BigBossで過去最大のボーナスキャンペーン、開催中です。 >>

XMでレバレッジは888倍を選ぶべき!【そのワケとは?】

XMはレバレッジ888倍が魅力らしいけど、ハイレバレッジって危なくない?

A子さん

などなど、XMのレバレッジについて疑問を持っている人向けの記事です。
この記事を書いている私は、5年以上XMをメインで使っているヘビーユーザーです。
安定志向ゆえかもしれませんが、直近3年はXMで年間プラス収支を実現しています。

目次

XMの口座レバレッジは888倍に設定するのがおすすめ

XMでおすすめのレバレッジ倍率は「888倍」です。

XMでは16段階のレバレッジ倍率から口座レバレッジを選択をすることが可能ですが、
FX初心者であっても888倍を選択するのがおすすめです。

口座レバレッジと実効レバレッジの違い

888倍がおすすめな理由を説明する前に、
口座レバレッジと実効レバレッジの違いを押さえておきましょう。

  • 口座レバレッジ
    口座残高の何倍まで取引で利用可能かを表しています。
    例えば、1万円の口座残高で口座レバレッジが888倍であれば、理論上888万円分のポジションを持つことが可能になります。
  • 実効レバレッジ
    ポジション所持中に、口座残高+評価損益の額に対して何倍の取引をしているかを表しています。

口座レバレッジはあくまで自己資金の何倍まで取引に使用可能とするかの最大値を決めるものです。

一方で実効レバレッジは、ポジションを所持している間に使われる指標で、所持しているポジション数や含み損益によっても変動します。

XMで口座レバレッジを888倍に設定しても、
「最大で口座残高の888倍の額まで、ポジションを持つために使うことができる」
というだけであって、常に888倍のレバレッジで取引するものではありません。

口座レバレッジ888倍が絶対におすすめな理由

口座レバレッジを888倍にしたほうがいい理由は、

レバレッジが高ければ高いほど、ポジションを持つために必要な証拠金が少なくて済むからです。

ポジションを持つために必要な証拠金が少なくなれば、その分だけ有効証拠金に余裕が生まれるので、
結果的にロスカットラインを下げることができます。

試しに国内FXの最大レバレッジ25倍とXMの888倍で、どれだけ有効証拠金に余裕がでるのか検証してみます。

ポジションを持つために必要な証拠金は以下の式で求められます。
[必要証拠金=為替レート×Lot数÷レバレッジ]ドル/円=100円 1ロット=1万通貨 口座残高=10万円
で1ロットのポジションを持った場合

  • 国内FX業者の場合:レバレッジ25倍
    100(円)×10000(通貨)÷25(倍)=40,000円
  • XMの場合:レバレッジ888倍
    100(円)×10000(通貨)÷888(倍)≒1,126円


余剰資金は

  • 国内FX業者:
    100,000-40,000=60,000円
  • XM:レバレッジ888倍
    100,000-1,126=98,874円


98,874-60,000=38,874円

つまり、同じロット数を持つ場合においても38,874円も証拠金に余裕ができます。

また、余剰証拠金が多く確保できることによってロスカットレートも下がります。
ロスカットレートを証拠金維持率100%の場合で計算すると以下のようになります。

  • 国内FX業者の場合:レバレッジ25倍
    100pips逆行したところでロスカット
  • XMの場合:レバレッジ888倍
    488pips逆行したところでロスカット

同じ資金で同じ量のポジションを持つ場合でも、
レバレッジが高ければ高いほど、ロスカットされるまでに大きな含み損に耐えることができます。

ハイレバレッジ=危険は間違い

ハイレバレッジは危険って聞いたことあるけど大丈夫?

A子さん

確かに、レバレッジが高ければ持てるポジション数も増加するので、

「初心者がポジションを持ちすぎてしまい、すぐにロスカットになってしまう」

という場合はあると思います。

ただし、適切な資金管理ができていれば

ポジションを持つために必要な証拠金が少なくて済むので、資金に余裕が生まれ、ロスカットのリスクを低減することができます。

里奈

ハイレバレッジが危険なのではなくて、ハイレバレッジゆえにポジションを持ちすぎてしまうのが危険なんです!

