BigBossで過去最大のボーナスキャンペーン、開催中です。 >>

Tradeviewのレバレッジは海外FXで最強!その理由とは

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジについて詳しく知りたい!

A子さん

という方向けの記事です。

「TradeviewでFX取引するときのレバレッジが知りたい」
「Tradeviewのレバレッジって他業者と比較するとどう?」
「Tradeviewの口座レバレッジを変更する方法」

などなど、あらゆる疑問をすべて解決していきます!

Tradeviewの最大レバレッジを口座タイプごとに紹介

Tradeviewの最大レバレッジは、口座タイプごとに異なります。

各口座の最大レバレッジは以下の通りです。

口座タイプ 最大レバレッジ
MT4 X Leverage口座 500倍
MT5 X Leverage口座 500倍
MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座 200倍
MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座 200倍
cTrader口座 400倍
CURRENEX口座 400倍

最大レバレッジは200倍~500倍と、口座タイプで大きく開きがあります。

口座タイプの特徴と最大レバレッジ

Tradeviewでは4種類の口座タイプがあり、取引プラットフォームの選択を含めると6種類の中から選択することになります。

  • MT4 X Leverage(スタンダード口座)
  • MT5 X Leverage(スタンダード口座)
  • MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
  • MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
  • cTrader口座
  • CURRENEX口座

口座タイプによってレバレッジ倍率に差があるので、適しているトレードスタイルも口座タイプごとに違いがあります。

X Leverage口座

「X Leverage口座」はTradeviewのスタンダードの口座にあたります。

里奈

取引プラットフォームはMT4またはMT5の2種類から選択可能です。
その名の通り、最大レバレッジは500倍と、Tradeviewの中では最も高く設定されています。

また、最低入金額が1万円となっているので、はじめてTradeviewで口座開設する方にとってはハードルが低い口座タイプと言えます。

STP方式の採用で、約定力に力を入れている分スプレッドが広いので、

「スイングトレードや長期トレード」
「レバレッジを大きくきかせたリスク高めのトレード」

の用途に向いています。

里奈

しかし、海外FX業者の中ではロスカット水準が100%と非常に高く設定されているので、「ハイレバ取引目的」であれば「XM」や「GEMFOREX」のほうが個人的にはおすすめです。
ただ、海外FX業者の中では珍しい「STP方式(Market Execution)」を採用しているので、Tradeview側によるノミ行為は一切なく、直接カバー先の注文とマッチングします。

STP方式を謳っていても、Instant Executionの場合は一度すべての注文をFX業者が決済している場合があります。なので、「NDD=透明性が高い」というのは正しくありません。

ILC口座(Innovative Liquidity Connecter)

ILC口座は、低スプレッドに特化した口座タイプです。

里奈

「XMのZero口座」「AXIORYのナノスプレッド口座」にあたります。
スプレッドが低くなる代わりに、取引毎に手数料が別途徴収されます。

取引手数料は1lotの往復取引あたり5ドルに設定されています。

スキャルピングやデイトレードなど、取引回数の多いトレードスタイルで有利になるので、

「リスクを抑えて、取引回数で勝負する」というスタンスのトレードに適しています。

ILC口座の最大レバレッジは200倍なので、他業者の低スプレッド口座と比較するとレバレッジはかなり低めに設定されています。

国内FXの最大レバレッジである25倍と比較すると、8倍以上必要証拠金を節約できる計算ですが、ロスカット水準が100%という点も加味すると、証拠金に余裕を持たせた運用が前提になります。

また、初回最低入金額も10万円と高額なので…

お試しでTradeviewを使ってみたい!

A子さん

というトレーダーにとっては、ハードルが高めな印象です。

cTrader口座

高性能取引プラットフォーム「cTrader」が利用可能な口座タイプです。

cTraderはECN取引専用プラットフォームなので、板情報を見ながら直接インターバンク市場の参加者と取引が可能です。

他の口座タイプと比較すると、最も取引コストが抑えられるという特徴があります。

里奈

その代わり、約定力はSTP方式と比較すると低いというデメリットもあります。
cTraderはMT4/MT5よりも直感的に操作ができるよう設計されているので、「裁量トレードがしやすい」というメリットもあります。

「裁量トレードでMetaTraderを使っているけど、もっと使いやすいソフトでトレードしたい」

と感じているFX中級者~上級者にぴったりの口座と言えます。

最大レバレッジも400倍と比較的高く、資金効率にも優れています。

ただし、cTrader口座も「初回最低入金額が10万円」「ロスカット水準100%」なので、やはりFX初心者が使うには難易度が高いと感じます。

Currenex口座(Viking口座)

Currenex(カリネックス)をメインプラットフォームとしたトレーダー向けの口座です。

Currenexとは、アメリカのカリネックス社が開発したプラットフォームで、プロの個人投資家や機関投資家向けに開発された取引プラットフォームです。

所持可能なポジション数が多く、数千万単位の注文も問題なくこなせる「プロ向け」の仕様になっています。

レバレッジは、cTrader口座と同じ400倍となっているので、資金効率の面でも優れています。

しかし、利用者が少ない為、ネットで調べても日本語の情報がほとんどありません。

里奈

わからないことを自力で解決する力がある方ならオススメできます!

