低スプレッド×ハイレバなら『BigBoss』がいいかも>>

BigBossのCFDが稼ぎやすいワケ!理由とオススメ商品を解説

BigBossCFDが稼ぎやすいワケ!理由とオススメ商品を解説

BigBossは海外FX業者の中でも、CFD取引で稼ぎやすい条件が揃っています。

この記事では、BigBossのCFD取引の条件やオススメの銘柄を解説していきます。

里奈

業者間の比較も行っているので、トレードしたいCFD商品に最適な業者を見つけることができますよ!

BigBossのCFD銘柄が稼ぎやすい理由


BigBossのCFD銘柄が稼ぎやすい理由は大きく分けると以下の3つです。

  • 取引手数料無料+スプレッドが狭い
  • 豪華なボーナスを利用できる
  • 少額からトレードを始められる

それぞれ解説していきます。

≫BigBossの口座開設はコチラから BigBoss 画像着きで丁寧に解説!口座開設のやり方 BigBossの口座開設のやり方|画像付きで丁寧に解説【最新版】

取引手数料無料+スプレッドが狭い

BigBossのCFD銘柄は全て取引手数料が無料です。

その上スプレッドが狭い銘柄が多いので、1回のトレードにかかるコストを安くすることができます。

スプレッドや取引手数料などの取引コストが安いことによって、トレードでより多くの利益を得ることができます。

特に暗号通貨のスプレッドは、業界最狭水準となっています。

豪華なボーナスを利用できる

BigBossのCFD取引で利用できるボーナスは、以下の2つです。

  • 入金ボーナスキャンペーン
  • BigBossポイントによるボーナス(暗号通貨CFD)

上記の2種類のボーナスにはクッション機能があるので、そのままCFD取引の証拠金として取引に利用することができます。

また損失が出た場合、口座残高が存在する場合は口座残高から先に消費されますが、残高が0になった後はボーナスが損失をカバーしてくれます。

入金ボーナスは定期的に開かれるキャンペーンで獲得することができます。

また、ボーナスと交換可能なBigBossポイントは、FXと暗号通貨CFDでの取引によっていつでも獲得できます。 BigBossボーナスを徹底調査 種類や受け取り方法を解説!・口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス BigBossのボーナスを徹底調査|種類や受け取り方法を解説!

少額からトレードを始められる

BigBossでは少額からCFD取引を始めることができます。

  • CFD全銘柄のレバレッジは50倍で固定
  • 最小取引数量0.01ロット

レバレッジが50倍かつ最小取引数量は0.01ロットであることから、少額の証拠金からのトレードが可能です。

BigBossのCFD銘柄を一挙紹介

BigBossで取引できるCFD銘柄を全て紹介していきます。

CFD銘柄を大きく分けると以下の4つです。

  • 貴金属(2種類)
  • エネルギー(2種類)
  • 株価指数(7種類)
  • 暗号通貨(30種類)

「貴金属」「エネルギー」「株価指数」では主要銘柄だけを取り扱っていますが、「暗号通貨」の銘柄数が30種類と豊富です。

以下ではそれぞれのCFD銘柄を取引条件と合わせて紹介していきます。

貴金属

貴金属グループは以下の2銘柄です。

銘柄 スプレッド スワップ(買い/売り)
ゴールド(XAUUSD) 1.0ドル -1.76 / 0.49
シルバー(XAGUSD) 1.7ドル -14.86 / 4.1
  • 取引時間(夏時間):平日午前7:00~午前6:00
  • 取引時間(冬時間):平日午前8:00~午前7:00
  • 取引数量:最小0.01Lot/最大50Lot

最低取引数量は0.01Lotで、少量からの取引がしやすくなっています。

買いスワップではどちらもマイナスで、特にシルバーの買いスワップに注意が必要です。

エネルギー

エネルギーは以下の2銘柄です。

銘柄 スプレッド スワップ(買い/売り)
WTI原油(USCrude) 0.08ドル -0.47 / -0.22
ブレント原油(UKBrent) 0.08ドル -0.47 / -0.22
  • 取引時間(夏時間):平日午前7:00~午前6:00
  • 取引時間(冬時間):平日午前8:00~午前7:00
  • 取引数量:最小0.1Lot/最大50Lot