FXで最も重要なのは資金管理

FXで最も重要なのは「徹底した資金管理」です。

資金管理が出来ていないトレーダーは、

「どんなに画期的な手法を使っても」
「どんなに条件の良い業者を使っても」

安定して利益を出すことは絶対にできません。

では、具体的にどのように資金管理を行えばよいのでしょうか。

実はとても簡単な方法で資金管理を実践することができます。

資金管理はたったの2ステップ

資金管理と言っても、複雑なことをする必要はありません。

取引前に2つのステップを踏むだけで大丈夫です。

STEP.1「1取引あたりの許容損失額を決める」

まずは、1取引あたりの許容損失額を決めます。

決め方はとても簡単です。

口座残高の2%が1回の取引で失っていい金額です。

これを投資の世界では2%ルールと呼びます。

2%ルールとは、
「一回の取引の損失は2%以内に収めよう」
という有名な資金管理のルールです。

里奈

2%ルールはプロの投資家であれば当たり前のように守っているトレードの絶対原則です。

例えば、10万円の口座残高で取引をする場合は、

100,000×0.02=2,000円

になります。

STEP2「損切りレートでちょうど許容損失額になるようにロットを調節する」

1取引当たりの許容損失額が決まったら、次に注文するロット数(ポジションサイズ)を決めます。

注文するロット数は、損切りのレートでちょうど許容損失額になるように調整を行います。

ロットの計算方法はいろいろありますが、XMで取引する場合に最も簡単なのは、

XM公式のスマホ用取引アプリを導入することです。

XM公式のスマホ用取引アプリには、指値・逆指値とレートを入力するだけで、自動的に推定利益額・推定損失額が表示される機能がついています。

逆指値(ストップロス)のレートを入力した後、ロット数をだんだん上げていくことで予想損失額も大きくなっていきます。
10万円の口座であれば、損失額が2000円になった時のロット数が適切なポジションサイズと言えます。


XMのレバレッジの注意点

XMでは口座タイプや銘柄によって最大レバレッジが最初から制限されている場合があります。
また、口座残高や取引の状況によってレバレッジが引き下げられるケースもあるので注意が必要です。

口座タイプによって最大レバレッジが異なる

XMには3種類の口座タイプがありますが、
口座タイプによって最大レバレッジが異なります。

  • スタンダード口座→888倍
  • マイクロ口座→888倍
  • Zero口座→500倍

スタンダード口座とマイクロ口座は888倍ですが、Zero(ゼロ)口座は最初から最大レバレッジが500倍に制限されています。

レバレッジが固定されている通貨ペア・銘柄がある

XMでは57種類の通貨ペア、46種類のCFD商品を取引可能です。

しかし、取扱商品によって最初からレバレッジが固定されている通貨ペアや銘柄があります。

口座レバレッジが最初から適用されない商品は以下の通りです。

CFD商品のレバレッジを調べる方法
口座レバレッジの適用されないCFD商品のレバレッジは、各商品ごとに異なります。まずは知りたい商品の必要証拠金率を調べましょう。必要証拠金率は、会員ページの上部から「取引商品」→「商品ジャンル(例:株式指数など)」の取扱商品一覧から確認ができます。
次に、以下の公式を当てはめてレバレッジ倍率を算出します。
<1÷必要証拠金率>
例えば、JP225の場合、必要証拠金率は0.5%となので
1÷0.005(0.5%)=200倍となります。

通貨ペア

通貨ペア 固定レバレッジ
USDTRY(米ドル/トルコリラ) 100倍
EURTRY(ユーロ/トルコリラ) 100倍
EURDKK(ユーロ/デンマーククローネ) 50倍
EURHKD(ユーロ/香港ドル) 50倍
GBPDKK(ポンド/デンマーククローネ) 50倍
USDDKK(米ドル/デンマーククローネ) 50倍
USDHKD(米ドル/香港ドル) 50倍
USDCNH(米ドル/中国人民元) 50倍
EURRUB(ユーロ/ロシアルーブル) 50倍
USDRUB(米ドル/ロシアルーブル) 50倍

