低スプレッド×ハイレバなら『BigBoss』がいいかも>>

BigBossのデモ口座の作り方|画像付きで丁寧に解説します

BigBossのデモ口座ってどうやって作るのかな…

A子さん

BigBossといえば、FX初心者にも扱いやすい海外FX業者として、最近人気が急上昇しています。

そしてBigBossにはデモ口座が用意されているので、仮想のお金で取引環境を体験することができます。

デモ口座は『FX業者の取引スペック』を確認したり『トレード手法』を検証するときに便利です。

この記事では、BigBossのデモ口座作成手順を画像付きで丁寧に解説います

また、デモ口座を使う上で押さえておきたいポイントについても紹介していきます。

BigBossのリアル口座の開設方法は、以下の記事で解説しています。 BigBoss 画像着きで丁寧に解説!口座開設のやり方 BigBossの口座開設のやり方|画像付きで丁寧に解説【最新版】

BigBossのデモ口座の作り方


デモ口座を作る前に、まずは対応デバイスについて確認しておきましょう。

BigBossのデモ口座は3つのOSで使うことができます。

BigBossデモ口座の対応OS

  • Windows
  • IOS
  • Android

残念ながら、Mac OSはデモ口座に対応していません。

里奈

リアル口座であれば、Macでも問題なく使えます!
この記事では、パソコン(Windows)の場合と、スマホ(IOS/Android)のどちらのパターンも解説します。

それでは早速、BigBossのデモ口座の作り方の解説に移りましょう。

下記の4ステップで進めます。

  1. デバイスにMT4をインストールする
  2. MT4を起動する
  3. デモ口座作成を選択する
  4. 口座タイプを選んで開設する

Windowsでデモ口座を作成する手順

まずはBigBoss公式サイトからMT4をダウンロードします。

≫BigBossの公式サイト

公式サイトを開いたら、左上の『取引プラットフォーム』⇒『MT4のダウンロード』をクリックします。

そうすると、以下のようなページが開きます。

名前・メールアドレス・国を記入して『PC(Windows)用をダウンロード』をクリックします。

『bigboss4setup.zip』というファイルがパソコンにダウンロードされます。

ダウンロードしたzipファイルを展開しておきます。


展開すると『bigboss4setup.exe』というファイルが出てくるので、これをクリックします。


「はい」をクリックします。

MT4の利用規約が表示されるので『次へ』をクリックすればインストールが開始されます。

インストールが終わったら「完了」をクリックします。

Windowsの場合、デフォルトの設定ではインストール後、デスクトップにBigBoss MT4のショートカットが作成されます。

『BigBoss MetaTrader4』をクリックしてMT4を起動します。

起動すると最初に、以下の画面が表示されます。

この画面は、どのMT4サーバーにログインするのか選択する画面です。

BigBossの全ての取引サーバーが表示されていますが、ここで「BIGSolutions-DEMO2」というデモ口座のサーバーを選択し「次へ」をクリックします。

「新しいデモ口座」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

以下のページに登録情報を記入していきます。

以下を参考に記入していきます。

  • 名前:
    名前を英語で入力します。(例:Rina Sato)
    初期状態だと持っている端末のIDが自動で入っているので、これを消して名前を入力します。
  • E-メール:
    いつもチェックするメールを入力しておくのがオススメです。
  • 電話番号:
    +81を選択します。
    そして電話番号の最初の0を省いて記入します。
    『090-1234-5678』であれば、『9012345678』と入力します。
  • 口座タイプ:
    以下の4パターンから1つを選択する(違いは口座タイプと口座通貨)
    • BBJ-SQ:スタンダード口座(JPY)
    • BBU-SQ:スタンダード口座(USD)
    • BPJ-PRO:プロスプレッド口座(JPY)
    • BPU-PRO:プロスプレッド口座(USD)
  • 証拠金:
    3,000円〜500万円から選択します。
  • レバレッジ:
    100・200・555・999から選択します。

