【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

BigBossのスプレッドはかなり狭い!その理由を解説します

BigBossのスプレッドは狭いって聞いたけど、本当?

A子さん

結論から言うと、

BigBossは、スプレッド単体では「並程度の狭さ」という評価が妥当です。

しかし、BigBossの目玉キャンペーンである「取引ボーナス」を加味すると、

他の海外FX業者より大幅に実質スプレッドを抑えることができます。

この記事では、BigBossのスプレッドについて詳しく解説していきます。

BigBossってどんな業者?

スプレッドの解説の前に、BigBossがどんなFX業者なのかをおさらいしておきましょう。

BigBossは「Prime Point LLC」という企業が提供しているFXサービスの名称です。

BigBossは、セントビンセント・グレナディーンと言う国の運営ライセンスを取得して営業をしている、いわゆる「海外FX業者」にあたります。

2013年にサービス提供開始と、まだまだ実績の少ない業者ですが、

  • 上限なしの取引ボーナス
  • 海外FXでは珍しい「国内銀行からの出金」に対応
  • Equinix社のトレーディングサーバー導入で高い約定力

など、大手のFX業者に引けを取らない、魅力的なサービスを多数展開しています。

里奈

保有ライセンスの信頼性がそこまで高くなかったり、ゼロカットの適用除外基準が曖昧だったりと、まだまだ未熟な点があるのも事実です。
≫BigBossの公式サイトへ

BigBossの特徴や評判については、下の記事で詳しく解説しています。 BigBossの評判はどう?良い点・悪い点を正直にレビュー!

BigBossのスプレッドを口座タイプで比較してみた

BigBossでは、口座開設時に3種類の口座タイプが選択可能です。

  • スタンダード口座
  • プロスプレッド口座
  • FОCREX口座

この中で、FОCREX口座は仮想通貨の現物取引専用の口座になります。

里奈

取引はMT4上ではなく、FОCREX取引サイトで行います。
FXの取引で利用可能な口座は、「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」の2種類です。

実際に、2種類の口座タイプで、主要通貨ペアの平均スプレッドを比較してみましょう。

スプレッド情報の信頼性
記事内に掲載しているスプレッド情報は、
すべて独自に調査・収集したデータを基に作成しています。
実際にVPS上で取引ソフトを並行稼働させ、スプレッドログの収集を行いました。
ソースデータは以下のリンクから閲覧可能です。
≫スプレッドログを閲覧する

スタンダード口座 プロスプレッド口座
USD/JPY 1.7pips 0.6pips
EUR/JPY 2.3pips 1.1pips
GBP/JPY 2.9pips 1.7pips
AUD/JPY 2.2pips 1.3pips
EUR/USD 1.9pips 0.9pips
GBP/USD 2.5pips 1.4pips
AUD/USD 1.8pips 0.9pips
USD/TRY 126.1pips 126.2pips

こちらが2つの口座のスプレッドの違いです。

プロスプレッド口座のスプレッドめっちゃせまい!

A子さん

と思うかもしれませんが、

「スプレッド=取引コスト」というわけではありません。

プロスプレッド口座は、1lotの往復取引に9ドルの取引手数料が発生します。

里奈

1lotあたり9ドルをpipsに変換すると、0.9pipsになります。
それでは、取引手数料分のコストも考慮した、「実質スプレッド」でもう一度比較してみましょう。

スタンダード口座 プロスプレッド口座(手数料込み)
USD/JPY 1.7pips 1.5pips
EUR/JPY 2.3pips 2.0pips
GBP/JPY 2.9pips 2.6pips
AUD/JPY 2.2pips 2.2pips
EUR/USD 1.9pips 1.8pips
GBP/USD 2.5pips 2.3pips
AUD/USD 1.8pips 1.8pips
USD/TRY 126.1pips 127.1pips