WTI原油とブレント原油はスプレッド・スワップともに同じで、取引条件が一致しています。

株価指数

株価指数は日経やナスダックを含む7銘柄です。

銘柄 スプレッド スワップ(買い/売り)
GER30(DAX) 2.4 -0.75 / -0.47
HSI(香港ハンセン) 8.5 -0.01 / -0.26
N225(日経平均) 16 -1.76 / -1.86
NDX(ナスダック) 6 -1.12 / -1.76
SPX(S&P500) 1.9 -0.65 / -0.90
UK100(FTSE100) 6.8 -0.76 / -0.47
WS30(ダウ平均) 10 -3.94 / -0.45
  • 取引時間(夏時間):平日午前7:00~午前6:00
  • 取引時間(冬時間):平日午前8:00~午前7:00
  • 取引数量:最小0.1Lot/最大50Lot

現物株式の取引時間とは異なり、早朝の1時間を除く平日ほぼ24時間取引できます。

暗号通貨

暗号通貨の銘柄は30種類と豊富で、土日を含む24時間365日取引することができます。

銘柄のバリエーションが豊富で、以下のような珍しい暗号通貨も取引できます。

  • ADA(カルダノ)
  • AXS(アクシー・インフィニティ)
  • BNB(バイナンスコイン)
  • DOGE(ドージコイン)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XLM(ステラ)

特徴として、暗号通貨CFDは暗号通貨とUSDT(テザー)・JPYT(USDT/ドル円)のペアとなっています。

里奈

USDTはペッグ通貨と呼ばれ、価格変動が生じにくいという特徴を持っています。
全銘柄スプレッドが非常に狭いので、MT4などでチャートを確認して頂ければと思います。

銘柄 スプレッド
ADAJPYT 1.9
ADAUSDT 0.0015
AXSJPYT 5.9
AXSUSDT 0.033
BCHJPYT 35
BCHUSDT 0.23
BNBJPYT 2,9
BNBUSDT 0.19
BTCJPYT 2940
BTCUSDT 18.8
DOGEJPYT 0.022
DOGEUSDT 0.00016
DOTJPYT 2.4
DOTUSDT 0.015
ENJJPYT 0.30
ENJUSDT 0.0020
EOSJPYT 0.38
EOSUSDT 0.0029
ETHJPYT 254
ETHUSDT 1.73
LTCJPYT 23
LTCUSDT 0.14
NEOJPYT 3.8
NEOUSDT 0.021
UNIJPYT 2.6
UNIUSDT 0.017
XLMJPYT 0.032
XLMUSDT 0.00022
XRPJPYT 0.15
XRPUSDT 0.0013
  • 取引時間(夏時間):午前6:05~午前6:00
  • 取引時間(冬時間):午前7:05~午前7:00
  • 取引数量:最小0.01Lot/最大1Lot
  • BigBossポイントによるボーナス:1ロットの取引毎に0.3ドル

BigBossポイントの詳細は、公式サイトの「取引」⇒「BigBossポイントについて」で確認できます。

≫BigBoss公式サイトはコチラ BigBossボーナスを徹底調査 種類や受け取り方法を解説!・口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス BigBossのボーナスを徹底調査|種類や受け取り方法を解説!

BigBossの扱っているexコインとは?

BigBossの暗号通貨専用プラットフォームFOCREXでは「EXコイン(EXcoin)」を取引することができます。

EXコインとはBigBossのみで取引可能な、日本人によって開発された暗号通貨です。

EXコインにはブロックチェーン技術が使われておらず、通貨・口座・取引のそれぞれに暗号化されたIDが割り振られ、この全てのIDをAIが同時に参照して取引を認証するという独自の技術が使用されています。

そのためEXコインは、

ビットコインやイーサリアムとは一線を画す暗号通貨と言えるでしょう。

また、EXコインは価格が保証されているという特徴があります。
EXコインの価格は最高値の半値以下にはなりません。

仮に最高値に半値まで下落した場合はシステムが買い支えを行うというアルゴリズムが組まれており、マイナー通貨にみられるような暴落は起こらない仕組みになっています。

一部ではビットコインのようなブロックチェーンによる分散型管理システムよりも、EXコインの方が安全でコストを低く抑えることができるとする見方もあり、今後のさらなる発展が期待されています。

なお、EXコインはBigBossの「FOCREX口座」のみの取り扱いです。

里奈

暗号通貨CFDでの取り扱いはありませんので注意してください!
BigBoss 口座タイプどれを選べばいい?口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説・スタンダード口座・プロスプレッド口座・FOCREX口座 BigBossの口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説します

BigBossのCFD商品のレバレッジは?


