【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

Tradeviewのレバレッジ規制は緩い!レバレッジ詳細を口座別に徹底解説

Tradeviewのレバレッジについて、最大レバレッジはどの位で、レバレッジ規制はあるのか等の疑問を感じているトレーダーも多いと思います。
ここでは、口座別の最大レバレッジやレバレッジ規制について、詳細に解説していきます。
この記事を読んで頂ければ、Tradeviewのレバレッジについての全てを知る事が出来ます。

1.レバレッジとは

レバレッジとは、日本語に訳すと「てこの原理」という意味になります。
手持ちの資金にレバレッジをきかせて、資金以上の取引が可能になります。
例えば、レバレッジ10倍と言うと、10万円の資金だった場合、その10倍の100万円分の取引が可能になるという事です。
10万円(資金)×10倍(レバレッジ)=100万円(取引可能額)
このレバレッジですが、FXにおいては特に倍率が高いです。
国内FX業者でも最大25倍まできかせる事ができますが、海外FX業者の場合は、国内の制約を受けませんので、500倍や1,000倍のレバレッジをきかせる事が出来ます。
中には3,000倍のレバレッジをきかせる事が出来る海外FX業者もあります。
レバレッジ1,000倍となると、先程と同じ10万円の資金だとしても、1億円分の取引が可能になる計算です。
10万円(資金)×1,000倍(レバレッジ)=1億円(取引可能額)
レバレッジが高ければ高い程、同じ資金でも大きなポジションを持つ事が可能になるのです。
つまり、同じ資金量でより大きな利益を出す事が可能とういうわけです。
信用取引でも3倍程度のレバレッジしかきかない株式投資と比較すると、格段にレバレッジをきかせる事が出来るのがFXなのです。

1-1レバレッジが高いメリット

海外FX業者を利用するトレーダーの中には、ハイレバレッジに魅力を感じて利用しているトレーダーも多いです。
それだけハイレバレッジにはメリットがあるからです。
何と言ってもやはり、ハイレバレッジのメリットは「資金効率の良さ」になります。
レバレッジが高いと、少ない資金で大きなポジションを持つ事が出来ますし、それだけ多くの利益を狙う事も出来ます。

保有可能ポジション量と利益の差

ここで、国内の25倍のレバレッジと、海外FXの平均レバレッジ500倍の場合で、どの位ポジション数や利益が変わってくるのかを比較してみましょう。
1ドル100円と仮定して、10万円の資金の場合で計算してみます。
まず、国内のFXの場合、10万円で持てるポジションは、最大で25,000通貨です。
10万円×25倍÷100円=25,000通貨
これが海外FXの場合は、同じ10万円で持てるポジションは、最大500,000通貨です。
10万円×500倍÷100円=500,000通貨
同じ資金量でも、保有できるポジションに475,000通貨もの差が生まれてしまいます。
そして、100円で買いのポジションを持ち、101円に上がった所で決済したとすると、それぞれの利益に違いはどうなるでしょうか。
国内FXの25倍のレバレッジだと、保有できる通貨量は25,000通貨ですので、1円価格が上がると、25,000円の利益になります。
海外FXの場合は、保有できる通貨量が500,000通貨ですので、1円価格が上がると、500,000円の利益になります。
その差は、500,000円-25,000=475,000円にもなります。
同じ資金量で同じ値幅でも、レバレッジが違うだけで、これだけの差が出るのです。
レバレッジを最大限に活用する事で、利益を大きくする事が可能になります。

1-2レバレッジが高いデメリット

それでは逆に、レバレッジが高いとどんなデメリットがあるのでしょうか。
それは、利益を大きくする事が出来る反面、損失額も大きくなりがちである点です。
自分の思い描いた通りの値動きになれば、当然利益は大きくなりますが、思った方向とは逆に価格が動くと、その分損失もレバレッジが大きい程膨らんでしまいます。
資金が少ない中で、レバレッジを最大まで利かせてトレードをすると、一瞬で資金を失いかねません。
また、一度大きな損失を出してしまうと、すぐにその損失を取り戻そうとして、勝率が低い所でエントリーしてしまったり、ギャンブルトレードになりがちです。
ハイレバレッジだからこそ、適切な資金管理が必要になってきます。

2.tradeviewのレバレッジ比較

海外FXの平均レバレッジは、400倍~500倍と言われています。
Tradeviewのレバレッジは、スタンダード口座で500倍ですので、他と比較して平均的レバレッジという事になります。
但し、Tradeviewの場合は、口座ごとにレバレッジが200倍~500倍までありますので、口座によっては平均より低いレバレッジになります。
しかし、国内FXが最大25倍までである事を考えると、かなりのハイレバレッジでトレードが可能であることは言うまでもありません。