プロスプレッドの手数料込みのスプレッドで比較すると、スタンダード口座より多少スプレッドが狭くなるといった感じです。

BigBossのスプレッドを他の海外FX業者と比較してみた

次に、BigBossの平均スプレッドを他の海外FX業者と比較していきましょう。

海外FX業者の多くは複数の口座タイプを用意していて、主に「スタンダード口座」と「低スプレッド口座」に分けられます。

  • スタンダード口座
    取引ソフトで提示されるスプレッドにFX業者への手数料が含まれる口座タイプ
    例:BigBossのスタンダード口座、XMのスタンダード口座
  • 低スプレッド口座
    取引ソフトでは市場の生スプレッドが提示され、取引手数料を別途徴収する形式の口座タイプ
    例:BigBossのプロスプレッド口座、XMのゼロ口座

今回は、「スタンダード口座」と「低スプレッド口座」の2つの区分で平均スプレッドを比較していきます。

スタンダード口座の平均スプレッドを比較

BigBoss
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
HotForex
プレミアム口座
USD/JPY 1.7pips 1.8pips 1.4pips 1.3pips 1.7pips
EUR/JPY 2.3pips 2.6pips 1.5pips 1.5pips 1.6pips
GBP/JPY 2.9pips 4.1pips 2.0pips 2.3pips 3.0pips
AUD/JPY 2.2pips 3.4pips 1.9pips 1.7pips 2.6pips
EUR/USD 1.9pips 1.8pips 1.2pips 1.2pips 1.1pips
GBP/USD 2.5pips 2.4pips 1.5pips 1.7pips 1.7pips
AUD/USD 1.8pips 1.8pips 1.7pips 1.4pips 1.7pips
USD/TRY 126.1pips 245.3pips 72.0pips 147.0pips 233.8pips

通貨ペアの中で最も平均スプレッドが小さい部分を赤文字にしています。

海外FXの中で人気の4業者と比較すると、

残念ながらBigBossの平均スプレッドは並程度という印象です。

里奈

ボーナスキャンペーンを削り、スプレッドの狭さに特化しているAXIORYやTitanFXはやはり強いですね!

低スプレッド口座の平均スプレッドを比較

BigBoss
プロスプレッド口座
(手数料込み)
XM
Zero口座
(手数料込み)
AXIORY
ナノスプレッド口座
(手数料込み)
TitanFX
ブレード口座
(手数料込み)
HotForex
ゼロスプレッド口座
(手数料込み)
USD/JPY 1.5pips 1.2pips 1.0pips 1.0pips 1.1pips
EUR/JPY 2.0pips 1.7pips 1.1pips 1.2pips 1.9pips
GBP/JPY 2.6pips 2.7pips 1.6pips 2.0pips 1.8pips
AUD/JPY 2.2pips 2.3pips 1.3pips 1.4pips 2.0pips
EUR/USD 1.8pips 1.2pips 0.8pips 0.9pips 1.1pips
GBP/USD 2.3pips 1.4pips 1.1pips 1.4pips 1.3pips
AUD/USD 1.8pips 1.5pips 1.1pips 1.1pips 1.5pips
USD/TRY 127.1pips 231.8pips 69.7pips 146.7pips 379.3pips

次に低スプレッド口座で比較してみました。

BigBossのプロスプレッド口座の平均スプレッドは、一部で他業者を上回る通貨ペアはあるものの、

「全体的にスプレッドが広い」という印象を受けます。

BigBossのスプレッドは狭いって噂は嘘だったの…?

A子さん

BigBossのスプレッドは取引ボーナスを考慮するとかなり狭い!

平均スプレッドで他業者と比較すると、どうしてもBigBossは見劣りしてしまいますね…

しかし、BigBossには「取引ボーナス」というシステムが存在します。

取引ボーナスというのは、実際にトレードをする度に、取引高に応じたボーナスクレジットが付与されるというものです。

BigBossでは、1ロットの往復取引あたり、4ドル相当のボーナスが受け取れます!