CFD銘柄のレバレッジは、全ての銘柄で50倍で固定です。

固定レバレッジでは、口座残高や取引量などによってレバレッジが変更されることがありません。

必要証拠金は以下の式で計算することができます。

必要証拠金の公式

必要証拠金=オープン価格 × 契約サイズ × 取引数量 ÷ 50

※オープン価格とは約定した価格のことで、契約サイズ(1Lotのサイズ)はMT4の銘柄の仕様から確認できます。

主要銘柄の必要証拠金は以下の通りです。

銘柄 0.1ロットの必要証拠金
ゴールド 約42,000円
原油 約17,000円
日経平均 約59,000円
ダウ平均 約81,000円
ビットコイン 約13,200円

必要証拠金は価格変動により常に変動しているので、あくまで参考までにご覧ください。

貴金属と暗号通貨の最小取引数量は0.01Lotなので、更に少ない証拠金で取引可能です。

≫BigBoss公式サイトはコチラ

BigBossのCFD商品で稼ぎやすいのは?


ここではBigBossのCFD商品でも特に人気で稼ぎやすいオススメの銘柄を紹介していきます。

稼ぎやすいCFD銘柄

  • 原油
  • 日経225
  • NDX
  • ゴールド
  • ビットコイン

BigBossのオススメCFD:原油

原油の価格は原油の需給に大きな影響を受けるという特徴を持っています。

原油の価格変動要因としては、コロナでの需要減少や産油国の経済政策などが挙げられます。

コロナショックにより原油価格が暴落して以降高値を更新し続けており、今後の需給の予測やテクニカル分析などによって利益を得られるチャンスが多い商品です。

BigBossでは原油を以下の条件でトレードできます。

原油のトレード条件

  • レバレッジ50倍
  • スプレッド0.08ドル
  • 最小取引数量0.1Lot
  • 取引手数料無料
  • 入金ボーナス(キャンペーン時)

原油は1日に2ドル以上変動することを踏まえればスプレッド0.08ドルはとても狭く、短期売買でも利益を得やすいです。

仮に0.1Lotで取引した場合、スプレッド0.08ドル分のマイナス880円から取引が開始されます。

最小取引数量である0.1Lotの場合では、約17,600円という少ない証拠金で取引を始めることができます。(原油80ドル、ドル円110円の場合)

また、キャンペーン時にはボーナスを取引に利用することができるので、より少額の入金から取引を開始することができます。

BigBossのオススメCFD:日経225

日経225(N225)はボラティリティが高いのが特徴であり、他の株価指数と比べても稼ぎやすい商品のひとつです。

日経225というのは、東証上場銘柄のうちの代表的な225銘柄をもとに計算されています。

そのため、日本経済の動きを肌で感じることのできる日本のトレーダーに向いている商品と言えるでしょう。

値動き自体もドル円と連動することが多く、かつ東京市場が開いている時間帯に大きく動くことが多いため、トレードがしやすい点も特徴としてあげられます。

また、ドル円と比べてみても、日経225の方がボラティリティが高いケースの方が多く、その点も稼ぎやすさの要因になります。

なお、BigBossでは日経225を以下の条件でトレードすることが可能です。

  • 日経225の取引条件
  • レバレッジ50倍
  • スプレッド15.0pips
  • 最小取引数量 0.1Lot
  • 取引手数料無料

BigBossのオススメCFD:NDX

NDXとはナスダック100指数のことです。

ナスダック100指数は、アメリカの代表的な証券市場であるナスダック市場に上場している企業のうち、時価総額上位の約100銘柄を指数化したものになります。

ちなみに、ナスダック100指数を構成している時価総額上位の企業は以下の通りです。

時価総額ランキング 会社名
1位 Apple Inc(アップル)
2位 Microsoft Corp(マイクロソフト)
3位 Amazon.com Inc(アマゾン・ドット・コム)
4位 Tesla Inc(テスラ)
5位 NVIDIA Corp(エヌビディア)
6位 Alphabet Inc(アルファベット)
7位 Meta Platforms Inc(メタプラットフォーム)
8位 Adobe Inc(アドビ)
9位 Netflix Inc(ネットフリックス)
10位 Comcast Corp(コムキャスト)

ナスダック自体がハイテク株やIT関連の企業の占める割合が多く、かつナスダック100指数には金融業の銘柄が入っていませんのでこのような誰もが知るテック企業が上位を占める形になります。

