【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

FXブローカーってどんな存在?役割について解説

FX取引を始める際に、知っておきたいのがこの「FXブローカー」という存在です。FX取引を行うにはこの「FXブローカー」を介して行うのが一般的です。「FXブローカー」とは、どのような存在なのか?また、どのような役割を果たしているのかについて解説していきます。

FX取引には、なくてはならない存在

私たちがFX取引を行う上で、なくてはならない存在と言えるのが、
「FXブローカー」という存在です。

同じ意味で、外国為替ブローカーと呼ばれることもあります。

主な仕事は、投資家に代わって通貨の売買を行うということです。

投資家がFX取引で出す注文を成立させるために、手数料を請求します。

この手数料がスプレッドと呼ばれるものです。
このスプレッドが、FXブローカーの利益となります。

スプレッドは、取引を行う通貨の種類や時間帯などによって異なります。
また、FXブローカーによってもスプレッドは異なるということを理解しておきましょう。

つまり、このFXブローカーの仕事は、FX取引における売り手と買い手のそれぞれの仲介を行って、取引が成約したら手数料を得るというものです。

FX取引を行う際には、FXブローカー選びが非常に大切です。
信頼出来るFXブローカーでないと安心して取引を行うことが出来ません。
安全で信頼出来るものであるかどうかをしっかりとチェックしてから、口座を開設する必要があります。
とくに海外のFXブローカーの中には怪しいものも多く、そのようなものを選んでしまうと、資金を持ち逃げされてしまう、搾取されてしまうなどの危険性があります。注意をする必要があります。

FXブローカーの手法について

FXブローカーの手法には、2つの手法があります。
人がFX取引を仲介するボイスブローキングというものと、コンピュータがFX取引を自動で成立させるという電子ブローキングというものです。

現在では、圧倒的に電子ブローキングが一般的になっていましたが、以前は投資家から電話で注文を受けて、人がそれぞれのFX取引を仲介するというのが主流でした。
しかし、電話での注文から間違えが起こる、手数料が高いなどの問題がありました。

電子ブローキングが主流になってきたのは、手数料が安い、聞き間違えなどの人為的なミスを大幅に減らせる、システムの利便性が向上するなどの理由です。

FXブローカーを選択する際には、安全性、手数料の安さはもちろんですが、使いやすさにも注目しておきましょう。

参照サイト
https://www.ig.com/jp/glossary-trading-terms/forex-broker-definition

https://www.fxplus.com/useful/glossary/broker.html

https://www.ifinance.ne.jp/glossary/finance/fin086.html