高松市 仏生山温泉 天平湯(ぶっしょうざんおんせん てんぴょうゆ)の魅力

- 高松市 仏生山温泉 天平湯(ぶっしょうざんおんせん てんぴょうゆ)の魅力

高松市 仏生山温泉 天平湯(ぶっしょうざんおんせん てんぴょうゆ)の魅力

私は温泉が好きでよく行きます。

今回は、あまり知られていませんがイチオシの温泉、仏生山(ぶっしょうざん)温泉を紹介します。
こちらは、香川県高松市に位置します。最寄駅は、琴平電鉄の仏生山駅です。
JR高松駅そばに、琴平電鉄の高松築港駅がありますので、そちらから電車に乗って20分程で着きます。
そこからさらに東へ15分ほど真っ直ぐ歩くと右手に木造黒塗りの、現代美術館のような建物が見えて来ます。
ここが、今回オススメしたい仏生山温泉 天平湯(てんぴょうゆ)です。

こちらのオススメポイントを3点紹介いたします。

まず、1点目として、建築がおしゃれです。
そこに温泉がある、という認識を持っていかないと、まず温泉とは思えないようなおしゃれな外観。
中も昔ながらの畳敷きあり、木造を感じる長い廊下ありで片側の壁面は全面ガラス張りです。
浴室もおしゃれで、露天風呂のある空間に中庭があったり、更衣室からは露天風呂も通常の浴室もガラスで見えて、
どちら側からでも入ることができます。

2点目として、泉質が特徴的です。
こちらの温泉に浸かってまず驚くのは、そのお湯のトロトロさ加減です。
飲むゼリーの中にいるぐらいというと少し大げさですが、それに近いレベルでとろみが強い泉質です。
そのせいか、温泉から出た後もポカポカ感が長持ちします。
待合の居心地がいいせいもあり、ついつい長居しそうになります。
また、肌がつるんつるんになります。
湯上り後、手で自分の肌を触ると実感できます。

3点目として、スチームサウナがあります。
こちらのサウナは、ベンチが3段ほどあっておじさんたちがまばらに座っている、
いわゆる普通のサウナとは一味違うサウナです。
狭い空間ですので、最大で3人ほどしか入れません。
こちらは床が石敷になっていて、木製の枕がいくつか室内に置いてあるので、
それを頭の下に置いて、横になるシステムです。
通常のサウナほど暑さは感じませんが、徐々に背中がポカポカと温まってきてとても気持ちがいいです。
「サウナがあると聞いて来たが、狭いなあ」と文句をこぼしているおじさんもいましたが、
個人的には他のサウナにはない魅力があると思います。

ここまで私オススメの仏生山温泉を紹介して来ましたが、魅力を感じて頂けたでしょうか?
近くには古本屋や面白い品を集めた雑貨店、美味しいハンバーガー屋さんもあります。
温泉と合わせて、そちらにも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

「まちぐるみ旅館」――高松、仏生山温泉のユニークな発想

関連記事:

Copyright(C)2016 初めてLCCを買う時に気をつけたいポイント All Rights Reserved.