ちなみにナスダック100指数のチャートは以下の通りです。

直近では下げているものの、非常にわかりやすい右肩上がりのチャートになっています。

ナスダック100指数を構成している企業の顔ぶれからもわかるように、この先下落し続けるとはあまり考えられません。

値動きが予想しやすいという意味で、ナスダック100指数は稼ぎやすいと言えるでしょう。

なお、BigBossではナスダック100指数(NDX)を以下の条件でトレードすることができます。

  • レバレッジ50倍
  • スプレッド5.9pips
  • 最小取引数量 0.1Lot
  • 取引手数料無料

BigBossのオススメCFD:ゴールド

ゴールドは原油や日経と並ぶ人気商品で、市場参加者が多く値動きが激しいため、利益を得られる機会が多い商品です。

景気が低迷して株式や債権など金融資産の価値が不安定となった際に、実物資産である金の価格が上昇します。

実際にコロナによる世界的な不景気の中で、ゴールドの対ドル価格は過去最高値を更新しています。

BigBossでは以下の取引条件でゴールドを取引できます。

ゴールドの取引条件

  • レバレッジ50倍
  • スプレッド1.0ドル
  • 最小取引数量0.01Lot
  • 取引手数料無料
  • 入金ボーナス(キャンペーン時)

1日に数十ドル以上動くゴールドの価格変動幅に対してスプレッドは狭く、利益を得やすいです。

最小取引数量である0.01Lotの必要証拠金は約4200円なので、少額から取引を始めることができます。

入金ボーナスキャンペーンのタイミングを狙うことで、ボーナスを利用した取引も可能です。

BigBossでゴールドが取引できないときに確認すべきこと

BigBossでゴールド(xau)が取引できないときに確認すべきことは次の3点です。

  • 口座タイプ
  • 証拠金残高
  • 取引時間

BigBossでのゴールドの取り扱いはスタンダード口座のみとなります。

BigBossではゴールドに限らず全てのCFD商品はスタンダード口座でのみ取引可能です。

次に証拠金残高を確認するべきなのは、FXの通貨ペアとCFD商品ではレバレッジに違いがあるからです。

BigBossのFXの最大レバレッジは999倍ですが、ゴールドは50倍になります。

そのためFXの感覚でゴールドを取り引きすると、必要証拠金不足ということが起こり得ますので注意しましょう。

最後に取引時間ですが、CED商品の取引時間は以下の通りになります。

  • 夏時間:月曜日午前7時~土曜日午前6時まで
  • 冬時間:月曜日午前8時~土曜日午前7時まで

同じCFD商品でも暗号通貨は土日を含む24時間取引可能です。

里奈

ゴールドに関しては取引時間が決まっていますので混同しないようにしましょう!

BigBossのオススメCFD:ビットコイン

ビットコインとは、値上がりを続けている暗号通貨市場の中でも、最も取引量が多い人気商品です。

市場参加者が多い分利益を得られるチャンスが多く、他のCFD銘柄やFXで取引できない土日にもトレードで利益を得ることができます。

BigBossでは以下の条件でビットコインを取引できます。

ビットコインの取引条件

  • レバレッジ50倍
  • スプレッド18.8ドル(BTCUSDT)
  • 最小取引量0.01ロット
  • 取引手数料無料
  • BigBossポイントによるボーナス+入金ボーナス
  • 24時間365日取引可能

里奈

BTCUSDTとBTCUSDの価格や値動きはほぼ同じです

他社のスプレッドは25ドル〜80ドル程度となっているのに対して、BigBossでのスプレッドは18.8ドルと非常に狭いです。

ビットコインは1分間に100ドル以上、1日では数千ドル以上動くことは普通なので18.8ドルというスプレッドはとても利益を得やすいことがわかります。

最小取引数量は0.01ロットなので、約1,300円の証拠金から取引を始められます。

また、取引ボーナス・入金ボーナスなどで獲得したボーナスを証拠金や損失補填に利用することができます。

BigBossのCFD取引を他社と比較


以下の項目について、人気業者であるXM・AXIORY・TitanFXと比較を行っていきます。

比較項目

  • 取扱銘柄
  • 最大レバレッジ
  • スプレッド
  • ボーナス

前提として、全ての業者でゼロカットが採用されており、口座残高が0以下になっても追証は発生せず、入金額以上の損失が出ることはありません。

取扱銘柄を比較

各業者で取扱銘柄は異なり、その業者でしか取引できない銘柄も存在します。

BigBoss XM AXIORY TitanFX
貴金属 2種類 4種類 5種類 11種類
エネルギー 2種類 5種類 5種類 4種類
株価指数 7種類 14種類 10種類 21種類
暗号通貨 30種類 0種類 0種類 23種類

BigBossは他業者と比べると、「貴金属」「エネルギー」「株式指数」の主要銘柄しか取り扱っておらず、マイナーなCFD銘柄は少ないです。

一方で暗号通貨の銘柄数は豊富で、BigBossでしか取引できないマイナーな暗号通貨も取引することができます。

TitanFXの暗号通貨は土日に取引を行うことができませんが、BigBossでは24時間365日取引できる点も重要なポイントです。

最大レバレッジを比較

レバレッジが高いほど、少ない資金でCFD取引を始めることができます。

BigBoss XM AXIORY TitanFX
貴金属 50倍 1000倍 100倍 500倍
エネルギー 50倍 66倍 20倍 500倍
株価指数 50倍 200倍 100倍 500倍
暗号通貨 50倍 なし なし 20倍

