【XMの口座開設】もう3,000円受け取りましたか?>>

AXIORYの評判はどう?良い点・悪い点を徹底検証

海外のFX業者を使いたいけど、AXIORY(アキシオリー)って評判どう?

A子さん

という疑問をお持ちの方向けの記事です。

AXIORYという業者を一言で表現すると

海外FX業者の中でも、企業の透明性やトレードの安全性に力を入れている業者

と言えます。

この記事では以下の4つの視点でAXIORYという業者を検証していきます。

≫AXIORYの公式ページへ

そもそも海外のFX業者を選ぶメリットとは?

FXを始めようとしたとき、まずは日本国内のFX業者で口座開設をしようと考えますよね。

里奈

日本の企業は安心・安全、そんなイメージを多くの方が持っていると思います

しかし、FXの取引においては、

国内のFX業者を利用することでトレーダーが不利になってしまうことがたくさんあるんです。

なぜ国内ではなく、海外のFX業者を利用したほうがいいのか詳しく見ていきましょう。

海外FXはレバレッジが断然高い

国内のFX業者を利用する場合、

レバレッジ倍率は最大25倍までと法律で定められています。

一方で海外のFX業者を利用する場合、国内の法律が適用されてないため、業者にもよりますが実質レバレッジ倍率は青天井と言えます。

レバレッジは倍率が高ければ、同じ量のポジションを持つ場合でも少ない証拠金で済むので、

余剰証拠金を多く確保することができます。

余剰証拠金が多ければ、それだけ大きな含み損にもロスカットにならずに耐えることができます。

レバレッジの高い海外FXを使うことで、より安全に、資金効率よく取引できるのです。

ゼロカットシステム採用で追証が一切ない

国内FXの場合、相場の急激な変動でロスカットが追い付かず、口座残高がマイナスになってしまった場合、

マイナス分をトレーダーが負担しなければいけない「追証」が発生します。

里奈

追証の義務は日本の法律で定められているので、国内のFX業者を使う以上常に借金のリスクがあります。

一方でAXIORYのような海外FX業者はゼロカットシステムを採用しているので、入金した資金以上の損失は会社が補填してくれます。

借金を負う必要が一切ないので、安全に取引をすることができます。

ロスカット水準が低い

ロスカット水準とは、

「証拠金維持率が何パーセントになるとロスカットされるか」の水準を言います。

国内の場合は比較的ロスカット水準が高く50%~100%が一般的です。
一方で海外の場合、20%~50%が標準的なロスカット水準となっています。

ロスカット水準が低ければ、より多くの含み損に耐えることができるので有利と言えます。

約定力が高い

国内FX口座と海外FX口座を比べると、圧倒的に海外の方が、決済力と約定力が高いです。

これはなぜかというと、
海外FX業者の多くがNDD方式という取引方式を採用しているからです。

NDD方式というのは、トレーダーとインターバンク市場の間にディーラーを設置しない取引方式のことで、
顧客の注文が素早くマッチングする=約定力が高いという特徴があります。

里奈

一方で、スプレッドは国内FXより広めというデメリットもあります。

自分の意図した通りの注文が通るので、「取引のしやすさ」の面で優れています。

これらから、国内FX口座を開設するよりも、海外FX口座を開設した方が、断然メリットがあると言えます。

数ある海外FX業者の中でAXIORYを使うメリットとは?

国内FX業者より海外FX業者をオススメする理由について説明してきました。

そんな海外FX業者の中でも、AXIORYは非常に人気の高い業者の一つです。

AXIORYの人気の秘密について、詳しく解説していきます。

業界最高水準のスプレッドの狭さ

AXIORYは他の海外FX業者と比較して、

スプレッドが狭い傾向があります。

スプレッドが狭いと、実質的な取引コストを低く抑えることができます。

里奈

数十回、数百回トレードを繰り返すと、スプレッドによる損失は無視できないくらい大きくなります。

またAXIORYには、スタンダード口座(STP方式)とナノスプレッド口座(ECN方式)の2つがあります。

  • STP方式
    取引手数料がスプレッドに上乗せする形で提示される方式
  • ECN方式
    スプレッドに取引手数料が上乗せされず、取引ごとに別途手数料が発生する方式

どちらの方式でも、他の海外FX業者と比べると、実質的な取引コストを低く抑えられるので、為替差益が得やすくなります。
【FX基礎知識】スプレッドとは?
外貨両替に対応した金融機関の手数料収入のことです。例えば、日本円から米ドルへ交換した後、すぐに米ドルから日本円に戻しても、数円引かれています。その差し引きされた分を「スプレッド」と呼んでいます。

高機能な取引プラットフォーム「cTrader」が使える

AXIORYでは、高機能なcTraderという取引プラットフォームが利用可能です。

多くのFX業者はMetaQuotesの「MetaTrader 4」「MetaTrader 5」を取引プラットフォームに採用しています。

AXIORYでは海外FX業者の中で採用実績の最も高い「MetaTrader 4」だけでなく、

高機能な最新取引プラットフォーム「cTrader」が使えます。

cTraderはインターバンク直結型の取引システムを採用しているので、板情報を見ながらスピーディーに取引をすることができる優秀な取引ソフトです。

里奈

cTraderは操作性も高く、スキャルピングトレードにも最適です。

そして、cTraderは高性能にもかかわらず、まだまだ採用している業者が少ないのが現状です。
海外FX業者の中で最も人気の高いXMですら、いまだにcTraderを採用していません。

