低スプレッド×ハイレバなら『BigBoss』がいいかも>>

AXIORYで出金拒否のトラブルはある?信頼性を徹底検証

AXIORYは信頼できる?

A子さん

B子さん

AXIORYは出金拒否するの?

FXで利益を得ても、出金拒否されたら意味がないですよね。

海外FXでは出金拒否が多いので、特に注意して信頼性の高い業者を選ぶ必要があります。

この記事では AXIORY(アキシオリー)の出金拒否の口コミや信頼性に関する情報を徹底検証して解説していきます。

AXIORYが信頼できる業者なのか、確かめていただければ幸いです。

AXIORYの口座開設のやり方|画像付きで丁寧に解説します

AXIORYに出金拒否はある?


結論から言うと、

AXIORYで業者側の悪質な出金拒否は皆無です。

しかし、利用規約に違反した一部のトレーダーに対しては、出金拒否を行っていると考えられます。

出金拒否の原因となる規約(禁止事項)には以下のようなものがあります。

出金拒否されるAXIORYの禁止事項について解説していきます。

AXIORYで禁止されている取引方法

AXIORYが禁止している取引方法は次の通りです。

  • 裁定取引:取引所ごとの価格差やレートエラーを利用して利益を得る手法など
  • 高頻度取引:高速で連続した取引を繰り返す行為
  • 他業者との両建て:AXIORYとその他のFX業者で両建てする行為

裁定取引(アービトラージ)の中でも、遅延価格差を利用したものとレートエラーを利用した取引が禁止となっています。

また、他業者との両建ては裁定取引に当たるため禁止です。

高頻度取引(HFT)は異常に連続した発注と決済を繰り返す行為を指し、サーバーに高い負荷をかけるため禁止となっています。

AXIORYでは、その他の取引方法について一切制限がありません。

  • スキャルピング:数秒単位で売買を行う取引のこと
  • 自動売買(EA):自動売買システムを用いた取引のこと
  • 両建て:同一銘柄で、売りと買いを同時に発注し、両方のポジションを保有すること
  • 経済指標トレード:経済指標によって急変動する市場を狙って取引すること
  • 窓埋め・窓開けトレード:早朝の市場オープンの際に価格が大きく開いた時を狙って取引すること

禁止されていることが多い上記の取引について、全く制限なく取引できます。

このようにAXIORYには取引制限がほとんどないため、どのような取引によって利益を得ても出金拒否されることはありません。

AXIORYの取引時間はいつ?|夏時間についても徹底解説!

AXIORYで禁止されている出金方法

AXIORYでは出金ルールを設けており、守らなかった場合は出金拒否される可能性があります。

  • クレジットカードへ利益の出金はできない
  • 一度も入金に利用したことがない方法では出金できない
  • 他人名義の口座へは出金できない
  • ポジション保有中の出金は可能だが、証拠金維持率100%を下回る場合は不可

カードへは利益を出金することができないため、カード入金額をカードへ出金申請後に利益額は別の方法で出金しなければなりません。

ポジション保有中の出金では、保有ポジションの必要証拠金の合計額が口座残高に残る範囲でのみ出金が可能となっています。(証拠金維持率100%を下回らない範囲でのみ可能)

AXIORYで理不尽な出金拒否はある?トラブルの報告をリサーチ


AXIORYで理不尽な出金拒否があるのか、Twitter・ネット掲示板・FPA等を丁寧に調査しましたが、1件も確認できませんでした。

FPAなどの海外在住者のレビューでは、サービス提供終了による口座閉鎖への苦情やMAM口座による損失の苦情などが見つかりますが、AXIORY側に非がある内容のものは確認できません。

理不尽な出金拒否以前に、出金拒否の報告自体が見当たらないため、ここでは過去に話題になった出金トラブルについて紹介します。

Bitwalletからの提携解除

オンラインウォレットサービスであるBitwalletはAXIORYで利用できました。

しかし2019年2月にBitwalletから提携解除がアナウンスされ、解除理由を「AXIORYは銀行取引停止処分を受けている」と発信されたため、AXIORYから出金する顧客が相次いで出金遅延が生じる事態になりました。

銀行停止処分を受けているとすればFX業者の信頼性に関わりますが、実際はSparkasse銀行がユーロ圏以外へのサービス提供を停止したため、円満に業務提携を終了していただけだったようです。

その後ユニオン銀行と提携し、現在はドーハ銀行をメインバンクとして提携しており、AXIORYは問題なく運営しています。

相次いだ出金手続きも最終的には問題なく完了しているようで、現在では全く問題なかったという結論になっています。

ドル送金停止による出金停止

2017年にドル建てで出金できないトラブルが発生しており、解消されるまで円建てもしくはユーロ建てでの送金で対応していました。

ドル建てで出金できない理由は中継銀行の規約変更によるものだったため、中継銀行を変更することで数ヶ月後にはドル建てで出金が可能になっています。

AXIORYの出金拒否に関する口コミはある?


