【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

FXの「ロスカット水準」ってなに?わかりやすく解説

FX取引では、儲かることもありますが、損失が出てしまうということもあります。

とくに、為替相場の変動などによって損失が拡大してしまうというのは、とても恐いものです。

そんな時に覚えておきたい言葉が、「ロスカット水準」です。この言葉の意味について解説します。

FX取引では時に大きな損失が出てしまう

FX取引というと、儲かるというイメージを持っている人が多いようです。

たしかに、FX取引では大きな金額の儲けが出ることもあります。

しかし、為替相場の変動によっては、大きな損失が出てしまうということもあります。
そうなると一気に多額の借金を背負ってしまうことも十分考えられます。

そんな時に、覚えておきたいのがこの「ロスカット水準」です。
まず、この言葉を説明する前に知っておきたいのが「ロスカット」です。

このロスカットとは、為替相場の急激な変動などによって損失が拡大してしまうのを防ぐために、自動的に建玉(たてぎょく)を決済するというものです。

この建玉とは、FX取引約定後にまだ決済されていないものを指します。
ロスカット水準とは、あらかじめ設定されている水準に達した際に、ロスカットが行われるということを言います。

このロスカット水準の設定については、それぞれのFX業者によって異なります。

まず、FX取引を行う前に、このロスカット水準を確認してから取引を行いましょう。
ちなみに、一般的にはロスカット水準を高めに設定すれば、損失が拡大する前にロスカットを行うことが出来、損失を極力抑えられるようになります。

ロスカットを防ぐには?

あらかじめ設定されているロスカット水準に、到達すると自動で決済が行われてしまいます。

それを防ぐためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?

ロスカットを防ぐには、自分のFX口座に追加で資金を入れるという方法があります。

自分の口座に資金が増えることで、証拠金維持率が上がるので、ロスカット水準に到達するのを防げます。
ただし、必ず防げるというわけでないので注意が必要です。

口座に入金するという方法の他には、現在持っているポジションを決済するという方法があります。

いくつかのポジションがあるのなら、そのうちのいくつかを決済することでも証拠金維持率を上昇させることが出来るので、ロスカット水準に到達するのを回避出来るのです。

このように、ロスカットを防ぐ方法はありますが、基本的にはハイレバレッジでの取引は行わないようにすることが大切です。

レバレッジを低く設定することでロスカットのリスクを下げるのが賢明です。

参照サイト
https://www.gaitameonline.com/fx-info_w06.jsp
https://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?id=11788