りを利用して両建てで利益を出す方法があります。

しかし、XM公式では指標トレードは禁止されていないものの、ゼロカットのリスクが高いハイレバレッジな指標トレードや、
指標トレードばかりを繰り返す行為はペナルティの対象になります。

また、指標時はスプレッドが大きく広がる可能性があるので、たとえ両建てを活用したトレードであってもおすすめできません。

まとめ

基本的にしっかりとトレード計画が立てられているのであれば、両建てを無理に使う必要は全くありません。

むしろ取引にかかるコストが増加するので、損切りをして一度ポジションを手放してしまうほうがお得になります。

FXで安定して利益を出せていない人は使うべきではなく、あくまでも適切に損切りができるようになるのが先です。

自身のトレードルールを確立して、ルール通りに取引ができるようになるのが第一優先です。

両建てを相場の様子見や損失を一時的に固定するために使うことは、
計画性のない感情的なトレードに繋がってしまいます。

両建てはあくまでもFX上級者がさらなる利益追求のために使うべき手段なので、
FXになれていない人が使うことはおすすめできません。


XMでの口座開設方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。 XMの口座開設の手順をわかりやすく解説【2020年最新版】
XMの口座開設ページへ