【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

XMの1ロットはいくら?必要証拠金や損益計算について徹底解説

XMで取引したいけど、そもそも1ロットって何円くらい?

A子さん

海外FXの場合、業者や口座タイプによって、「1ロットあたりの通貨量」は違います。

XMは最大レバレッジが888倍と大きいので、小資金で大きなポジションが取れてしまいますよね。

そうすると、

国内FXと同じ感覚で取引して、想定の10倍のポジションを注文しちゃった…

A子さん

ということがよくあります。

思い通りの通貨量を注文するだけでなく、徹底した資金管理を行う上でも、

ロット数と必要証拠金に関する理解は必要不可欠です。

この記事では、XMで取引する上で知っておきたい、

「ロット数」「必要証拠金」「損益計算」について詳しく解説していきます。

そもそもFXにおける1ロットってなに?通貨単位との違いとは

FXにおけるロット(Lot)とは、取引数量を表す単位です。

同じく取引数量を表す単位に、「通貨単位」と呼ばれるものがよく使われます。

ロットと通貨単位の違いはなに?

A子さん

「ロット」と「通貨単位」はどちらも「取引数量」を表す単位ということに違いはありませんが、

1ロットが何通貨を表すかは、FX業者や口座タイプによって異なります。

大まかには以下のように覚えれば問題ありません。

  • 国内FX業者
    1ロット=1万通貨
  • 海外FX業者
    1ロット=10万通貨

では、そもそも1通貨単位とはいくらなのでしょうか。

これは、通貨ペアの組み合わせを見ることでわかります。

例えば「USD/JPY」というおなじみの通貨ペアは、

「基軸通貨/決済通貨」という形で構成されています。

1通貨というのは、1基軸通貨を表しています。

つまり、「USD/JPYの1通貨=1USD」と言い換えることができます。

里奈

同様にGBPJPYの場合は「1通貨=1GBP」、EURUSDの場合は「1通貨=1EUR」となります。

XMで1ロットは何通貨?口座タイプごとの違いを解説

国内のFX業者は1ロット=1万通貨ですが、

XMをはじめとする海外FX業者については「1ロット=10万通貨」という場合が多いです。

XMの場合、口座タイプによっても1ロットの通貨量が違います。

スタンダード口座/XM Zero口座 マイクロ口座
1ロット 10万通貨 1,000通貨

スタンダード口座とゼロ口座は1ロット10万通貨ですが、マイクロ口座の場合だと1ロットが1000通貨となります。

上の項目で解説した通り、通貨ペアの「基軸通貨の部分」が実際の価値を表します。

例えば、XMのスタンダード口座におけるドル円(USD/JPY)の1ロットの価値は、10万ドル(11,000,000円)となります。
※1ドル=110円とした場合です。

XMで1ロット持つために必要な証拠金と計算方法

XMで1ロット持つために必要な証拠金について、口座タイプごとに計算方法と合わせて解説していきます。

必要証拠金の計算式は以下の通りです。

必要証拠金=現在の為替レート×ロット数×1ロットあたりの通貨単位÷レバレッジ

ここで注意しなければならないのは、

口座タイプごとに最大レバレッジが異なるという点です。

口座タイプごとの「ロット数」と「レバレッジ」の関係を表にまとめてみます。

スタンダード口座 マイクロ口座 XM Zero口座
1ロットの通貨単位 10万通貨単位 1,000通貨単位 10万通貨単位
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍

それでは実例を用いて必要証拠金を計算してみましょう。

今回はXMでドル/円(USD/JPY)を3ロット持つ場合に必要な証拠金を計算します。
※1ドル=110円で計算します。

スタンダード口座の場合

1ロット=10万通貨、最大レバレッジ888倍なので、

110(円)×3(ロット)×100,000(通貨)÷888(レバレッジ)≒37,162(円)

XMのスタンダード口座でドル円を3ロット持つために必要な証拠金は、約37,162円になります。

≪マイクロ口座の場合≫

1ロット=1,000通貨、最大レバレッジ888倍なので、

110(円)×3(ロット)×1,000(通貨)÷888(レバレッジ)≒372(円)

XMのマイクロ口座でドル円を3ロット持つために必要な証拠金は、約372円になります。

≪XM Zero口座の場合≫

1ロット=10万通貨、最大レバレッジ500倍なので、

110(円)×3(ロット)×100,000(通貨)÷500(レバレッジ)=66,000(円)

XMのゼロ口座でドル円を3ロット持つために必要な証拠金は、66,000円になります。

里奈

為替相場は日々変動しますので、正確な必要証拠金額を知りたい方は、現在のレートを当てはめて計算してみてください!

