【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

海外FXで稼いだら税金はどうするの?

日本人トレーダーの中には、海外FX業者を使っているという人も多いでしょう。

海外FX業者を使う場合、気になるのが海外FX業者を使って稼いだ場合税金はどうなるのか?

ということです。日本で申告、納税するのでしょうか?

それとも海外での手続きが必要なのでしょうか?詳しく解説していきます。

海外FXと税金について

海外FX業者を使って利益が出た場合には、日本で確定申告を行う必要があります。

この利益によって、支払う必要がある税金としては、所得税と住民税となります。

海外FX業者を使って得た利益は日本国内の法律に従って確定申告を行い、必要な税金を支払います。

利用している海外FX業者のある国々で税金を納めるわけではないので、海外向けの手続きが必要になるというようなことはありません。

注意しておきたいのは、国内の業者と海外の業者を使う場合では、課税方法や税金の計算方法が異なるという点です。

国内の業者を利用する場合には、申告分離という課税方法で、他の所得とは分離してFXの利益に対して税金を計算するという形になります。

海外の業者を利用する場合には、課税方法が国内と異なり、総合課税という方法になります。

これは、他の所得と合算してその合計の所得に対して課税するというものです。

このように、国内の業者と海外の業者では、税金の計算方法や税率などに違いがあるため注意しましょう。

FXの税金についてわからない点は、税理士やそれぞれの管轄の税務署などに相談するのがよいでしょう。

確定申告は忘れずに

国内の業者と海外の業者どちらを利用する場合でも、忘れてはならないのが確定申告です。

FX取引で利益が出た場合には、確定申告を行うようにしましょう。

中には、海外の業者を利用すればバレないのではないか?などと考えてしまう人がいるようですが、のちにそれが発覚すると、追徴課税と言って本来よりも多くの税金を納める必要が出てきます。

そのようなことにならないように、規定の時期までに、きちんと申告、納税を行うようにすることが大切です。

海外の業者を利用して、利益が出た場合には、日本国内において確定申告を行い、所得税、住民税を納めるということを覚えておきましょう。

これから、FXで利益を得たいと考えているのなら、税金についてしっかりと知っておく必要があります。