里奈

取引ボーナスは、BigBossの常設企画なので、取引をすればいつでもボーナスの還元が受けられます。
BigBossのボーナスについては、下の記事で詳しく解説しています。 BigBossのボーナスを徹底調査|種類や受け取り方法を解説! 取引ボーナスをスプレッドコストに含めて考えると、BigBossのスプレッドはかなり狭くなります。

もう一度「スタンダード口座」と「低スプレッド口座」で比較してみます。

スタンダード口座の平均スプレッドを比較(BigBossの取引ボーナスを考慮)

BigBoss
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
TitanFX
スタンダード口座
HotForex
プレミアム口座
USD/JPY 1.3pips 1.8pips 1.4pips 1.3pips 1.7pips
EUR/JPY 1.9pips 2.6pips 1.5pips 1.5pips 1.6pips
GBP/JPY 2.5pips 4.1pips 2.0pips 2.3pips 3pips
AUD/JPY 1.8pips 3.4pips 1.9pips 1.7pips 2.6pips
EUR/USD 1.5pips 1.8pips 1.2pips 1.2pips 1.1pips
GBP/USD 2.1pips 2.4pips 1.5pips 1.7pips 1.7pips
AUD/USD 1.4pips 1.8pips 1.7pips 1.4pips 1.7pips
USD/TRY 122.1pips 245.3pips 72pips 147pips 233.8pips

スタンダード口座で比較すると、

主要な通貨ペアでも取引コストがトップクラスに低くなります。

里奈

人気のドル円も、低スプレッドで有名なTitanFXと肩を並べる水準です!

低スプレッド口座の平均スプレッドを比較(BigBossの取引ボーナスを考慮)

BigBoss
プロスプレッド口座
XM
Zero口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
ブレード口座
HotForex
ゼロスプレッド口座
USD/JPY 1.1pips 1.2pips 1.0pips 1.0pips 1.1pips
EUR/JPY 1.6pips 1.7pips 1.1pips 1.2pips 1.9pips
GBP/JPY 2.2pips 2.7pips 1.6pips 2.0pips 1.8pips
AUD/JPY 1.8pips 2.3pips 1.3pips 1.4pips 2.0pips
EUR/USD 1.4pips 1.2pips 0.8pips 0.9pips 1.1pips
GBP/USD 1.9pips 1.4pips 1.1pips 1.4pips 1.3pips
AUD/USD 1.4pips 1.5pips 1.1pips 1.1pips 1.5pips
USD/TRY 123.1pips 231.8pips 69.7pips 146.7pips 379.3pips

低スプレッド口座で比較すると、並程度のスプレッド水準まで下がります。

特に、「低スプレッド口座ではボーナスが一切付与されない」という業者が多いです。

その点、BigBossのプロスプレッド口座は全てのボーナスプログラムの対象なので、有利と言えますね!

ボーナスをスプレッドに含めて考えるのは強引?

「取引ボーナスで実質スプレッドが狭くなる」というのは、あくまでもスプレッドにボーナス分を織り込んで考えればの話です。

短期的な取引であれば、ボーナスはただの出金できない証拠金に過ぎません。

実際にネット上では、

ボーナスをスプレッドに織り込んで考えるのは強引では?

A子さん

という意見もみられます。

しかし、長く取り引きする場合であれば、それは結局出金せずに、「現金+ボーナス」で現金を生み出していくことになるので、

緩やかに「現金:ボーナス」比の、現金の割合が増えていきます。

里奈

ビックボスで腰を据えて長期的に取引出来る場合は、取引ボーナスの恩恵を受けやすいと考えるのが正しいですね!
試し使い程度であれば、取引ボーナスによるスプレッドの圧縮は実感しにくい現状があると思います。

XMとBigBoss、スプレッド面で有利なのはどっち?