XMのレバレッジ規制に注意!必要証拠金も変わります

XMはハイレバレッジでの取引が可能な一方で、

他業者と比較すると、レバレッジ制限が厳しめなので注意が必要です。

XMでは「所持している全ての口座の有効証拠金の合計額」に応じて、最大レバレッジが引き下げられます。

全口座の有効証拠金の合計 スタンダート/マイクロ口座 XM Zero口座
~200万円(2万ドル) 888倍 500倍
200万円~1000万円(2万~10万ドル) 200倍
1000万円~(10万ドル~) 100倍

ここで注意しなければならないのは、

全口座の有効証拠金の合計が制限額を超過すると、数時間以内に自動的にレバレッジが引き下げられるという点です。

レバレッジが変わると1ロットあたりの必要証拠金の額も変わってしまいますので、証拠金維持率も同時に低下します。

里奈

強制ロスカットのリスクも増えるので、証拠金維持率と口座残高はこまめにチェックするようにしてください!

レバレッジが888倍から200倍に制限されるとどうなる?

実際に、レバレッジが888倍から200倍に引き下げられるケースを考えてみましょう。

1ドル=110円のとき、XMのスタンダード口座でドル円を1ロット持つ場合を考えます。

レバレッジが888倍の時は、

110(円)×1(ロット)×100,000(通貨)÷888(倍)≒12,387(円)

約12,387円の証拠金が必要になります。

一方で200倍に制限されると、

110(円)×1(ロット)×100,000(通貨)÷200(倍)=55,000(円)

55,000円の証拠金が必要になります。

888(倍)÷200(倍)=4.44(倍)

888倍から200倍にレバレッジ制限を受けると、

ポジションを維持するために必要な証拠金額は約4.44倍に跳ね上がります。

XMのレバレッジについては、下の記事で詳しく解説しています。 XMでレバレッジは888倍を選ぶべき!【そのワケとは?】

XMで1ロット保持した状態で1pips変動すると損益はいくら?

FXでは価格の変化をpipsという単位で表します。

まず、1pipsの大きさは通貨ペアによって異なります。

  • ドル円とクロス円(USDJPY,GBPJPYなど)
    1pips=0.01円
  • ドル円以外のドルストレート(EURUSD,AUDUSDなど)
    1pips=0.0001ドル

そして、pipsから損益額を求めるためには、以下の式を使います。

損益額=ロット数×1ロットあたりの通貨単位×pips

例えば、XMのスタンダード口座(1Lot=10万通貨)でドル円のポジションを所持した場合を考えてみましょう。

所持するポジション量とpipsの関係を表にすると、以下のようになります。

1pips変動 10pips変動 100pips変動
0.01ロット(1000通貨) 10円 100円 1,000円
0.1ロット(1万通貨) 100円 1,000円 10,000円
1ロット(10万通貨) 1,000円 10,000円 100,000円
10ロット(100万通貨) 10,000円 100,000円 1,000,000円
100ロット(1000万通貨) 100,000円 1,000,000円 10,000,000円

1ロット取引であれば1pipsの変動で±1,000円の損益が出ます。

表からも分かるようにロット数が大きくなると、それに比例して損益も大きくなります。

里奈

「ドル円以外のドルストレート」の場合は、損益額は「円」ではなく「ドル」で算出されます。
簡単に損益を計算したい場合は、XM公式サイトの「損益計算ツール」を使いましょう!

≫損益計算ツール(XM公式サイト)

XMの最大ロットと最小ロットはどれくらい?

一回の注文で取得できる「最大ロット数」と「最小ロット数」を口座別にまとめました。

スタンダード口座・ゼロ口座 マイクロ口座
最小ロット 0.01ロット 0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
最大ロット 50ロット 100ロット

マイクロ口座でMT5を利用する場合は、MT4を使う場合と最小ロットが異なるという点に注意が必要です。

XMでは1つの口座あたり最大で200ポジションまで取得可能です。

1回の注文で取得できるポジションは「スタンダード/ゼロ口座」で50ロット、「マイクロ口座」で100ロットですが、

注文操作を繰り返せば50ロット、または100ロットのポジションを最大200個まで同時に保有することができます。

口座残高に対して何ロットのポジションを持つのが適切?