※GOLDとSILVERは厳密には通貨ではありませんが、通常の通貨ペアと同様のレバレッジで取引可能です。

コモディティ(商品)

銘柄 固定レバレッジ
COCOA(米国ココア先物) 50倍
COFFE(米国コーヒー先物) 50倍
CORN(米国トウモロコシ先物) 50倍
COTTO(米国綿花2番先物) 50倍
HGCOP(高級銅先物) 50倍
SBEAN(米国大豆先物) 50倍
SUGAR(米国砂糖11番先物) 50倍
WHEAT(米国小麦先物) 50倍

株式指数

現物
銘柄 固定レバレッジ
AUS200Cash 100倍
CHI50Cash 66倍
EU50Cash 100倍
FRA40Cash 100倍
GER30Cash 100倍
GRE20Cash 10倍
HK50Cash 66倍
IT40Cash 100倍
JP225Cash 200倍
NETH25Cash 100倍
POL20Cash 50倍
SINGCash 66倍
SPAIN35Cash 100倍
SWI20Cash 100倍
UK100Cash 100倍
US100Cash 100倍
US30Cash 100倍
US500Cash 100倍
先物
銘柄 固定レバレッジ
CHI50 66倍
EU50 100倍
FRA40 100倍
GER30 100倍
JP225 200倍
SING 66倍
SWI20 100倍
UK100 100倍
US100 100倍
US30 100倍
US500 100倍
USDX 100倍

貴金属

銘柄 固定レバレッジ
PALL(パラジウム) 22.2倍
PLAT(プラチナ) 22.2倍

エネルギー

銘柄 固定レバレッジ
BRENT(ブレント原油先物) 66.6倍
OIL(WTI原油先物) 66.6倍
OILMn(WTI原油先物Mini) 66.6倍
GSOIL(ロンドン軽油先物) 33.3倍
NGAS(天然ガス先物) 33.3倍

レバレッジ規制がかかる場合がある

口座残高や取引の方法、相場の状況によってレバレッジ規制が行われることもあります。
レバレッジ規制が行われると、ポジションを持っていても強制的にレバレッジが引き下げられてしまいます。

どのような場合にレバレッジ規制がかかるのかや、解除方法については下の項目で詳しく解説します。

レバレッジ規制にかかるのはどんなとき?

XMの取引において、レバレッジ引き下げられるケースは以下の3つです。

里奈

取引をしているにも関わらず、強制的にレバレッジが引き下げられる場合があるので、要チェックです!

  • 口座残高が200万円を超えたとき
  • 為替相場が急変したとき
  • 利用規約違反のトレードを行ったとき

口座残高が200万円を超えたとき

口座残高の額によってレバレッジに制限がかかります。

ここではわかりやすく〇〇万円の形で表記していますが、
正確にはドル単位になります。

全口座の合計残高 スタンダート/マイクロ口座 ゼロ口座
~200万円(2万ドル) 888倍 500倍
200万円~1000万円(2万~10万ドル) 200倍
1000万円~(10万ドル~) 100倍

