【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

ロスカット水準はFX業者によって異なるって知ってた?

自分が持っている未決済のものが自動的に決済されるのがロスカットです。

これが行われるのは、証拠金維持率がロスカット水準に達した時ですが、このロスカット水準は、それぞれの業者によって異なるということを知っていますか?

今回はFXのロスカット水準について解説していきます。

覚えておきたい、ロスカット水準の違いについて

FXというと、簡単に稼げるというイメージを持っている人が多いかもしれません。

たしかに、そのようなこともあります。

しかし、反対に大きな損失が発生してしまうというケースもあります。

出来るだけ、損失を大きくしないための仕組みとして、ロスカットというものがあります。

このロスカットは、投資家の意思とは全く関係なく、一定の水準に達すると自動的に決済がされるというものです。

この一定の水準のことをロスカット水準と言いますが、これはそれぞれのFX業者や契約しているコースによって異なります。

また、投資家が設定範囲の中から任意で設定を行うことが出来るものもあります。

一般的には、証拠金維持率が100~50%を下回った場合にロスカットされます。

ただし、国内のFX業者と海外のFX業者では異なる場合も多く、50%以下になった場合でも行われないという業者もあります。

まず、FX取引を行う前に、どのような基準で行われるのかについて確認しておきましょう。ロスカット水準を知らずに取引を行うのは危険です。

TitanFX(タイタンエフエックス)のロスカットについて

FX業者には、国内のものと海外のものがあります。

さきほど説明したように、国内の場合には100~50%を下回ると行われます。

しかし海外のFXでは、それ以下の水準というものもあります。

例えば、日本でも利用者が多いTitanFXの場合は、証拠金維持率が20%を下回った段階で行われます。

口座開設をする際には、この数値を必ず確認しておくのがおすすめです。

また、この証拠金維持率の計算方法についてですが、証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100で算出されています。

FX取引を行う際には、どの証拠金維持率がどの水準を下回るとロスカットが行われるのかはもちろんですが、現在その証拠金維持率がいくつであるのかということについても、把握しておく必要があります。

これを確認しておかないと、思わぬ形で、ロスカットが行われてしまうことになりかねません。これからFXを始めるという人は常に意識してください。