「貴社からのニュースレター受取りに同意します」へのチェックはどちらでもOKです。

BigBossの口座タイプの選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。 BigBoss 口座タイプどれを選べばいい?口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説・スタンダード口座・プロスプレッド口座・FOCREX口座 BigBossの口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説します

デモ口座の情報が表示され、ログインID・パスワードが表示されているので、メモを取っておきます。

「完了」をクリックすればデモ口座開設の手続きは完了し、すぐにログインされデモトレードを開始できる状態となります。

続いて、スマホの手順を見ていきます。

スマホでデモ口座を作成する手順

次にスマホでBigBossのデモ口座を開設する方法を見ていきましょう。

里奈

iPhoneもAndroidも基本的に同じ画面です!
今回はiPhoneの場合で解説します。
最初にBogBoss公式サイトにアクセスします。

左上のメニューをタップして「MT4のダウンロード」をタップします。

画面を下にスクロールすると以下の項目があります。

「AppStoreからダウンロード」をタップして「MetaTrader4」をスマホにインストールします。

里奈

Androidバージョンもこのページから入手できます。
インストールできたらMT4アプリをタップして起動します。

起動すると以下の画面が表示されます。

「デモ口座を開設」をタップします。

すると以下のサーバー選択画面が開きます。

上部にある検索欄に「BIGSolutions」と入力すると「BIGSolutions-DEMO2」というサーバーが出てくるので、こちらをタップします。

以下の画像のように、個人情報・口座情報を入力する画面が表示されます。

任意の個人情報を入力し、希望する口座設定を入力していきます。

口座タイプ・レバレッジ・証拠金の選び方は以下の通りです。

  • 名前:
    名前を英語で入力します。(例:Rina Sato)
    初期状態だと持っている端末のIDが自動で入っているので、これを消して名前を入力します。
  • 電話:
    ご自身の電話番号の最初の「0」を省き、先頭に「81」を付けて入力します。
    また、ハイフンも必要ありません。
    『090-1234-5678』であれば、『819012345678』と入力します。
  • Eメール:
    いつもチェックするメールを入力しておくのがオススメです。
  • 口座タイプ:
    2種類の口座タイプ、2種類の口座通貨から選択します。
    • BBJ-SQ:スタンダード口座(JPY)
    • BBU-SQ:スタンダード口座(USD)
    • BPJ-PRO:プロスプレッド口座(JPY)
    • BPU-PRO:プロスプレッド口座(USD)
  • レバレッジ:
    100・200・555・999の中から選択します。
    基本的には999を選択しておけば問題ありません。
  • 証拠金:
    デモ口座に反映させる架空の資金額を選択します。
    選択できる証拠金は3,000円〜500万円までです。

終わったら、右上にある『登録』をタップします。

登録が完了すると、以下の確認画面が表示されます。

ログインID・パスワードが表示されるので、しっかりとメモしておきましょう。

里奈

スクショでも良いと思います!
『完了』をタップすると同時にデモ口座へログインされ、すぐにデモ口座でトレードが開始できます。

スマホでのデモ口座作成はこれで完了です。

BigBossのデモ口座で取引できない時は?


デモ口座で取引できない事例として、

プロスプレッド口座で発生する「無効な取引」という現象が挙げられます。

プロスプレッド口座のデモ口座では、本来取引することができない通貨ペアやCFD銘柄が一覧に表示される仕様になっています。

取引できない銘柄で注文を出すと「無効な取引」と表示されてしまいます。

プロスプレッド口座で取引できる銘柄は、語尾にproと表記された通貨ペアのみとなっています。

里奈

MetaTraderに上で表示される銘柄をシンボルと言います!
その他の銘柄はスタンダード口座で取引可能なので、スタンダード口座のデモ口座で取引してみてください。

