【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

FXのレバレッジは何倍が適当なの?

FX取引の魅力と言えば、少ない資金でも大きな金額の取引が出来る、レバレッジですが、このレバレッジは何倍くらいが適当なのでしょうか?

海外FX業者を使うと、数百倍のレバレッジで取引を行うことも出来ますが、適当な倍率について解説します。

レバレッジは何倍が適当か?

FXの魅力と言えば、このレバレッジです。

国内では個人であれば25倍までに制限されていますが、外国の業者を利用すれば500倍や888倍などのハイレバレッジで取引を行うことが出来ます。

レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな利益を狙うことが出来る反面、大きな損失を出してしまう可能性もあります。

では、いったい何倍くらいにするのが適当なのでしょうか?

一概にこの倍率が良いというのは、難しいですが、まずはFX初心者の場合は高くても5倍程度までに抑えておくのが賢明です。

ルールもよくわからないのに、10倍、20倍などで取引してしまうと一気に損失が増えて資金が足りなくなってしまうことにもなりかねません。

初心者のうちは、必ず低レバレッジで取引を行うようにしましょう。

FXの仕組みを理解して、取引に慣れてきたら、自分の資金と相談しながら倍率を挙げるのが良いでしょう。

絶対に無理はしないようにすることが大切です。まずは、レバレッジについて知ることから始めましょう。

レバレッジが変更出来るかどうか確認しておく

国内FX業者を利用する時や海外FX業者を利用する場合でも、

必ずレバレッジの倍率を変更することが可能であるかどうかを確認しておきましょう。

レバレッジを変更することによって、FX取引を行う際の証拠金が変わるということも理解しておく必要があります。

レバレッジの設定については、それぞれの業者によって異なります。

国内の業者であれば最大で25倍となっています。海外の業者を利用する場合には、数百倍などに設定を変更することが可能です。

FXは、このレバレッジによって大きな金額を稼ぐことが出来ますが、その反対の結果になってしまうこともあるのです。

とくに、国内の業者を利用する場合には、元本以上の損失が出てしまうケースも珍しくありません。

そのような際には、追加で口座に入金する必要が出てきてしまいます。

損失額によっては、払えないような金額になってしまうこともあるのです。

レバレッジのメリットとデメリットを十分理解した上で、現在の資金を確認した上で、無理なレバレッジの設定にしてしまわないように、注意しましょう。