BigBossで過去最大のボーナスキャンペーン、開催中です。 >>

海外FX業者を利用するメリットとデメリットについて

FX取引をするには、口座開設をする必要があります。

口座開設をするには、取引を仲介する業者で行う必要がありますが、国内の業者と海外の業者があります。

海外FX業者を利用する場合の、メリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

海外FX業者を利用するメリット

海外FX業者を利用するメリットはいくつかあります。

最も大きなメリットは、高いレバレッジで取引を行うことが出来るという点です。

国内の業者で、取引を行う場合にはどんなに高くても25倍のレバレッジとなります。

しかし、海外FX業者はそれ以上の高いレバレッジで取引を行うことが可能です。

数百倍、数千倍での取引が出来るので、より少ない資金で大きな利益を行うことが出来ます。

また、海外FX業者を利用するメリットとして、ゼロカットシステムが導入されているという点も挙げられます。

国内の業者の場合、口座残高がマイナスになると追加で至急入金してくださいという催促が行われます。

これが追証というものです。海外FX業者の場合には、ゼロカットシステムを採用しているところがほとんどなので、追証が発生することはありません。

残高がマイナスになっても、業者がゼロにリセットしてくれて、再び取引が行えるようになります。

つまり、自分の口座残高以上の損失は出ないというのが、大きなメリットです。

FX取引を安心して行えるというのは、トレーダーにとってとても心強いと言えるでしょう。

海外FX業者を利用するデメリット

海外FX業者を利用するメリットは、高いレバレッジで取引が出来ることやゼロカットシステムが採用されているため、口座残高以上の損失が発生しないというものがありますが、デメリットもあります。

デメリットとしては、怪しい業者を見極めるのが難しいということです。

国内の業者であれば、日本語で書かれているため、サイトなどをチェックすることや評判をチェックすることでその業者の信頼度を見極めるのはそれほど難しいことではありません。

しかし、海外の場合には評判をチェックしても評判が少ない、日本語で書かれていないなどの理由で判断するのが難しいということがあります。

それから、大きなデメリットは、日本語のサポートがない、もしくは十分ではないという場合があることです。

国内業者では、あたりまえですが日本語で書かれていますし、不明点などは日本語で問い合せれば日本語で答えてくれます。

しかし、海外では日本語ですべて書かれているわけではありませんし、十分なサポートがないというケースも珍しくありません。

そのため、何が書いてあるかわからない、どこに問い合せればよいのかわからない、問い合せても英語で返ってくるという問題が起こる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

img