BigBossのデモ口座が作れない時に確認すること


BigBossのデモ口座が開設できない理由として一番多いのが「サーバー名の間違い」です。

デモ口座のサーバー名は「BIGSolutions-DEMO2」です。

うまくデモ口座が作れないときは、もう一度チェックしてみてください。

BigBossのデモ口座で回線不通になる場合

BigBossのデモ口座を作成した後、MT4の右下に「回線不通」と表示される場合があります。

回線不通になる原因は主に3種類考えられます。

  • ネットワーク環境が悪い
  • 正常にログインができていない
  • MT4サーバー側の不具合

まずは、デモ口座に正常にログインできているか確認をしてください。

一度ログアウトをしてみて、再度ログインしても改善しない場合は、ネットワーク環境か、MT4サーバー側の問題だと考えられます。

困ったらBigBossのサポートに問い合わせてみよう

どうしても上手くいかない場合は、BigBossのサポートに問い合わせてみてください。

BigBossのサポート方法は「メール」と「ライブチャット」の2種類です。

まずはBigBossの公式サイトを開きます。

≫BigBossの公式サイトへ

ライブチャットの場合は、右下に窓が表示されるので、ここにメッセージを入力するとサポートが受けられます。

メールで送る場合は、トップページの一番下のフッターにある『当社について』の中の『ご質問・ご要望』をクリックします。

BigBossのデモ口座の注意点は?


BigBossのデモ口座を使うときに、事前に知っておきたい注意点について解説していきます。

①BigBossのデモ口座はMac用MT4で開設できない

上の項目でも少し解説しましたが、

現在Mac OS用のMT4からはデモ口座を開設することができません。

リアル口座であれば問題なく開設できます。

②BigBossのデモ口座とリアル口座の取引環境は全く同じではない

BigBossのデモ口座には、デモ口座専用のMT4サーバーが割り当てられています。

リアル口座とは違うMT4サーバーで仮想の取引をすることになるので、

約定率や約定スピードがリアル口座と完全に同じという事はありません。

ただし、BigBossはもともと約定力が高いFX業者なので、トレードの結果に大きく影響するような差はないという感想です。

BigBossのデモ口座に関する『よくある質問』


BigBossのデモ口座に関連する『よくある質問』をまとめました。

ここにない質問はコメントでも受け付けていますので、気軽に送ってください。

BigBossのデモ口座は何個作成できる?

BigBossのデモ口座は何個作っても大丈夫です。

所持数の上限などもありません。

BigBossのデモ口座に期限はある?

BigBossのデモ口座には期限がないので、無期限で利用することができます。

しかし、1年間利用がなかったデモ口座は自動的に閉鎖されてしまいます。

里奈

デモ口座は何個でも作れるので、口座が閉鎖されてしまったら新しく作りましょう。

BigBossのデモ口座に追加入金する方法は?

デモ口座開設後に追加入金はできません。

もしデモ口座の資金が0になってしまったら、新規デモ口座を作成しましょう。

BigBossのデモ口座をリセットする方法はある?

デモ口座の残高をリセットする方法はありません。

初期状態に戻したい場合は新規デモ口座を再度作成する必要があります。

BigBossのデモ口座は削除できる?

BigBossのデモ口座は、ユーザー側が削除することはできません。

上で開設した通り、1年間取引がない場合は自動的に削除される仕組みなので、使わなくなった場合は放置しておいてOKです。

BigBossのデモ口座でパスワードを変更する方法は?

BigBossのデモ口座のパスワードを変更することはできません。

もしパスワードを忘れた場合には、新たにデモ口座を開設する形になります。

BigBossのデモ口座数に制限はありませんので、いくつでも開設することが可能です。

ただ、また最初から必要事項を入力して新規に口座を開設するのも手間ですので、デモ口座開設の際に表示されるパスワードはメモにとっておくか、スクショしておくことをおすすめします。

なお、リアル口座ではマイページからパスワードの再発行手続きが可能となっています。

BigBossのデモ口座の有効期限は?

BigBossのデモ口座には有効期限がありません。

そのため無期限で利用することが可能です。

ただし、1年間全く利用がなかったデモ口座は自動的に閉鎖されますので注意しましょう。

BigBossのデモ口座のロット数は?リアル口座と同じ?

BigBossのデモ口座のロット数はリアル口座と同じ設定です。

1ロットは10万通貨単位、最小ロット数は0.01ロットとなります。

リアルトレードと同じスケールでの取引が可能で、より実践に近いシミュレーションができると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。