AXIORYの出金拒否に関する口コミや、「出金拒否がない業者」という内容の口コミしかなく、出金拒否されたという内容はないようです。

また、ボーナスを利用したノーリスクトレードが可能となっていた時期があり、ボーナス口座での出金拒否を懸念するものなどがあります。

Twitterに投稿された出金拒否に関する口コミを紹介していきます。

入金ボーナスを受け取った後、口座から資金移動してもボーナスが消滅しない仕様を利用して、ボーナスだけの口座を作りトレードするといった内容です。

現在は規約変更されて不可能ですが、結局は出金拒否することなく着金できたようです。

出金拒否を行わない業者として広く認知されているようです。

また、以下のような出金報告は多数確認することができます。

AXIORYの金融ライセンスについて調査


金融ライセンスは投資事業を行う際に必要となる許可証です。

AXIORYはベリーズという国を所在地として運営を行なっているため、ベリーズの金融ライセンス「金融サービス委員会(FSC)」を取得しています。

FSCの公式サイトにもAXIORYとライセンス番号の記載を確認することができます。

AXIORYの金融ライセンス等の会社概要は以下の通りです。

会社名 Axiory Global Ltd.
所在地 No.1 Corner of William Fonseca Street,Marine Parade,Belize City,Belize,C.A.
金融ライセンス FSC(Financial Services Commission)ライセンス番号:000122/267

※FSCは2022年1月よりIFSCからFSCへ名称変更されています。

ベリーズの金融ライセンスは信用できる?

金融ライセンスの規制要件も発行する国によって異なっており、要件が厳しいものほど信頼性が高いと考えられます。

ベリーズの金融ライセンスを取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

規制要件の一部を紹介

  • ベリーズの法律を遵守する
  • FSCが認可する金融機関に最低500,000ドルの資本金を常に預けておく
  • 顧客に月次明細書を提出する
  • 顧客資金は分離口座で管理する
  • 四半期財務報告をIFSCに提出する
  • 顧客からの苦情に迅速に対応する
  • マネーロンダリング取引を特定・回避する
  • 外国為替取引の年間ライセンス料25,000ドル

500,000ドルの資本金を用意でき、ライセンス料の支払いや分別管理、財務情報の提出などを義務付けているようです。

他の金融ライセンスと比較しても、資本金要件・ライセンス料が高く、顧客対応や財務状況などの経営面の要件も充実していることから、信頼性は高いと考えられます。

損害補填や信託保全の義務などの要件は設けられていませんが、AXIORYでは独自に損害補填と信託保全の制度を導入しているため、その点も安心できます。

要件に違反した場合はライセンス取り消し、罰金などの措置が取られるほか、FSCの公式サイトで警告がなされますので、ライセンスを保有できていることはAXIORYの経営状態が健全である指標になるかと思われます。

AXIORYが信頼できる理由


AXIORYの信頼性がわかる要点をいくつかピックアップして解説していきます。

AXIORYの信頼性

  • 金融ライセンスを取得している
  • AXIORYが破綻しても口座資金は全額返還される
  • 取引方式の信頼性が高い
  • 約定スピード・スリッページ率・スプレッドを公開している
  • AXIORYとトラブルが生じても、外部機関によって最大2万ドルの補償が受けられる
  • 完全日本語のサポートを受けられる
  • サーバーダウンの際に、損失補填した実績がある

金融ライセンスを取得している

AXIORYはベリーズで金融ライセンスを取得しており、行政機関から認可・規制・監視を受けている点で非常に信頼性が高まります。

ベリーズの金融ライセンスは規制要件が充実しており、投資家は十分に保護されていると考えられます。

また、ベリーズは資本金要件の引き上げなど金融ライセンスの規制強化を実施している実績があるため、今後も信頼性の高い金融ライセンスとしての期待が持てます。

AXIORYが破綻しても口座資金は全額返還される

AXIORYの取引口座へ入金された資金は、信託保全先であるドーハ銀行の信託口座で管理され、AXIORY破綻時には第三者機関によって全額が返還される仕組みになっています。 

返還対象となるのは口座資金全てとなりますので、入金額・確定損益・未決済損益です。

入金額及び運用利益全てが返還されるので、顧客資金は完全に保全されている形となります。

信託口座の引き出し権限は顧客と第三者機関が有しており、破綻の際はAXIORYの承諾なく預金を引き出すことができる仕組みです。

信託口座とAXIORYの運営資金は分離されており、AXIORY破綻時に債務の返済に充てられることもありません。

取引方式の信頼性が高い

取引にはNDD方式とDD方式の2つあり、AXIORYが採用するNDD方式は、AXIORYと顧客との間に利益相反が生じない取引方式であるため、安心して利益を獲得することができると言えます。

反対にDD方式ではFX業者と顧客は利益相反の関係にあるため、顧客が稼いだ利益は業者の損失となってしまうので、安心して利益を得ることができません。

取引方式の違いについて、詳しくは以下の通りです。

  • NDD方式:顧客の注文は全てディーラーを介することなく、実際の市場(インターバンク)で約定する。
  • DD方式:顧客の注文の一部はFX業者のディーラーによる反対売買によって約定する。