BigBossのレバレッジは全銘柄で固定50倍と安定感があり、最低取低数量が少ないので少額から取引できる業者です。

TitanFXやXMなどのハイレバレッジな取引が可能な業者も存在するので、更に少額から取引したい場合はレバレッジの高い業者を選びましょう。

スプレッドを比較

スプレッドは取引のたびに発生するコストなので、短期売買になるほど重要視すべき要素です

BigBoss XM AXIORY TitanFX
ゴールド 1.0 0.35 0.26 0.28
WTI原油 0.08 0.06 0.06 0.07
日経平均 16 12 9 9
ビットコイン 18.8 なし なし 40

上記は各業者の取引手数料を含んだスプレッドの数値です。

BigBossのスプレッドは狭いですが、ゴールドや日経など銘柄によっては更に狭い業者も存在しています。

CFD銘柄は価格変動が大きいのでスプレッドの影響は少ないですが、短期売買を行う場合はよりスプレッドの狭い業者を選びましょう。 BigBossのスプレッドはかなり狭い!その理由を解説します BigBossのスプレッドはかなり狭い!その理由を解説します

ボーナスを比較

ボーナスは証拠金として利用したり、残高0でも損失を補填してくれるメリットがあります。

業者名 ボーナス
BigBoss 入金ボーナス

BigBossポイントによるボーナス

XM 入金ボーナス

取引ボーナス

AXIORY 入金ボーナス(損失補填はできない)
TitanFX なし

BigBossとXMでは入金した際にボーナスが付与される入金ボーナスキャンペーンや、取引量に対してボーナスが付与される取引ボーナスを受け取って、CFD銘柄を取引できるメリットがあります。 BigBossボーナスを徹底調査 種類や受け取り方法を解説!・口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス BigBossのボーナスを徹底調査|種類や受け取り方法を解説!

BigBossのCFD取引の注意点


BigBossでCFD取引をする際には以下の4つに注意しましょう。

CFD取引の注意点

  • CFDはスタンダード口座でしか取引できない
  • 水曜日のスワップは3日分反映される
  • 暗号通貨のスワップは1日3回反映される

CFDはスタンダード口座でしか取引できない

BigBossの口座タイプにはスタンダード口座とプロスプレッド口座があります。

しかし、CFD銘柄を取引できるのはスタンダード口座だけなので、持っていない人はマイページから追加口座を開設しましょう。 BigBoss 口座タイプどれを選べばいい?口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説・スタンダード口座・プロスプレッド口座・FOCREX口座 BigBossの口座タイプごとの特徴・選び方を徹底解説します

水曜日のスワップポイントは3日分反映される

暗号通貨を除くCFD銘柄のスワップポイントは、水曜日に土日分もまとめた3日分のスワップポイントが反映されるため、スワップ反映金額がそれ以外の曜日より大きくなります。

3日分のスワップが反映されるタイミングは以下の通りです。

  • 木曜日午前6:00(夏時間)
  • 木曜日午前7:00(冬時間)

暗号通貨のスワップは1日3回反映される

暗号通貨では1日3回スワップポイントが反映される調達スワップ方式を採用しています。

スワップポイントの反映時間は以下の通りです。

暗号通貨のスワップポイント反映時間(日本時間)

  • 15:05
  • 13:05
  • 21:05

最新のスワップはBigBoss公式サイト「BigBossのスワップについて」で確認できます。

≫BigBossの公式サイトはコチラ

暗号通貨CFDの短期取引は手数料が発生する

暗号通貨CFDは基本的に取引手数料がかかりませんが、

新規注文から5分以内で決済した場合には手数料が発生します。

手数料は片道取引金額の0.2%(往復0.4%)です。

まとめ


BigBossのCFD取引の条件や銘柄の紹介は以上になります。

BigBossはレバレッジ・スプレッドともに安定感がある業者で、どの銘柄も稼ぎやすく少額で取引を行える環境となっています。

また、スタンダード口座1つでFX・CFD全ての銘柄を取引できる利便性の高さも魅力です。

取引手数料無料でボーナスが豊富なので、FXとCFDを取引したい方には魅力的な口座ではないでしょうか。

≫BigBossの口座開設はコチラ(BigBoss公式サイト) BigBoss 画像着きで丁寧に解説!口座開設のやり方 BigBossの口座開設のやり方|画像付きで丁寧に解説【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。