2-1業者間レバレッジ比較

国内FXの場合は25倍までと規制されていますが、海外FXの場合は、国内の規制が適用されませんので、ハイレバレッジが可能です。
業者によって差がありますが、400倍~500倍程度のレバレッジをきかせる事が出来る業者が多いです。
中には、3,000倍や5,000倍と言った超ハイレバレッジを提供している業者もあります。
大抵の場合が最大レバレッジは、その業者のスタンダード口座で提供されている事が多く、ECN口座などの場合は、倍率が変わる事があります。

主要なFX業者の最大レバレッジを次の表にしてみました。

最大レバレッジ
Tradeview 500倍
XM 888倍
Titan FX 500倍
iFOREX 1000倍
FBS 3000倍

3.tradeviewのレバレッジ規制について

Tradeviewでは、証拠金が1,000万円をこえると、レバレッジが100倍に規制されます。
このレバレッジ規制は、多くの業者で行われています。
例えば「XM」では、証拠金が200万円をこえると、200倍に規制され、証拠金が1,000万円をこえると、100倍に規制されます。
ハイレバレッジを謳っている業者は、証拠金が200万円~300万円を超えると、レバレッジが200倍~300倍に規制される所が多いです。
そう考えると、Tradeviewのレバレッジ規制は1,000万円以上ですので、トレーダーに優しいと言えます。

3-1レバレッジ規制される理由

そもそも、なぜレバレッジ規制が行われるのでしょうか。
それにはいくつかの理由がありますが、大きな証拠金に対してハイレバレッジをかけると、取引量が大きくなるため、決済に支障が出かねない為です。
例えば、1,000万円の証拠金で1,000倍のレバレッジをかけられるとすると、100億円の取引が出来る事になります。
但し、100億円の注文と決済をするには、カバー先が100億円分の反対売買の注文を調達する必要があります。
ところが、それだけ多くの注文になると、すぐに調達が出来ず、注文が通らない可能性も高くなってきます。
希望した価格で注文が出来ないとなると、思わぬ損失を招く事に繋がりかねません。
そうした理由から、証拠金が一定の金額を超えると、レバレッジを規制するという訳です。
また、海外FXの多くがゼロカットを採用しています。
その為、トレーダーはロスカットでマイナスになっても補填を求められることはありませんが、実質は業者がマイナスを負担していることになります。
大きな証拠金にハイレバレッジをきかせてトレードをして、マイナスになるとすると、そのマイナス額も膨大になります。
レバレッジを制限するのには、そうした損失を回避するという理由もあります。

3-2Tradeviewの口座別レバレッジ

Tradeviewのレバレッジは、口座ごとにレバレッジが異なります。
Tradeviewの口座タイプには6種類あります。
①MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
②MT4 X Leverage(スタンダード口座)
③MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
④MT5 X Leverage(スタンダード口座)
⑤cTrader口座
⑥CURRENEX口座

3-3口座タイプの特徴とレバレッジ

①MT4 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
MT4をメインプラットフォームとし、スキャルピングやデイトレード中心で、スプレッドを抑えたいトレーダーに向いている口座です。
この口座の最大レバレッジは200倍です。
平均400倍~500倍が海外FXの平均ですので、レバレッジは少し低めと言えます。
取引手数料は1LOTあたり往復5ドルとかなり低めです。
但し、最低入金額が10万円からとなっており、若干高めの設定になっています。
ロスカット水準は100%で、ゼロカットシステムももちろん採用されています。

②MT4 X Leverage(スタンダード口座)
MT4をメインプラットフォームとしたトレーダー向けで、Tradeviewのスタンダードの口座になります。
この口座の最大レバレッジは500倍です。
最低入金額は1万円からとなっており、ロスカット水準は100%、ゼロカットシステムもあります。
スイングトレードや長期トレード等が中心のトレーダーや、レバレッジを大きくきかせたいトレーダーに向いている口座になります。

③MT5 Innovative Liquidity Connecter/ILC口座(ECN口座)
MT5をメインプラットフォームとし、スキャルピングやデイトレード中心で、スプレッドを抑えたいトレーダーに向いている口座です。
基本スペックは、①のMT4 ILC口座と同様ですので、最大レバレッジは200倍です。