上記の通り、NDD方式は顧客と市場との取引になりますが、DD方式では顧客とFX業者は反対ポジションを保有する場合があり、利益相反が生じてしまいますので、出金や約定に不安が残ります。

約定スピード・スリッページ率・時間毎のスプレッドを公開している

AXIORY公式サイトにて以下3点の最新情報を、詳細なグラフで確認できます。

  • 取引の約定(成立)スピード
  • スリッページ(約定ずれ)確率
  • 時間ごとのスプレッド(1日/直近3日/先週から選択)

上記の取引に重要な情報について、詳細に隠すことなく公開しており、透明性が非常に高いです。

以下は実際の公開ページとなります。(2022年1月、対象銘柄全体)

※毎月更新となっており、任意の年月を指定することができます。また、対象銘柄はUSDJPYを含む7通貨ペアまたは全体から選択できます。

≫AXIORYの公式サイトはコチラ

約定スピード

縦軸は確率で横軸はスピード(ms)となっています。

100msは0.1秒ですので、この月の情報では98.19%の注文が0.14秒~0.179秒で約定していることがわかります。

≫AXIORYの公式サイトはコチラ

スリッページ

縦軸は確率で横軸はスリッページ値幅(pips)です。

この月のスリッページ率は以下のようになっています。

スリッページ値幅(pips) 発生確率
0pips 61.563%
0.1pips 16.081%
0.2pips 6.655%
0.3pips 3.445%

77.644%の注文が0.1pips以内で約定されていることになります。

≫AXIORYの公式サイトはコチラ

スプレッド

取引銘柄を指定することで表示される項目です。

ナノスプレッド口座の情報となっており、縦軸はスプレッド、横軸は時間です。

通貨・日時を指定することができ、1日/3日間/先週におけるスプレッドの広がりを一目で知ることができます。

上記は2022年1月28日のドル円スプレッドですが早朝のスプレッド拡大や15:30分(日本時間22:30)の経済指標で1.6pipsまでスプレッドが拡大していることがわかります。

時刻基準はAXIORYMT4となっていますので、日本時間にするためには上記の時間に夏時間(3-11月)の場合は+6時間、冬時間(11-3月)は+7時間してください。

≫AXIORYの公式サイトはコチラ

AXIORY(アキシオリー)の口座タイプはどれがおすすめ?徹底比較

トラブル1件につき最大2万ユーロの損害補填

AXIORYでトラブルが生じても、「The Financial Commission」と呼ばれる外部機関の補償基金から最大2万ユーロまでの損害補填が保障されています。

The Financial Commissionは加盟するブローカーに対して外部紛争解決期間として投資家を保護する役割を持っており、AXIORYは2016年から加盟しているため、AXIORYの顧客はこちらの補填を受けることが出来ます。

トラブルが発生した場合はThe Financial Commissionの公式サイトから無料で苦情を申し立てることができ、公平な立場から調査を行った後、AXIORYに非があると判断された場合はAXIORYに対し改善・処分を要求してくれます。

AXIORYが従わなかった場合にのみ、補償基金から最大2万ユーロまでの補償が実行されることになっています。

このように、AXIORYとの間で発生した理不尽な損害などは最大2万ユーロまでの補填が保障されており、AXIORYへの信頼性も高まります。

XMとAXIORYどっちがおすすめ?8つの項目で比較⇒勝敗を決めてみた

日本語サポートが完備されている

AXIORYのカスタマーサポートは日本人サポートスタッフによって日本語で対応してもらえます。

サポート窓口はメールとライブチャットの2種類となっており、営業時間は以下の通りです。

  • メール:月曜から金曜日の9:00〜24:00
  • ライブチャット:月曜から金曜日の10:30〜23:30

メールはこちらのアドレスになります。「 jpsupport@axiory.com

ライブチャットは公式サイトの画面右上にある「日本語サポートデスク」をクリックすると開きます。

返信もとても早いので、入出金や取引のトラブルなど、迅速に対応してもらえます。

≫AXIORYのカスタマーサポートはコチラ

サーバーダウンによる損失を全て補填

サーバーダウンでは新規発注・決済が不可能になるため、損失が生じるトレーダーが多いですが、その際の顧客対応はFX業者で様々です。

AXIORYでもこれまで、何度かサーバーダウンが生じていたようですが、明らかにサーバーダウンが原因の損失については取引取り消しおよび全額補填で対応しているようです。

補填された実績は他にも多数あります。

サーバーダウンはどの業者でも起こり得ることですので、その際に損失補填がなされることは非常に重要と考えられます。

あくまで一例ですので確実に補償されるとは限りませんが、顧客対応の実績として参考にしてみてください。

また、サーバーダウンの報告自体がほとんどなく、サーバーの安定性・強度は十分であると考えられます。

まとめ


ここまでAXIORYの出金拒否トラブルについて解説してきました。

AXIORYは出金拒否等のトラブルが全く報告されておらず、報告されている別件のトラブルに対しても丁寧な対応をしていたことが確認できました。

この記事をキッカケにAXIORYで口座開設をしてみてください。

≫AXIORYの口座開設はコチラから

AXIORYの口座開設のやり方|画像付きで丁寧に解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。