【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

人気急上昇中!TradeviewとはどんなFX業者なの?

Tradeview(トレードビュー)という名前を聞いたことがあるでしょうか?

FX取引をこれからやってみたいと考えている人であれば、名前を知っておくとよいでしょう。

Tradeviewとは、どのようなものなのか?どのようなサービスを提供しているのか?について解説します。

Tradeviewについて

Tradeviewとは、FX、株式、ゴールド、原油、CFDトレードなどを扱っている会社です。

2004年に創業されたFX会社で、CIMA(ケイマン諸島金融庁)のライセンスを持っています。

CIMA(ケイマン諸島金融庁)についてですが、英国領であるケイマン諸島の最高金融監督機関です。

公式サイトではこのライセンス番号も記載しているため、信頼性という意味では信頼出来ると言えます。
海外にはライセンスを持たずにいる業者もいるので、ライセンスがあるかどうかはとても重要です。

FX取引に慣れていない人向けのデモ口座も準備されていますので、初心者でも安心です。

Tradeviewでは、取引口座が4タイプ準備されています。
Meta Trader4で取引を行うことが出来るスタンダード口座、ILC口座の他に、専業トレーダー、大口の投資家向けにcTreder口座、Viking(Currenex)口座がありそれぞれのスタイルによって選択出来ます。

気になるのが、取扱銘柄の数ですが、通貨ペアは60通貨ペアで、CFD銘柄の方は50銘柄となっています。
取扱銘柄の豊富さというのも、この業者の大きな強みとなっています。

日本語でのサポートにも対応はしていますが、公式サイトなどを見ると英語で書かれている部分も多いため、英語に慣れていないという人は戸惑ってしまうでしょう。

例えば、利用規約やリスク同意書、よくある質問などの部分をクリックすると、英語での表記が表示されます。
そのため、英語がわからないという人には、どのようなことが書いてあるのかわからないということになります。

日系人スタッフによるサポートがあると書かれてはいますが、日本語で書かれている情報量は少ないというのが、注意点です。

スプレッドが狭いのが大きな強み

Tradeviewの最大の強みと言えるのが、スプレッドが狭いということです。

スプレッドが狭いということは、トレーダーにとってとても重要です。
それはなぜかというと、手数料が安く済むからです。

せっかく利益が出ても、手数料が高ければその分、利益が減ってしまうため、手数料の安いところで取引をしたいというのが、トレーダーの本音です。

そういった意味でも、スプレッドが狭い、Tradeviewは主にスキャルピングをメインにしているトレーダーから高い支持を受けています。

参照サイト
https://www.tradeviewforex.com/ja/