約定率が業界最高水準

最新の取引プラットフォームを採用していることもあり、

約定率は99.98%と、他の海外FX業者に比べても約定力は最高水準と言えます。

約定力が高ければ、自分が意図した通りのレートで売買を成立させることができます。

また、素早い約定が重要なスキャルピングトレードでも力を発揮します。

約定率が高い理由として、データセンターを最新の通信インフラをもつEQUINIX(エクイニクス)社内にもっており、サーバーの増設にも余念がないからです。

日々、1/1000秒のスピード改善を目指しているので、今後ユーザーが増えたとしても、約定率は高い数値が期待できる海外FX業者と言えます。

信託保全を導入している

海外FX業者選びで重要なのが、

「顧客の資金をどのように管理しているか」という点です。

AXIORYは顧客が入金した資金を信託保全する形で分別管理しています。

会社の運営資金と顧客の入金した資金を完全に分けて、別の銀行で管理しています。
もしAXIORYが破綻したとしても、監査機構の名義で顧客資金はトレーダーに全額が返金されます。

また、ベリーズ国際金融サービスという、厳格な審査基準で有名な金融監査機関から金融ライセンスを取得してる点からも、AXIORYが信頼性の高い業者であるとわかります。

ゼロカット実施の実績が高い

AXIORYはゼロカットシステムを採用しているので、もし口座残高がマイナスになってしまっても、

顧客が借金を負う必要はありません。

また、2015年のスイスフランショック時に、実際にゼロカットを執行し、多くのトレーダーを救った実績があります。

里奈

海外FX業者の中には、ゼロカットを謳いつつも実際には追証を求める業者もあります。相場が急変した時に実際にゼロカットを行った実績があるかも、海外FX業者選びで重要な視点と言えます。

日本語サポートが充実している

平日の朝10時から21時まで、日本語で電話サポートをしてくれます。

プロフェショナルアンサーサービスという専任のスタッフもいるので、わからないことがあればすぐに聞ける体制があるので、海外のFX業者でも安心して取引ができます。

運営の透明性が非常に高く、情報公開の範囲が広い

AXIORYはトレーダーが安心して取引を行えるように、会社としての透明性、情報開示に積極的な業者です。

  • 口座別ティックデータ
  • 登録金融機関とライセンス番号
  • 監査機関(PWC社)からのレポートの開示
  • ノーディーリングデスク方式(NDD)の保証

海外FX業者では、情報公開に積極的でない業者も多いのが現状です。
透明性及び情報開示に優れているので、安心して本来行うべき取引に集中することができます。
ティックとは?
取引時間の最小単位のことであり、為替レートの値動きに応じて描画したチャートをティックデータと呼んでいる。

AXIORYを使うデメリットは?

ではAXIORYの良い点を挙げてきましたが、もちろんすべてが完璧な業者はありません。

AXIORYを使う場合のデメリットについて詳しく解説していきます。

ボーナスキャンペーンが少ない

海外FXを利用する大きなメリットの一つが「ボーナス」です。

ボーナスとは、取引で実際に使えるポイントのようなものです。多くのFX業者では、口座開設をしたり、入金をすると、その額に応じてボーナスが加算されます。

取引の有効証拠金が増えるので、小さな資金で大きな利益を狙うことができのがボーナスの魅力です。

残念ながら、AXIORYにはボーナスの制度がほとんどありません。

例えば、GEMFOREXのような業者は、入金額100%のボーナスキャンペーンを頻繁に開催しています。
入金額の100%、つまり1万円入金したら、1万円分のボーナスが受け取れるので、実質2万円分の証拠金で取引が始められます。

しかし、ボーナスがないのには理由があります。

なぜかというと、ユーザーにとってよりよい取引環境を提供することを重視しているからです。

ボーナスに運営資金を投じるのではなく、取引環境の整備に運営資金を投じていることが「ボーナスが少ない」理由です。

ctraderによる最新の取引ツールの提供などが良い例です。

初回最低入金額が2万円からと高額

AXIORYの初回最低入金額は2万円と比較的高額です。

初回最低入金額とは、FX業者で取引を始めるために最低限入金しなければいけない金額を指します。

AXIORYは他のFX業者と比べると金額が高いところがデメリットです。

例えば、XMは500円、GEMFOREXは100円の入金で取引ができるので、手元資金が少ない方やお試しで取引をしてみたいという方でも気軽に始めることが出来ます。

取引を始めるまでのハードルが少々高いというのがAXIORYのデメリットと言えます。

最大レバレッジは400倍と他業者と比べると平均的

AXIORYの最大レバレッジは400倍です。

これは、他の海外FX業者と比較すると低い水準と言えます。

里奈

国内のFX業者は最大25倍なので、国内と比較すると圧倒的に高いのは事実です。

例えば、FBSだと3,000倍、GEMFOREXは1,000倍、XMは888倍と、海外FX業者は最大レバレッジが高めに設定されているところが多いです。

レバレッジが高い程、少ない資金でより多くの金額でやりとりできるので、小資金で取引をしたいという方には物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、AXIORYは口座資金が1000万円まで400倍のレバレッジで取引できます。

XMは口座残高が200万円をこえるとレバレッジが一気に888倍から200倍まで下がります。

より大きな資金でハイレバレッジなトレードをする方には、むしろAXIORYは向いていると言えます。

結論、AXIORYを使うべきトレーダーは?

AXIORYはボーナスがない、初回入金額が高いなどのデメリットもありますが、そのデメリットを上回る多くのメリットをもつ海外FX業者と評価できます。

海外FX業者を使う場合、

「小資金で大きな利益を狙いたい」
「スプレッドなど、とにかく取引コストを抑えたい」

など、何を最も重視するかは人によって異なります。

最初に説明した通り、AXIORYは企業の透明性と取引の安全性に力を入れている業者です。

「海外FX業者の中でも安全性・信頼性に力をいれてる業者を選びたい」

という方に最適な業者と言えます。

≫AXIORYの口座開設ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です