BigBossには取引ボーナスがありますが、XMにも取引ごとにポイントが貯まる制度「ロイヤルティプログラム」が存在します。

貯めたポイントは「現金」または「ボーナスクレジット」に交換が可能です。

里奈

取引をすれば自動的にボーナスが反映されるBigBossとは異なり、ポイントは任意のタイミングで交換する必要があります。また、現金への還元率は著しく低いため、通常はボーナスクレジットへ交換する場合が多いです。
そこで今回は、XMのロイヤルティプログラムによるボーナスを考慮したスプレッドも比較してみます。

XMで取引毎に発生するXMポイントは、会員ステータスによって変化します。


会員ステータスは、取引を行った日数で以下のように変化します。

  • EXECTIVE(エグゼクティブ)
    口座開設時のステータスで最も下のランク
  • GOLD(ゴールド)
    取引期間30日以上
  • DIAMOND(ダイヤモンド)
    取引期間60日以上
  • ELITE(エリート)
    取引期間100日以上

次に、1ロットの往復取引で受け取れるボーナス額を、会員ステータスごとに見てみましょう。

  • EXECTIVE(エグゼクティブ)
    7XMP=2.3ドル=0.23pips
  • GOLD(ゴールド)
    10XMP=3.3ドル=0.33pips
  • DIAMOND(ダイヤモンド)
    13XMP=4.3ドル=0.43pips
  • ELITE(エリート)
    16XMP=5.3ドル=0.53pips

このように、EXECTIVEとELITEでは、1ロットの取引で受け取れるポイントに倍以上の差があります。

それでは、実際にBigBossの取引ボーナス込みの平均スプレッドと表で比較してみましょう。

里奈

ちなみに、XMのゼロ口座はロイヤルティプログラムの対象外なので、スタンダード口座で比較します。

BigBoss
プロスプレッド
手数料

取引ボーナス
XM
スタンダード
EXECTIVE
XM
スタンダード
GOLD
XM
スタンダード
DIAMOND
XM
スタンダード
ELITE
USD/JPY 1.10pips 1.57pips 1.47pips 1.37pips 1.27pips
EUR/JPY 1.60pips 2.37pips 2.27pips 2.17pips 2.07pips
GBP/JPY 2.20pips 3.87pips 3.77pips 3.67pips 3.57pips
AUD/JPY 1.80pips 3.17pips 3.07pips 2.97pips 2.87pips
EUR/USD 1.40pips 1.57pips 1.47pips 1.37pips 1.27pips
GBP/USD 1.90pips 2.17pips 2.07pips 1.97pips 1.87pips
AUD/USD 1.40pips 1.57pips 1.47pips 1.37pips 1.27pips
USD/TRY 123.10pips 245.07pips 244.97pips 244.87pips 244.77pips

「BigBoss プロスプレッド口座」と「XM スタンダード口座」を取引ボーナスを考慮して比較すると、

多くの通貨ペアで、BigBossのプロスプレッド口座が有利ということが判明しました。

XMのボーナス、ロイヤルティプログラムについては、下の記事で詳しく解説しています。 XMの3種類のボーナスを完璧に受け取る方法【大解説】 XMポイント(XMP)の効率的な貯め方&裏技手法を大公開!

BigBossのスプレッドが広がる時間はいつ?取引のポイント

BigBossは変動スプレッド制を導入している為、常にスプレッド値は変動しています。

特に、金融商品の流動性が低くなるタイミングや、マーケットが荒れているタイミングでは、スプレッドが大きく広がる傾向にあるので、注意が必要です。

これは変動スプレッドを導入している業者であればBigBossに限った話ではありませんが、以下の時間帯、タイミングにはスプレッドが広がる傾向にあります。

  • テロや暴動など国際情勢に影響を与える事件
  • 台風や洪水、津波などの自然災害の様な社会経済の動きを止めてしまうような事象
  • 世界的な大企業の倒産(リーマンショックのような)
  • みんなが寝ている早朝
  • 経済指標の発表のタイミング