Tradeviewのレバレッジはデフォルトで100倍なので注意!

口座開設をした直後のレバレッジは100倍に設定されているので注意が必要です。

最大レバレッジまで倍率を引き上げたい場合は、

入金後に会員ページから「レバレッジ変更申請」を行う必要があります。

里奈

口座開設後に入金をしたら、忘れずにレバレッジ変更をしてしまいましょう!

Tradeviewの現在のレバレッジを確認する方法

Tradeviewの現在のレバレッジは会員ページから確認ができます。

まずは会員ページにログインをしましょう。

≫Tradeviewのログインページへ

ページの左側のステータスにレバレッジ倍率の記載があります。

Tradeviewのレバレッジ変更申請の手順【画像付き】

Tradeviewで口座開設をしたら、口座タイプに応じた「初回最低入金額」を入金します。

里奈

初回最低入金額というのは、取引を始めるために最低限入金しなければいけない金額のことです!
口座タイプごとの最低入金額は以下の通りです。

口座タイプ 初回最低入金額
X Leverage口座(MT4) 100ドル(約1万円)
X Leverage口座(MT5)
ILC口座(MT4) 1,000ドル(約10万円)
ILC口座(MT5)
cTrader口座
Currenex口座(Viking口座)

入金がしっかり反映されたことを確認したら、次にTradeviewのレバレッジ変更申請ページへ移動します。

≫レバレッジ変更申請ページ(公式サイト)


以下の項目を入力します。

  • お名前(ローマ字)
    ローマ字で名前を入力します。
  • Eメールアドレス
    口座開設時に登録したメールアドレスを入力します。
  • 口座番号
    レバレッジを変更したい取引口座の「口座番号」を入力します。
  • ご希望のレバレッジ
    変更したいレバレッジ倍率を記入します。
    例にある通り、400倍に変更したい場合は、記入欄の中に「400」と書きましょう。

Tradeviewでは、口座タイプごとに最大レバレッジが決まっています。

口座タイプ 最大レバレッジ
X Leverage口座 500倍
ILC口座 200倍
cTrader口座 400倍
Currenex口座(Viking口座)

特に理由がない場合は、最大レバレッジへ変更しておくのがおすすめです。

里奈

レバレッジが高いほど、必要証拠金が少なくなるので、大きな損失に耐えやすくなります。
すべて入力したら「送信する」をクリックします。

早ければ数時間でTradeviewサポートから「レバレッジ変更完了」のメールが届きます。

海外FXの中でTradeviewのレバレッジが最強である理由

最大レバレッジが500倍って、海外FX業者の中では大したことないのでは?

A子さん

と思う方がいるかもしれません。

実際に他業者と表で比較してみましょう。

FX業者 最大レバレッジ
Gemforex 5000倍
FBS 3000倍
XM 888倍
Bigboss 555倍
TradeView 500倍
TitanFX 500倍
LANDFX 500倍
FXpro 500倍
FXDD 500倍
TradersTrust 500倍
AXIORY 400倍
iFOREX 400倍
iFC Mrkets 400倍
MYFXMarkets 400倍

GEMFOREXは最大レバレッジが5000倍!?

A子さん

このように「最大レバレッジのみ」を見ると、Tradeviewのレバレッジ倍率はかすんで見えるかもしれません…。

しかし、これは大きな間違いです。

「できるだけハイレバレッジで取引がしたい!」と考えている方は、

FX業者の最大レバレッジではなく、「口座残高に応じたレバレッジ」に着目する必要があります。

口座レバレッジは資金残高によって引き下げられるケースが多い

海外FXには、レバレッジ規制(制限)と呼ばれるルールがあります。

多くの海外FX業者は、顧客の取引口座残高が一定の額を超えると、自動的にレバレッジを引き下げます。

実際に、FX業者ごとのレバレッジ制限を画像で見ていきましょう。

このように、ほとんどのFX業者でレバレッジ制限のルールが決められていることがわかります。

例えば、日本で最も人気のある「XM」では、証拠金が200万円をこえると、レバレッジは888倍から200倍まで自動で引き下げられます。

里奈

レバレッジ制限で危険なのが、トレード中にレバレッジが引き下げられるパターンです。
トレード中にレバレッジが下がると、証拠金維持率も大きく低下するので、強制ロスカットのリスクが増加します。

