【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

FXとは何か?投資初心者向けの簡単解説

「FX」と聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか?

レバレッジや儲かる、簡単に稼げるなどのイメージを持っている人が多いでしょうが、そもそもこのFXとはどのようなものなのでしょうか?

FXとは何かについて解説します。

FXとは

FXとは、Foreign Exchange の略です。

日本語では、外国為替証拠金取引と言います。

簡単に言うと、色々国の通貨を売ったり、買ったりすることで発生する差額で利益を狙うという取引のことです。

簡単な例を挙げてみると、ある国の通貨を100円で購入したとします。

その国の通貨が105円になったので、その通貨を売却したとします。すると買った時よりも5円高くなったので、この5円が利益となります。

損失が発生する場合もあります。同じように100円で購入して、その通貨が95円になった時に、売却すると5円安くなってしまったので、5円の損失が出たということになります。

これは、簡単な例ですが基本的にはこれと同じような取引を行っていきます。そうして利益を狙うのが、FX取引というものです。

一般的に、よく取引で選ばれる通貨としては、米ドル、ユーロ、英ポンドなどがあります。

為替レートは、それぞれの国々の政治、経済などによって大きく変動します。

そのため、その国の状況を知っておく必要があります。そのため、その国々の情報を集めやすいところを選ぶのがおすすめです。

新興国通貨などマイナーなものも取引を行うことは出来ますが、情報を集めるのに苦労してしまうという可能性が高いので、出来るだけ避けるのがよいでしょう。

証拠金を預ける

FX取引を行うためには、FX業者で口座開設を行う必要があります。

口座開設は最短即日~3日程度で開設出来るものがほとんどですが、口座を開設しただけではFX取引を行うことは出来ません。

業者に証拠金と呼ばれるお金を預ける必要があります。

この証拠金の必要な金額は業者によって異なります。取引をしたい通貨ペアや取引額、レバレッジが何倍かによって異なります。

最低取引通貨単位も業者によって異なるという点を理解しておく必要があります。

業者によっても異なりますが、数千円程度からFX取引を始めることが出来るという業者が多いです。

多くの資金を持たないと取引が出来ないということではないので、少ない資金でも取引を行うことが可能です。

無理のない資金で挑戦してみるとよいでしょう。