④MT5 X Leverage(スタンダード口座)
MT5をメインプラットフォームとしたトレーダー向けで、Tradeviewのスタンダードの口座になります。
こちらも基本スペックは、②のMT4 X Leverage口座と同様ですので、最大レバレッジは500倍になります。

⑤cTrader口座
cTraderをメインプラットフォームとしたトレーダー向けの口座になります。
cTraderは、スキャルピングに特化したプラットフォームですので、裁量のスキャルピングを行うトレーダー向けの口座という事になります。
この口座の最大レバレッジは400倍です。
最低入金額は10万円からとなっており、ロスカット水準は100%、ゼロカットシステムもあります。

⑥Currenex口座
Currenex(カリネックス)をメインプラットフォームとしたトレーダー向けの口座になります。
Currenexとは、アメリカのカリネックス社が開発したプラットフォームで、もともとプロの投資家や機関投資家用に開発されました。
この口座の最大レバレッジは400倍です。
プロ向けというだけあって、板情報が見られたり、多彩な発注方法があったりします。
但し、利用者が少ない為、情報が少ないプラットフォームでもあります。

3-4tradeviewで選択すべきレバレッジ

Tradeviewのレバレッジは、口座開設当初は最大レバレッジより低く設定されています。
スタンダード口座の最大レバレッジは500倍ですが、口座開設当初は400倍に設定されています。
そして、ECN口座では、最大レバレッジは200倍ですが、口座開設当初は100倍に設定されています。
最大レバレッジでトレードを行いたい場合は、申請すれば倍率を引き上げる事が可能です。
ハイレバレッジで資金効率を高めたいトレーダーは、最大レバレッジを選択すると良いでしょう。

4.tradeviewの必要証拠金と証拠金維持率の計算方法

FXでトレードをするには、必要証拠金や証拠金維持率の理解は必要不可欠です。
何故ならば、自分の考えている取引量でポジションを持つにはどの位の証拠金が必要で、値幅を考えて余裕を持ったポジションを持つにはどの位の証拠金維持率が必要なのかを知る為です。
証拠金維持率はレバレッジにも関わってきますので、無理なトレードにならないように常に意識してポジションを持つ事をおすすめします。

4-1証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、預け入れた証拠金から損益を増減した金額が、必要証拠金に対してどの位の割合かをパーセンテージで示した値です。
当然、証拠金維持率が高ければ高い程、必要証拠金に対して余裕があるという事なので、それだけ大きな値幅に耐えられるという事になります。
逆に証拠金維持率が低いと、余裕が少ないので、万が一損失方向に価格が動くと、少しの値動きで、強制ロスカットされかねません。
証拠金維持率を計算するには、下記の項目を理解しておきましょう。
 必要証拠金・・・ポジションを持つために必要な証拠金額
 有効証拠金・・・口座残高からポジションの損益を増減した証拠金額

4-2証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は簡単に計算する事が出来ます。
証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100
ここでは、1ドル100円として、1万通貨の買いポジションを持つ場合で考えてみます。
レバレッジはTradeviewの最大レバレッジ500倍とします。
この場合の必要証拠金は次のようになります。
100円×10,000通貨÷500=2,000円
このように2,000円の証拠金で10,000通貨のポジションを持つ事が出来ます。
この時口座残高が5,000円とすると、証拠金維持率は次のようになります。
5,000円÷2,000円×100=250%
証拠金維持率は250%となります。
さらに、ここで1ドル99.70円まで円高が進んだとすると、含み損が3,000円になります。
この時の証拠金維持率は次のようになります。
(5,000円-3000円)÷2,000円×100=100%
証拠金から含み損を差し引いて、証拠金維持率は100%まで低下してしまいました。
Tradeviewでは、証拠金維持率が100%を下回ると、強制ロスカットされてしまいますので、さらに円高になると、ポジションは強制決済されてしまいます。

4-3証拠金維持率はどの位が適正か

証拠金維持率はどの位が適正なのかという疑問は多くのトレーダーが感じていると思います。
前項の証拠金維持率250%の場合で考えると、ドル円が30Pips逆行すると強制ロスカットされてしまいます。
リスクリワードをどの位とるかによって適正な証拠金維持率は変わってきますが、Tradeviewは他の海外FX業者よりロスカット水準が高めですので、短期でも500%以上の維持率はあった方が良いでしょう。
長期トレードをメインでする場合は、1,000%以上の維持率は最低でも必要になってきます。
自分のトレードスタイルに合わせて、余裕を持った証拠金維持率をキープしながら、トレードしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です