初めてLCCを買う時に気をつけたいポイント@lccは怖い?Lccの安全性や注意点について

初めてlccに乗ろうとしている方は、lccを怖いと感じているかもしれませんが、そんなことはありません。lccの安全性がどれだけ優れているか、そして、lccを利用する際にはどんな注意点を守ればよいかがここで理解できます。

これで怖い思いはおさらば!lccの安全性と乗る際の注意点とは

これだけlccが台頭してきていても、やはりその安さのせいで怖いと思っている人は少なくないのが事実です。そんな方に知っていただきたいlccの安全性と、lccに乗る際の注意点についてご紹介しましょう。

lccは怖い乗り物じゃない!安全性は大手航空会社と変わらない

Lccは決して安全性に欠ける航空会社ではありません。安全性の面では、全く大手航空会社と同じだということを知っておいてください。では、どうして安くできるのかというと、それは、色々な所でコストカットやサービスカットを図っているからなのです。

言ってしまえば、lccは、会社側の努力によって、低価格を実現できているありがたいモノなのです。例えば、lccの飛行機というのは、シートの幅が狭くなっています。これは、1機に1席でも多く、1人でも多くの人を乗せて飛べるようにするためです。

そうすれば、ガソリン代も浮き、人件費などもカットできるからです。さらに、機内での飲み物サービスはカットし、もし欲しいのであれば、すべて有料での販売となります。

そもそも予約の時点でインターネットで予約しないと有料とするなど、あらゆる面から削れる所は削ってコストカットをすることによって、このように安い航空チケットを提供しています。機体に安い装置が使われているなど、そういったことは一切なく、これに関しては大手航空会社と同じです。

lccに乗る前、乗った時に知っておきたい注意点

Lccを初めて利用するとなった時、ちょっと戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、基本的には大手航空会社と同じです。ただし、予約はインターネットでやること、その際に、預け荷物がある場合、この予約の時点で報告しておかなければいけないlccがあるので、その際には十分に気を付けてください。

そうしないと、空港で割増の預け荷物代をとられる可能性が高いからです。それではせっかく安く購入できた航空チケットもちょっと損してしまうことになるので、注意してくださいね。

そして、特に男性が気を付けていただきたいのは、lccの席幅は狭くなっているので、やや窮屈に感じることがあるかもしれませんから、あらかじめ頭に入れておきましょう。さらに、lccで大きな空港(成田空港など)から出発の際には、普段は使わないようなターミナルから出発することがよくあります。

初めての方は迷って別のターミナルに行きがちですので、時間には余裕を持つこと、そして、事前にある程度行き方を調べておくと良いでしょう。

日本は高い安全性を誇っているLCCだから安心して乗れる

LCCと聞くと料金が非常に安いために安全性に問題があるのではないかという印象がどうしてもあります。しかし、実際には日本の航空法に則ってしっかりと整備をされている機体と厳しいし審査を通って昇格をしたパイロットが操縦をしているので安心をして利用することができます。

LCCというと怖い危ないというイメージがつきまとっている

LCCが日本の空に普及をしてたくさんの航空会社が就航をしていますが、それでもLCCには、怖いや危ないというイメージがつきまとっています。実際に海外のLCCでは整備不良であったり、中古の機体が故障をしてトラブルを起こしたというような事例も数多くあります。

しかし、日本のLCCは安心をして乗ることができます。その1つが整備に関する法律です。日本では飛行機に関しての厳しい法律があり、機体整備だけでなく、パイロットの資格についてもこの法律によって管理をされています。

法律の及ぶ範囲は格安航空会社であっても主要な航空会社であっても同じ基準になっているので怖いということはなく安心をして乗ることができます。もちろん危ないということもありません。

ただ、パイロットに関しては人件費を削減するために他の航空会社をリタイヤしたようなベテランや外国人パイロットを多く採用して、人件費がかからないようにしているところが多いです。

LCCの安全性を見極めるときに確認しておく注意点はどこか

日本の国内のLCCを利用するときには主要航空会社であっても格安航空会社であっても安全性にはほとんど変わりはありません。しかし、海外のLCCを利用するときには安全に利用することができるのか事前にチェックしておくことも大切です。

まず、注意点の1つ目として新しい航空機を購入しているかどうかです。格安航空会社によっては中古の航空機を利用して飛ばしている会社もあります。中古になれば機材のトラブルに合う確率も高くなるので、できるだけ新型機を頻繁に導入している航空会社が安全性は高いということができます。