一つの取引口座ではなく、その人が持っているすべての取引口座の残高を合計した額に対して適用されるので注意してください。

また、正確には口座残高ではなく
「有効証拠金」に対してレバレッジ規制が適用されます。

口座残高に含み益も加味した額が対象になるので、
取引中に200万円を超えてしまった場合はレバレッジが制限されてしまいます。

口座残高によるレバレッジ規制を回避するテクニック

XMにはレバレッジ規制が行われる「200万円の壁」「1000万円の壁」があります。

壁を越えてしまった瞬間からレバレッジ規制が適用されるので取引をする上では不利になってしまいます。

これを回避する方法が、
bitwalletを使って口座残高を常に基準値以下にするテクニックです。

XMの取引口座とbitwallet間は入出金手数料が無料な上に、資金の移動は即時に反映されます。

200万円、1000万円の壁を越えそうになったら、bitwalletへ一度出金することでレバレッジ規制を回避することができます。

里奈

ただし、bitwalletから入金した額以上の出金はできないので、あらかじめbitwalletから資金を入金しておくのがおすすめです。

為替相場が急変するとき

為替相場が急変した場合、また急変が予想される場合においては、
一時的にレバレッジが制限される場合があります。

大統領選挙やブレグジット、新型コロナウイルスなど、様々な要因があります。

【2019年】イギリス総選挙の影響による一部通貨ペアのレバレッジ制限についての公式アナウンス

2019年12月12日に行われたイギリス総選挙の前に、XMから対ポンド通貨ペアのレバレッジ制限を一時的に制限すると発表されました。

【2020年】新型コロナウイルスによるレバレッジ制限の可能性についての公式アナウンス

新型コロナウイルスの世界的大流行の影響で、2020年にはXMから以下のような公式アナウンスがありました。

利用規約違反のトレードを行ったとき

XMの利用規約で許可される範囲を超えた取引は、レバレッジ規制の対象になります。

また、これらの行為が繰り返されたり、改善が見られなかった場合は口座凍結になる可能性もあるので十分に注意が必要です。

利用規約違反としてよくあるケースは以下の通りです。

  • 窓埋めトレード
  • ゼロカットを前提とした指標トレード
  • アービトラージ行為
  • 大規模なグループトレード

窓埋めトレード

XMでは月曜朝の窓を狙った「窓埋めトレード」は許可されていません。

XM公式サポートによると、
価格ギャップを利用した取引は正当な利益とみなされないとのことです。

1発アウトということではありませんが、何回も繰り返したり、集中的に窓埋めトレードを行った場合はペナルティの対象になります。

ゼロカットを前提とした指標トレード

XMではゼロカットを前提とした取引は全面的に禁止をされています。

例えば、経済指標発表時にハイレバレッジな取引を行うことなどがこれに該当します。

ゼロカットというのは、ロスカットが間に合わずに口座がマイナスになってしまった場合、
そのマイナス分を業者が負担するというシステムです。
こうした行為を繰り返すと業者側に損失を与え続けることになるので、レバレッジ規制や口座凍結の対象になる可能性があります。

里奈

ゼロカットとは、本来は急な相場変動から顧客を守るためのシステムなので、ゼロカットありきの取引は禁止されています。あくまでも、もしもの時顧客が借金を負わないためのシステムなのです!

アービトラージ行為

XMでは、アービトラージ(裁定取引)はレバレッジ規制や口座凍結の対象になります。

アービトラージと言っても、以下のように様々な種類があります。

  • レイテンシーアビトラージ
  • スワップアービトラージ
  • トライアングルアービトラージ

これらすべての取引行為はXMの規約違反になります。
レバレッジ制限を含むペナルティの対象になるので注意しましょう。

大規模なグループトレード

集団で同じEAを使ったり、第三者に口座を預け運用してもらうなどのグループトレードが行われた場合は、レバレッジ規制や口座凍結の対象になることがあります。

多くのユーザーがSTP口座で同様の取引をした場合、提携している銀行で注文がカバーしきれず、他のユーザーの取引条件にも影響を与えかねない問題になります。
また、市場の競争力を確保するという観点からも望ましいトレードとは言えないので、規制の対象になると考えられます。

下の画像はローカルコミュニティにて配布されているEAを多くのXMユーザーが利用した際に送られてきた警告メールです。

レバレッジ規制が適用されるタイミングはいつ?