事前に予測が出来るものからできないものまでありますが、共通して言えるのは、

「取引量が極端に少なかったり、逆に多くなるタイミングには、スプレッドが広がる傾向にある」ということです。

早朝や、経済指標発表時など、事前にスプレッドの拡大が予測できるポイントでは、これらの時間をさけて取引を行うのがおすすめです。

里奈

指標トレードなど、相場の急変動を狙って大きな利益を得る手法もあります。しかし、スプレッドによる損失も大きくなったり、自分の思ったポイントで約定しないなど、様々なトラブルのもとになるのでオススメはできません。

もし、スプレッドが拡大するタイミングで取引をする場合は、

「スプレッドによる損失をカバーできる利益が見込めるか」を見極めてトレードを行うようにしましょう。

問題は予想できない事象が起きた時ですが、こちらに関しても基本手出しはせず、相場が安定してからトレードを再開するのがセオリーです。

BigBossのスプレッドに関する「よくある質問」

BigBossは日本語サービスが充実していることで有名ですが、公式ホームページについても完全日本語対応で分かりやすく記載されています。

里奈

特に、FAQ(よくある質問)はとても内容が充実しています。
もしこの記事を読んで不明点があれば、BigBoss公式サイトのFAQ(よくある質問)を確認してみましょう。

それでもわからなければ、BigBossサポートに問い合わせてみてください。

サポートの種類は以下の2種類です。

  • ライブチャット
    BigBossのホームページ画面右下に案内あり。
    月曜日~金曜日の日本時間 10:00~18:00
  • メールサポート
    support@bigboss-financial.com

BigBossのリアルタイムスプレッドを確認する方法

BigBossのリアルタイムスプレッドは、公式サイトに表示されています。

既に口座開設済みであれば、MT4上でも確認可能ですが、口座開設をしていない方は公式サイトから確認をしましょう。

≫BigBossの公式サイトへ

BigBossはプロスプレッド口座でCFD取引はできる?

BigBossのプロスプレッド口座では、資源エネルギーである原油取引やN225(日経225)やWS30(ダウ30)、NDX(ナスダック100)などのCFD銘柄8種類が取引出来ます。

しかし、ビットコインやリップルなどの仮想通貨は取引できません。

里奈

ちなみにCFD銘柄8種類はレバレッジが50倍で固定となっています。
仮想通貨も含めたCFD取引に対応しているのは「スタンダード口座」ですので注意しましょう。

BigBossの取引コストは日本円でいくら?計算方法を紹介

BigBossの取引手数料はスタンダード口座で無料、プロスプレッド口座で1ロット(10万通貨)当たり片道4.5ドル、往復取引で9ドルとなっています。

1ドル100円で計算すると、9ドル×100円=約900円が1ロットごとに必要な取引コストになります。

里奈

プロスプレッド口座では、取引手数料が別途徴収される代わりに、生のスプレッドが提示されるので、取引ソフト上の為替レートに手数料が上乗せされるマークアップはありません。

BigBossのスプレッドに関するツイートまとめ

BigBossのスプレッドに関する評判を調査してみました。

Twitter上で、BigBossのスプレッドに関する評判を調べてみると、

やはりスキャルピングなど、ポジション保有時間の短いトレードをしているという方が多い印象でした。

里奈

取引ボーナスの観点からも、回数が増えるほうが有利と言えますね!
また、相場が不安定なシーンにおいても、「BigBossのスプレッドは安定している」という声もありました。

実際にBigBossを利用しているユーザーの声を調べてみると、スプレッドに関して、評判は上々のようです。

まとめ

今回は、BigBossのスプレッドについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

スプレッド単体で他業者と比較すると確かに、「並程度」という印象ですが、

取引ボーナスを加味すると大幅にコストが抑えられることがわかっていただけたかと思います。

しかし、継続的に取引をして初めて、取引ボーナスの恩恵が受けられるので、やはりBigBossは長期安定型のトレードが適しているとも感じました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です