2つ目は機内の整備状況です。シートや機内の清掃が行き届いているのかどうかも整備にお金をかけているのかどうかを調べる指標になります。海外の航空会社の場合にはなかなか事前に調べることができないので、航空系のサイトで搭乗レビューを探すのが一番良いです。できるだけよいレビューの会社を利用すれば大きな外れはなく乗ることができます。

LCCで初めてチケットを購入する人へ

大手航空会社(レガシーキャリア)と、LLC(ローコストキャリア)とでは、チケットの料金以外にも様々な相違点があります。
格安航空券の購入方法をはじめとして、従来の航空会社と似たようなものと捉えていると、戸惑うことが多いと思います。

当サイトでは、格安航空券の基本以外にも、フライト前にこれだけは知っておきたいという注意点、準備の方法まで解説します。
ここでは、航空会社とチケットの選び方の流れから紹介していきましょう。


旅行計画段階でのチェック事項

まずは、旅行や出張の計画を行う段階で以下の点を確認しておきましょう。

  • 出発時、到着時の空港への行き方や交通費まで把握できているか?
  • 遅延や欠航の発生に備えてスケジュールには余裕が空いているか?
  • 航空会社ごとに定められている荷物の重量制限はクリアできているか?
  • 機内で暇つぶしになりそうなものや、体調管理に必要なものは揃っているか?
  • 飲食物の持ち込みは可能か、不可の場合はどこで食事を済ませておくか?
  • 自分で枕やブランケット、重ね着用の服を準備できているか?
  • エコノミークラス症候群を防ぐために、水分補給やストレッチなどの対策を心得ているか?
  • 万が一キャンセルや変更があった時の補償はどうなっているか?

航空会社とチケットの調査の仕方

最初に、利用したい路線にどのキャリアが発着しているかを調べましょう。
オンラインで大手の旅行サイトから、エアラインや路線ごとの航空チケットの最安値まで、調べることができます。

利用するキャリアが決まったら、大手航空会社の「PEX航空券」と、LLCの提供する格安飛行機チケット、旅行代理店のチケット込プランのうち、どれが安いかを比較します。
必ずしもローコストキャリアの方が大手よりいつでも安いとは限らず、混雑状況や旅行シーズン、購入のタイミングによって異なります。
旅行に慣れていないとすぐに判断するのは難しいと思いますので、どこから購入するのが最安値になるのかを調べる基準を、当サイトで詳しく説明しています。

オプション料金などその他の経費もチェック

多くのサービスの料金まで込みになっている大手航空会社とは違って、ローコストキャリアでは様々なサービスが別料金になります。
荷物受託手数料が必要なときや、キャンセル料金などの手数料が万が一かかった場合も考慮しておきましょう。
空港までの交通費や時間はどのくらいかかるのか、といったコストまで計算して、トータルに見てお得なのかどうか判断してください。

航空券の種類ごとのメリット・デメリット

航空チケットの種類によっては、ただ安いという理由で選ぶと後で困る可能性もあります。
格安航空チケットは、安く抑えている代わりに何かと制限が多い為、キャンセル時や変更時に大きな損をしてしまうリスクも忘れてはなりません。
旅行のスケジュールに絶対に遅れを出したくないときや、日程の変更に柔軟に対応してほしいのなら、安心を買うという意味でレガシーキャリアを選んだ方が希望に適うでしょう。

安全性のリスクは無いのか?

運よく激安のチケットを手に入れたとしても、実際に乗ってみるまでは、「事故のリスクは高くないか?」と不安は尽きません。
コストが徹底的に削減されている以上、どこか致命的な不備があるのではないかという心配も当たり前ですね。

一番信頼できる統計上の実態ではどうなのかというと、実際にはレガシーキャリアとローコストキャリアの間で事故率の差異はほとんどない事実が分かっています。
海外のLCCでは、安全性の問題によりいくつかのローコストキャリアが倒産していますが、それも就航したばかりで知名度の低いキャリアばかりです。

日本国内では、すでに知名度が高く実績のある格安航空会社がいくつもありますので、それらの会社を選んでいれば問題はありません。
どうしても心配なら、会社ごとの口コミ情報をネットから調べておくと、ほとんどの実態は大手と同様に信頼できることが分かり安心できるかと思います。

まとめ

激安の料金だけで選んでいるとリスクや失敗も多いですが、そのデメリットも踏まえて納得のうえで購入すれば、無駄に心配する必要はありません。
すでに海外ではローコストキャリアのほうが実績があり人気なので、国内でも慣れれば当たり前の交通手段として、もっと親しめる存在になる時は近いでしょう。
近距離の移動に向いているので、とりわけ国内旅行では必須になるはずです。