レバレッジ規制が適用されるタイミングはケースバイケースです。

上で紹介した3つのケースの場合、次のタイミングでレバレッジ規制が適用されます。

  • 口座残高によるレバレッジ規制の場合
    上限額を超えた場合、数時間以内に制限が自動的に適用されます。レバレッジが引き下げられたという事後報告のメールが届きます。
  • 相場急変時のレバレッジ規制の場合
    レバレッジ規制が実施される日時が記載されたメールが届きます。メールに記載されていた日時になると自動的にレバレッジ規制が適用されます。
  • EAやコピートレードによるレバレッジ規制の場合
    レバレッジ規制が実施される日時が記載されたメールが届きます。メールに記載されていた日時になると自動的にレバレッジ規制が適用されます。

里奈

メールによるアナウンスは重要です!必ず毎日目を通すメールをXMに登録しましょう。
なお、
相場急変時のレバレッジ規制は一時的なものなので、制限期間が終了すると自動的に元のレバレッジに戻ります。

その他の「口座残高」「EA・コピートレード」によるレバレッジ規制が適用された場合は、
改善した後に手動でレバレッジを引き上げない限り、元のレバレッジには戻りません。

また、「EA・コピートレード」によるレバレッジ規制は「何日後前にEA・コピートレードの利用をやめないと制限する」という条件付きのものもあるので、規制適用までに猶予が与えられる場合があります。
こうした条件が提示された場合は、
指定の期限までに改善すればレバレッジの制限を受けることはありません。

レバレッジ規制の解除方法

口座残高によるレバレッジ規制は、基準や条件をクリアして所定の手続きを行うことで、レバレッジを元に戻すことができます。


STEP.1
アカウントの証拠金額を下げる

まずは所持しているXMの全口座の総残高を基準額以下に下げましょう。
レバレッジ888倍を選択するためには2万ドル以下、200倍を選択する場合は10万ドル以下に残高を調整する必要があります。
一度出金する必要がありますが、すぐに再入金が可能なbitwalletを利用することで、資金を一時的にXMの口座の外に移すことが可能です。

STEP.2
サポートにレバレッジ規制の解除を依頼する
残高の問題が解決したら、次にXMサポートへレバレッジ規制の解除を依頼します。
連絡手段はメール、ライブチャットの2種類があります。ライブチャットの方が対応が早いので、窓口が開いている時間であればこちらがおすすめです。

STEP.3
マイページからレバレッジを変更する
XMサポートからレバレッジ規制の解除の回答を受け取ったら、マイページからレバレッジを手動で変更します。レバレッジ変更のやり方はこちらです。

レバレッジの確認方法

現在口座に設定されているレバレッジを確認する方法をご紹介します。

方法は主に2種類あります。

XMのマイページで確認

XMのマイページからレバレッジを確認することができます。

「マイアカウントの概要」の中で、確認を行いたい口座をクリックすると下に拡張されます。


この中に「レバレッジ」という項目があるので、ここから現在設定されているレバレッジの確認ができます。

また、倍率の右側のペンマークをクリックすることで、レバレッジ変更画面に移動することも可能です。

MT4/MT5でのレバレッジ確認方法

XMの取引ツールであるMT4/MT5上でもレバレッジの確認は可能です。

ソフトを起動したらデフォルトの状態で左側の「ナビゲーターウィンドウ」の中からログインしている口座を見つけます。
ツリーの中に隠れている場合は+で開けます。

ログイン中の口座の項目にカーソルを合わせると、レバレッジ等の情報が表示されます。

レバレッジを確認する場合においては、MT4、MT5に特に違いはありません。

MT4の場合

MT5の場合

レバレッジ倍率の変更方法

XMでは好きなタイミングで口座レバレッジを変更することができます。

レバレッジ倍率は次の16種類から選択できます。

1倍 / 2倍 / 3倍 / 5倍 / 10倍 / 15倍 / 20倍 / 25倍 / 50倍 / 66倍 / 100倍 / 200倍 / 300倍 / 400倍 / 500倍 / 888倍

レバレッジの変更手順は以下の通りです。


STEP.1
XMマイページから「オプションを選択する」をクリック

 

STEP.2
「レバレッジ変更」をクリック


STEP.3
レバレッジを選択して「リクエスト送信」をクリックする


レバレッジ変更はいつ適用される?

レバレッジ変更のリクエストを送信すると、遅くても数分以内にレバレッジの変更が完了します。

問題なく変更が完了した場合は、XMから変更完了のメールが届くので必ずチェックしてください。


XMでの口座開設方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。 XMの口座開設の手順をわかりやすく解説【2020年最新版】
XMの口座開設ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です