FXではロット数を調整することでリスク管理をします。

XMに限らず、

FXでは「2パーセントルール」という資金管理の大原則があります。

簡単に言うと、

「一回の取引で自己資金の2%以内の損失しか許容してはならない」と言うことです。

例えば、自己資金が10万円の場合を考えてみましょう。

10万円の2%ですので、この2パーセントルールに沿って考えると、

一回で2,000円以上の損失が出る取引はしてはいけません。

ドル円取引をする場合、1ロットの取引をする場合、1pipsの下落で1,000円の損失が出る為、

自己資金が10万円であれば、2pipsの下落で損切を行う必要があります。

しかし、10分の1の「0.1ロット」の場合、

10pipsの下落で1,000円の損失となる為、20pipsまで損失を許容しても問題ありません。

XMで1ロットを取引するごとに受け取れるXMPは?

XMでは、取引をするたびに「XMポイント(XMP)」が貯まります。

XMポイントは、ロイヤルティプログラムによって付与されるものなので、
ロイヤルティステータス(会員ランク)によって付与率がことなります。

里奈

ロイヤルティステータスは、XMでの取引日数が増えるごとに昇格していきます!

  • Executive(初回取引完了後)
    ⇒10XMP/1lot
  • Gold(Executiveレベルから30日超)
    ⇒13 XMP/1lot
  • Diamond(Executiveレベルから60日超)
    ⇒16 XMP/1lot
  • Elite(Executiveレベルから100日超
    ⇒20 XMP/1lot

一番低い「Executive」「Elite」では、

1ロットあたりの取引で受け取れるXMポイントが2倍も違います!

里奈

貯まったポイントは「ボーナスクレジット」または「現金」と交換可能です。
XMポイントについては、下の記事で詳しく解説しています! XMポイント(XMP)の効率的な貯め方&裏技手法を大公開!

XMでCFD商品の1ロットはいくら?必要証拠金の計算方法を解説

CFD銘柄の1ロットあたりの必要証拠金は、FX通貨ペアとは違い、それぞれの銘柄によって異なります。

まず、XMのCFD銘柄は固定レバレッジになっています。

CFD銘柄のレバレッジは以下の式で求められます。

1÷必要証拠金率=実質レバレッジ

「必要証拠金率」は各銘柄ごとに定められており、
「XM公式サイト」→「取引」→「取引商品」のページから確認が可能です。

今回は実際にメジャーなCFD銘柄で必要証拠金を計算していきます。

CFD銘柄の必要証拠金は、以下の計算式で求められます。

必要証拠金額=ロット数x1ロットあたりの価値÷レバレッジ

主要な銘柄の「1ロットあたりの価値」と「最大レバレッジ」を表にしました。

銘柄名 1ロットあたりの価値 最大レバレッジ
US(ダウ)30 NYダウ平均株価(ドル) 100倍
ゴールド 100オンス 888倍
パラジウム 10オンス 22.2倍
原油 100バレル 66.6倍

1ロットあたりの取引における必要証拠金の計算をしていきます。

US(ダウ)30の1ロットあたりの証拠金

ダウ30平均株価が30,000ドルの場合で計算します。

1ロット×3万ドル(1株価指数)÷100(レバレッジ)=300ドル

ゴールドの1ロットあたりの証拠金

ゴールド価格を1オンス1,500ドルの場合で計算します。

1ロット×1500ドル×100オンス÷888(レバレッジ)=約169ドル

パラジウムの1ロットあたりの証拠金

パラジウム価格を1オンス1,800ドルの場合で計算します。

1ロット×1,800ドル×10オンス÷22.2(レバレッジ)=約811ドル

原油の1ロットあたりの証拠金

原油価格が1バレルあたり50ドルの場合で計算します。

1ロット×60ドル×100バレル÷66.6(レバレッジ)=約90ドル

まとめ

各銘柄の1ロットあたりの取引量と必要証拠金はイメージできましたでしょうか。

レートは日々変化しますので、その日のレートを上記の式に当てはめて計算してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です