Tradeviewはレバレッジ制限は残高2億円から

Tradeviewのレバレッジ制限は、

口座残高が2億円を超えてから初めて適用されます。

それまでは、各口座タイプの最大レバレッジで継続的に取引ができます。

しかも、XMのように自動でレバレッジが下げられることはありません。

里奈

制限額を超えた段階でサポートから「レバレッジ引き下げの依頼」という形で連絡が届きます。

Tradeviewのレバレッジ制限はどうして緩いのか

どうしてTradeviewはレバレッジ規制が他業者と比較して緩いのかな…

A子さん

その理由は、

Tradeviewが「Market Execution」という注文処理方式を採用しているからです。

FX業者の注文処理方式には、「Instant Execution」「Market Execution」の2種類の区分があります。

  • Instant Execution(インスタント・エクスキューション)
    FX業者が一度すべての注文を決済する方式です。このため、約定スピードが速く、約定力も強いという特徴があります。
    ただし、価格が急変動した場合はリクオート(約定拒否)が発生する場合があります。
  • Market Execution(マーケット・エクスキューション)
    カバー先の金融機関に、すべての注文を流す取引方式です。
    FX業者が注文を決済するわけではないので、取引ソフトに提示されるレートはカバー先から配信される「目安」になります。
    注文時の価格と約定時の価格に差が出る場合が多いですが、すべての注文がカバー先に流されるので、リクオート(約定拒否)は発生しません。

この中で、Instant Executionは瞬間的ではありますが、一度すべての注文をFX業者側が決済しています。

決済した後、顧客間の注文を相殺して、それでも相殺できない分をカバー先に流すのですが、

この一瞬の間に価格が大きく変動すると、FX業者側に大きな損失が発生する可能性があります。

里奈

「取引量が増えすぎる=業者の損失額も大きくなる危険がある」という理由で、レバレッジに制限をかけて取引量を抑制しているんです!
一方でMarket Executionであれば、FX業者はすべての注文をインターバンク市場に流しているので、

「トレーダーの約定金額=カバー先への売買価格」となり、FX業者側に損失のリスクは全くありません。

どんなに取引額が大きくなっても、FX業者がリスクを負わないので、過度なレバレッジの規制は必要になりません

むしろ、取引量が増えるとその分徴収できる手数料も多くなるため、顧客にはできるだけ大きな取引をしてもらったほうがFX業者が儲かる仕組みになっています。

【結論】Tradeviewに向いている人とは?

Tradeviewが向いている人は、

「ある程度まとまった金額で長期的に取引ができる人」です。

Tradeviewにはほとんどレバレッジ規制が存在しないことがわかりましたが、小資金であればTradeviewよりレバレッジの大きなFX業者があるのも事実です。

例えば、100万円以下の資金で大きなリターンを狙うのであれば、XMやGEMFOREXのほうがレバレッジ面で有利になります。

一方で、200万円以上の資金で安定的な運用をするのであれば、Tradeviewは最も適しているFX業者と言えるかもしれません。

Tradeviewのメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。 Tradeviewの評判|FX上級者がメイン口座に選ぶ理由

TradeviewのCFD銘柄のレバレッジ一覧

Tradeviewは日本の金融庁からの指示に従う形で、日本語での情報提供量に制限をかけています。

そのため、公式サイト上でレバレッジ一覧などは掲載されていません。

しかし、MT4上で確認できる証拠金率から実質レバレッジを求めることが可能です。

Tradeviewの扱っているCFD商品の実質レバレッジを計算してみました。

CFD商品 実質レバレッジ
PALLADIUM 20倍
PLATINUM 20倍
CRUDEOIL 20倍
UKOIL 100倍
WS30 200倍
AUS200 50倍
DOLLAR_INDX 100倍
FCHI 50倍
GDAXI 1倍
HIS 100倍
J225 10倍
NDX 100倍
NGAS 10倍
SPXm 100倍
STOXX50E 50倍
UK100 50倍
BTCJPY 10倍
BTCUSD 10倍
BTCUSD.i 10倍
XRPUSD 5倍

里奈

CFD商品のレバレッジ水準は、他の海外FX業者とあまり変わらない印象を受けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です